G.C.M Records by アンメルツP | 鏡音好きなボカロPの活動記録(楽曲制作・CD企画など)

G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

アンメルツP feat. 巡音ルカ「午後八時のウォーキング」歌詞

「午後八時のウォーキング」
作詞/作曲/編曲:アンメルツP
歌:巡音ルカ V4X

歌詞は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>>



アルバム『us』『with you』ダウンロード・ストリーミング配信開始!

2018年7月18日は「鏡音リン・レン ACT2」の発売10周年となる節目の日でした。

そんな記念すべき日に、
『us』『with you』のアンメルツPフルアルバム2作品が、
KARENTレーベル経由で各ストアにてネット配信開始となりました!

CD版をお持ちでない方も、ダウンロード・ストリーミング配信で
ぜひお聴きください。

『us -Web Edition-』
 

『with you -Web Edition-』

特に『with you』に関してはCDの在庫がかなり少なくなっていたので、
このタイミングで配信の機会が得られたことはとても幸運でした。

iTunesやamazon、LINE MUSIC、Spotifyなど色々な場所で配信されています。
ストリーミングサイトでは月額料金さえ払っていれば
アルバム限定曲含め聴き放題です。

ダウンロード版の価格は各配信サイトで異なるのでご注意ください。

続きを読む >>>



【レビュー】VOCALOID5を発売後2日間で色々使ってみた感想と、購入検討にあたっての注意点

2018年7月12日、ヤマハからVOCALOID5の発売がアナウンスされました。
即日発売が開始され、早速多くのボカロPやファンが反応していました。

私アンメルツPは、早速発売日に購入し、いくつかカバー曲を歌わせてみましたので
早速その使用感や感想などを書いていきたいと思います。

続きを読む >>>



7th Full Album『us』完成しました!

アンメルツP 7枚目のフルアルバム『us』が完成しました!

特設ページ:https://www.gcmstyle.com/us/

2018/7/1開催「鏡音PARADISE」にて初頒布を行います。
スペースはJ-18「G.C.M Records」となります。

7/16開催のボーマス40、8/10開催の夏コミ1日目でも頒布します。
SONOCA版やストリーミングでの配信版も予定しています。

作品紹介

『us』ジャケット画像

【CD版収録曲】
01. Change! -Full Ver.-
02. ゆりかごのキミヘ
03. お嬢様と執事の舞踏会
04. 使えない部下 悩める上司
05. ロードローラー・スタンピード
06. Studio Avenger
07. スクランブルエッグ記念日
08. 午後八時のウォーキング
09. ヨコシマサンセット
10. 世界に恋したキミ
11. Delight of Android
12. あなたに近づけた日
13. CV02依存症
14. us

本作は「CV02依存症」「ゆりかごのキミヘ」
「ロードローラー・スタンピード」など好評を頂いた既存曲に加えて、
スマホゲームに提供した「Change!」のフル版(リン歌唱)や
「お嬢様と執事の冒険」の続編となる「お嬢様と執事の舞踏会」など
書き下ろし曲も収録しました。

ジャケットは、「現実・日常に根付くVOCALOID(鏡音)」を表現するために、
初めて実写に挑戦しました(※ジャケットとバックインレイは合成写真です)。
モデルはゆず李さん沖田鈴さん、撮影は香月さんです。

歌詞カードの中にはスタジオで撮った写真を掲載しています。
特設サイトのヘッダー写真など、ピントや良い構図を自在に撮れる
専門のカメラマンさんは凄いと思いました。
お任せしてよかったです。

ボーマス終了後くらいのタイミングで配信版も予定しておりますが、
そちらには一部の楽曲(3曲ある二次創作曲)が含まれない
全11曲のラインナップとなります。

クロスフェード動画も投稿しました。

BOOTHの商品ページも公開しました。

とらのあな・アリスブックスでも近いうちに通販が始まる予定です。

10年間の集大成となる作品に仕上がりましたので、
ぜひお手にとって頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします!

新曲「使えない部下 悩める上司/鏡音リン・レン」投稿しました


先日のルカさんに引き続き、今度は鏡音で動画を投稿しました。

半年前に制作した曲ですが、ようやく動画として形になりました。
イラスト・るみあさん、動画のkorumiさんともすごく頑張ったので
ぜひ動画でご覧頂けると嬉しいです!

7月1日に開催される「鏡音PARADISE」で頒布する
新作フルアルバム『us』の収録曲となります。

楽曲について

鏡音キャラソン集『gLoR10us』の制作と同時期に制作することになり、
真面目なのはそちらのほうでやったので、この作品では
鏡音の掛け合いが楽しい曲を作ろうということで
korumiさんに歌詞を先に作って頂き、それに曲をつけました。

職場のコミュニケーション不全と働き方改革という日本社会の構造について
視聴者に投げかける問題作…は冗談としてw、
発売から10年経って社会人になった鏡音ファンも多いかと多いと思うので、
そのような方に動画見て単純に草生やしたりして楽しんでもらいたいです!
もちろん学生の方にも。

ドタバタなコメディ感が伝わるVOCASKA仕立てとなっております。
「純情ハービヴォー」などkorumiさん作詞のBecky.さん楽曲の路線も少し意識しつつ、VOCASKAって人気のわりには供給少ないよねってことで挑戦してみました。
ブラスという楽器はカッコ良さと気の抜けた感・ダサさが
両方出せるのでとても好きです。

調声について。
今回はリン・レンともにV4Xに歌ってもらいました。

レンはイキっているけどヘタレな社員というイメージで、
ピッチベンドやグロウルをたくさん使いながら感情豊かに。 

リンはできる上司なので少しGENを上げ、感情を抑えた調声をしました。
ただし最後は感情を込めています。(特に「キモチワルイ」の部分w)

動画に関してはkorumiさん、るみあさんのお力で
とても楽しいものに仕上がっています。
特に後半以降のリンレンの表情がお気に入りです。

新入社員の皆様も、10年間仕事してきた中間管理職の方もぜひお楽しみください。

 

新曲「午後八時のウォーキング/巡音ルカ」投稿しました

新曲を投稿しました。今回はルカさんです。

7月1日に開催される「鏡音PARADISE」にて新作フルアルバム『us』を頒布します
今回の楽曲はその中に収録される1曲です。

楽曲について

この曲は、私自身が欲しい曲を自給自足したものです。
最近ダイエットのために帰宅時にウォーキングをしており、
そのときに聴くための曲が欲しいと思い、じゃあルカさんと一緒に
とりとめのない話をしながら落ち着いて歩けたら最高だなと作りました。

普段電車で行くところを歩くと、
普段は気づかない細かいものや何気ないものが見えたりする経験は、
多くの人がお持ちなのではないでしょうか。
(「車」ではなく「トヨタ」のナンバーだったりとか)

そんな新鮮な経験をルカさんと並んで共有したいという思いが
歌詞に現れています。

テンポは歩く速さと同じにしているので、
足でリズムを取りながら前へとステップを進めることができます。
また1曲フルで流すと5分強なので、「5回ループしたから25分くらいだな」などと
歩いた時間を計るにも使え、ウォーキングのお供としての
機能性はかなり追求しました。

オケや曲調については普段の自分をぐっと抑えて
「盛り上げない」ことを目指しました。
聴くときに消耗せずに、ウォーキングしている30分なり1時間なりの時間を
自然にループしたくなる、ということを目指しています。

今回はクロスシンセシスでSoft成分を半分くらい混ぜたPowerに歌わせています。
ハキハキしすぎると違うし、完全にSoftでも元気がない。
バランスが難しかったです。
あとは細かく滑舌を改善するいつものルカさんの調声です。

動画について

今回の楽曲のイラストは、59さんにお願いしました。
曲のコンセプトを説明したら快く引き受けてくださいました。
こちらの指定は「ややカジュアルめの服装のルカさん」でしたが、それを完璧に汲み取って仕上げてくださいました。
このルカさんの隣で歩きたいです。

イラストの背景の写真は、自分で撮った写真と写真素材が混在しています。
せっかくだから現実にルカさんを召喚したいと色々写真を撮ったのですが、
いつも行く場所にはルカさんが似合うようなスポットがなかなか無くて
苦戦しました。そんな中でいい写真が撮れたのがこの両国橋です。

この風景が持っている爽やかな開放感から、
曲調が生まれたといっても過言ではないです。

 

5/26(土)大阪開催『ボーカロイド音楽の世界2017』トークイベントに出演します

5/26(土)に大阪・なんばのロフトプラスワンウエストにて開催される
『ボーカロイド音楽の世界2017』の発売記念トークイベントに
私アンメルツPが出演いたします。

イベントについて

3月14日発売の音楽評論誌『ボーカロイド音楽の世界2017』
出版を記念して開催されるトークイベントです。

3/14発売『ボーカロイド音楽の世界2017』に寄稿しました https://www.gcmstyle.com/2018/03/11/2501/

楽曲レビューを中心に反響があり、なかなか売上は好調なようです。
私の寄稿した「鏡音リン・レン10周年のトピック」にも
いくつか反応を頂き、ありがとうございます。

内容としては、本に掲載のボカロ曲などを流しつつ、
ボカロシーンの話や音楽トークなどをしていく感じになります。

全体の仕切りはしまさん、ボカロとジャズの話をマンボウさん。
私は本に寄稿した鏡音リン・レン10周年の話題を中心に、
鏡音に関するいろんな話をできればと思っています。

関西にお住まいの方、その日大阪方面にご予定のある方は
ぜひよろしくお願いします。

なお当日の深夜には、偶然ですが会場から近くの道頓堀で
ボカロクラブイベント「ボーカロイドシアター」が開催されるようです。
ボカロ好きな方は濃密な休日になること間違いありませんので、
ぜひイベントのハシゴも検討してみてください。
(私自身はこのクラブイベントを知る前に高速バスを予約してしまったので
 行けないのですが…orz)

イベントページ・チケット購入

惑星観測――『ボーカロイド音楽の世界 2017』刊行記念トーク・イベント
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/87385
※執筆時点では「出演:しま、マンボウ、他」となっていますが
 「他」にちゃんと私が含まれているはずですw

チケットはイープラスで販売中です。
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002259240P0030001

マジカルミライコンテストに応募!「あなたに近づけた日/鏡音レン」

2018年2月3日~3月29日の応募期間で、
「初音ミク『マジカルミライ 2018』楽曲コンテストが開催されました。
グランプリ受賞楽曲が実際にライブの中で演奏されるという
おなじみの企画です。

piapro(ピアプロ)|初音ミク「マジカルミライ 2018」楽曲コンテスト
http://piapro.jp/pages/official_collabo/magical2018_music/

今回は初音ミク以外のクリプトンボカロでも
応募が可能(ソロ曲のみ)ということで、
私アンメルツPは、鏡音レンの楽曲で参加しました。
締切間際の提出でしたが無事に形になってよかったです。

piapro(ピアプロ)|オンガク「【鏡音レン】あなたに近づけた日」
http://piapro.jp/t/24X5

楽曲について

大きな覚悟と共に舞台に立つ者の歌。
全力で作ったバラードです。

タイトルでピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、この曲は
7年前に作った「あなたのようになりたい」という曲の
続編的な位置づけの曲となります。

私事ですが先日35歳になり、またボカロP活動10周年ということで、
ここ最近は自分を振り返ったり、
これからのことを考える機会が何かと多くなりました。

昨年母方の祖父が十三回忌、祖母が一周忌を迎えたこともあり、
この機会にまた私が私であるための曲を作ることにしました。

じっと歌詞に聴き入る曲がライブにあっていいんじゃないかと思います。
ライブで流れたとき、お子様に連れられてたまたま観に来た親御さんとかに
届いたらいいなという思いがあります。

楽曲の技術面について

ドラム:Addictive Drums2
ベース:MODO BASS
ピアノ:TruePianos Cakewalk
アコースティックギター:RealGuitar3
エレキギター:RealStrat3
ストリングス:Orchestral Companion Strings

シンセを使わずにシンプルに生楽器系の音源のみでまとめています。
ここ最近のポップス楽曲はこの組み合わせで安定しつつありますね。

ボーカル:鏡音レンV4X Power

調声に関しては、ライブで歌う想定ということで、感情を込めながらも
泣かずに歌のメッセージを丁寧に届けよう、ということを意識しました。
クロスシンセシスで平歌ではSeriousを多めに混ぜて、サビでは減らして
Powerとして歌わせている感じです。
7年の間にV4Xになってレンも表現の幅が広がりましたね。

マスタリングには「T-RackS ONE」を使用しました。
元々Master Match目当てで買ったT-RackS5だったんですが、
購入時にノーマークだったプラグインが驚くほど活躍しています。

一画面でツマミを動かして自分好みの音にできます。
(今回の曲での設定は上の画像の通りです)

どのツマミも役割が明確で、左右に回すだけでいいので
イメージした音に最短距離で近づけるのが素晴らしいところです。
今回のマスタリングはこれだけで30分で終わりました。
短時間で満足できる結果を出したい方にはとてもおすすめできます。

3/14発売『ボーカロイド音楽の世界2017』に寄稿しました

Pヴァイン様より2018年3月14日に発売される商業書籍
『ボーカロイド音楽の世界2017』に、
「鏡音リン・レン10周年のトピック」に関する寄稿で
私アンメルツPが7ページほど寄稿参加しました。


Amazon『ボーカロイド音楽の世界2017』

以前「DAIM」でお世話になっていた監修者のしまさんから
お声がけ頂き、参加させて頂きました。

ナタリーに名前が載ったのが個人的に嬉しかったです。

ele-kingがボカロシーンの今を伝える書籍刊行、スッパマイクロパンチョップ選曲CDも(動画あり) – 音楽ナタリー
https://natalie.mu/music/news/272754

本の紹介と寄稿内容

スタイルとしては音楽評論誌という感じでしょうか。
以前同人誌として頒布されていた『ボカロクリティーク』や
『DAIM Append』などの同人音楽評論がお好きな方は待望の本かと思います。

私の寄稿内容としては、商業・同人CDや動画、イベントなど
先日の鏡音10周年に関するトピックを色々な角度から紹介しつつ、
VOCALOID「鏡音リン・レン」自身や
その文化圏をめぐる特殊性などに触れたものとなっております。
話題になったことは一通り触れているつもりです。

イベントやグッズ方面は、現地に行ったTwitterフォロワーさんに
Skypeでお話を聞いて、その内容を拾い上げて原稿にしています。
現場の声を感じ取ってもらえると嬉しいですね。

鏡音ファンはもちろん、ボカロファンや
音楽ファンの方にぜひ読んで欲しいです。

中国のボカロ事情や、ニコニ広告とランキングの関係など
他の方の原稿も、非常に濃い視点でのボカロ評論が揃っておりますので
ボカロPなど作り手の方にもおすすめです。

 

新曲「Delight of Android」公開しました

2008年2月19日に「メルト」のSweet Annによるカバーを投稿して
「アンメルツP」というP名を名乗るようになりました。
それから10周年を迎えたということで、今回はアンメルツPの原点とも言える
Sweet Ann歌唱のオリジナル曲となります。

Sweet Annは2007年6月、本国ではミクさんより前に発売された
最初のVOCALOID2ライブラリなんですが、今でも英語歌唱の性能としては
他のボカロに負けないものがあると思っています。
彼女の歌声を聴いたことのない方にも楽しんでいただきたいです。

PowerFX — Sweet Ann
https://powerfx.com/products/sweet-ann

楽曲について

Sweet Annというキャラクターはアンドロイド設定なので、
今回は彼女らしく「アンドロイドの喜び(Delight)」を歌って頂きました。
特に難しい英語は使っていません。
シンプルな言葉を選んでネイティブではない私が歌詞を作ることで、
アンドロイド感(?)が出るかなと考えました。

アンドロイド視点、ボカロ視点の曲を考えるほど、逆説的に
人間について深く考えないといいものが作れないと思っています。

調声に関しては今回は特別なことはやっていませんが、
Piapro Studio(V4エディタ)のピッチスナップ機能を
Annに適用したのは初めてですね。
お手軽にケロケロ声が出せるのでとても助かります。

音作りとしては、同じく10年前に公開した
「Night Light Dance 2008」で使ったM1ソフトシンセのピアノ音源を再び使って、
意識的に似せたフレーズを奏でています。

BandLabによるCakewalkの買収報道という明るい話題もありつつ
DAW乗り換えのために各社のデモをいま色々試しているので、
場合によってはもしかしたらこの曲がSONARを使った曲としては
最後になるかもしれません。
どれもしっくり来なかったらしれっと使い続ける可能性もありますが。

「曲作り相談室&作業オフ」参加者募集中

1週間後の3月4日と開催時期が迫ってまいりました、
曲作り相談室&作業オフの参加者も引き続き募集しております。
参加予定の方は、リンクしているフォームからご質問を送って頂けると
当日それに合わせて講義のプログラムを柔軟に組んでいきます。

Top