鏡音リンAct1とAppendのデュエット曲「きみはライバル」投稿しました | G.C.M Records

きみはライバル アイキャッチ

鏡音リンAct1とAppendのデュエット曲「きみはライバル」投稿しました

スポンサーリンク

ギターリンちゃん(Act1)バイオリンちゃん(Append)によるデュエット曲
「きみはライバル」の動画を投稿しました。

イラストはレキさん、動画は原さんです。

楽曲について

ギターを抱え道端で歌う鏡音リン(Act1)と、
英才教育で与えられた曲をひたすらレッスンする鏡音リン(Append Sweet)がオフ会で出会ったら…?
という曲です。

活動の方向性や考え方がそれぞれ違っても、出会った人との縁を大事にして、
お互いに切磋琢磨していこうという想いを込めた曲になっています。
その想いは、10年近く経った今でも変わっていません。

この曲は、2011年の夏コミで発表した個人のアルバム『RIN☆MELTS 2 -ALIVE-』の収録曲です。
その後レアトラック集にも再録しました。(どちらも現在は頒布しておりません)
発表から9年を経て動画になったということですね。

元々は当時のフォロワーさんのツイートがきっかけで、そのシチュエーションを曲にしたいと思い、
詳しいイメージをその方に聞き出しながら歌詞に落とし込みました。

路上ライブのリンは、あまり歌が上手くないけど伝えたいことがあるから歌っている。
一方の英才教育のリンは、歌は上手いけど心を込めて歌えなくて自分が歌う意味が分からない。

そんな二人が、マスター同士のオフ会で突然出会ったことをきっかけに、成長していくというお話でした。

これを楽曲にするにあたり、オマージュした存在が二つありました。

一つはゆにめもPと悪ノPのリン2人曲「South North Story」です。
(実はこの曲の成立にも私アンメルツPが暗躍?しているのですが…
 もともとは『cheeRfuL』という鏡音コンピCDの収録曲で、収録曲数に対する参加希望者の多さから
 お二人にコラボをお願いしたのが私です)。

シチュエーション自体はかぶらないように、でもボカロ=出会いの交差点というイメージは
以前より私のボカロシーンに対する思いとして抱いており、それを大事にしました。

もう一つの存在は、ギターとバイオリンの2人組「Twin AmadeuS」。
音ゲーやってる人はピンと来るかもしれません。

メンバーの一人が当時すでに亡くなっており、もう新曲が聴けないのですが(Amazonのベスト盤のページ)、
このギターとバイオリンのぶつかり合いというスタイルの楽曲がとても好きでした。

そんなわけで、二人の持つ楽器であるギターやバイオリンは少し強調して、
お互いのぶつかり合いを意識しつつも、最後は同じフレーズを奏でるという、
編曲面でもメッセージを表現しようとしました。

それぞれのリンが持っている楽器、歌っているパート分けと、
オケのサウンドをかなりシンクロさせているのが聴きどころのひとつです。

ヘッドホンなどで聴いていただけるとより楽しめるかもしれません。

「リンが2人で作った曲みたい」という反応もあったので嬉しいです。

イラストと動画について

今回は、RINLENMANIA企画でお世話になっているレキさんと原さん、
両名のお力を借りて、無事動画にすることができました。

2020年と21年のRINLENMANIAの制作をお休みするというアナウンスを出してから
最初の作品がこれになったのは半ば偶然のタイミングではあるのですが、
曲の想いとも少しシンクロしている部分はあるかもしれません。

もともとはアルバムの盤面に、二人をモチーフにしたイラストを、
ジャケットを手掛けた絵師さんに描いて頂いていたものがありました。

動画版の二人の衣装は、それを参考にしつつも、レキさんに新しく描き起こして頂いたものです。

レキさん、原さんとはオンラインで打ち合わせをして進めていきました。
ストーリー性のある曲なので枚数を揃える必要があるのですが、
その場でラフを書いていただくなどして、話の流れに沿った素晴らしいイラストに仕上げて頂いたと思います。

それぞれ身につけているリストバンドがキーアイテムとなっていて、
最後にそれを交換するという演出(サムネイル)が出てくるんですが、
そのラフ構図が出てきた瞬間は本当にエモいと思いました。
動画の制作中ずっとそのイラストは「例のエモいやつ」で通っていました。

レキさんには人物イラストを中心に描いて頂きましたので、
背景はAdobe Stockからイメージに合う背景を原さんにお渡しして、加工して制作頂きました。

楽譜のアイデアは原さんによるものですね。
私のイメージを具現化する最後のひと押しとなっており、これにもとてもとエモさを感じます。

曲の元々のアイデアを頂いたフォロワーさんと、ジャケットを描いた絵師さんとは
今は残念ながら年月を経て界隈から離れたり疎遠になってしまいましたが、このお二人にも、
そして9年を経てこの楽曲を動画という形にしてくださったレキさんと原さんにも、深く感謝を申し上げます。

おわりに

今回の「キミはライバル」で今年6曲めのオリジナル曲動画の発表となり、
いちおう数としては去年を上回りましたが、今後も色々やっていくつもりです。
前回の「DRiiiiM!!!!」もそうでしたが、引き続き自分らしいアプローチでボカロを追求していきたいと思います。

歌詞

「きみはライバル」
原案:マカ
作詞/作曲/編曲:アンメルツP
歌:鏡音リンAct1、鏡音リンAppend Sweet

今日も歌い続けてる いつもの部屋でレッスン 
与えられた歌を紡ぐことは簡単

今日も歌い続けてる 誰もいない道端で
下手くそな歌でもあふれる想い重ね

目の前に座る君は 何もかもが違ってた
もどかしい 噛み合わない
突然の出会い

僕の悩みは君にはなくて
僕の涙は君の笑顔で
ないものねだりを繰り返した

思い通りにならない声と
自由にはなれない足かせが
グラス挟み向かい合う

足早に過ぎ去る人 ギターと頭抱える
鳥のようにさえずる姿がうらやましい

歌うことの意味は何? ホントの歌を奏でたい
鳥のように羽ばたく姿にあこがれるの

自分の壁を壊して 二人の距離を縮めた
似てるよね 同じだよね
歌への気持ちは

僕の悩みは君の悩みで
僕の涙は君の涙で
殻を破る刺激になってく

歩む道は一つじゃないけど
辿り着く場所君と違っても
今日の出会い 忘れない

「君のつらさを言葉に… 心から歌えるかも」
「今度レッスン来てみる? 何かつかむかも」

僕の悩みを君の未来に
僕の涙を君の笑顔に
明日をもっと楽しい世界に

ただ二人 いがみ合うではなく
ぬるま湯で 慣れ合うでもなくて
君は僕のライバルさ

今は同じフレーズを

次の記事「」へ

前の記事「」へ

関連記事(一部広告含む)

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする