G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

7th Full Album『us』完成しました!

アンメルツP 7枚目のフルアルバム『us』が完成しました!

特設ページ:https://www.gcmstyle.com/us/

2018/7/1開催「鏡音PARADISE」にて初頒布を行います。
スペースはJ-18「G.C.M Records」となります。

7/16開催のボーマス40、8/10開催の夏コミ1日目でも頒布します。
SONOCA版やストリーミングでの配信版も予定しています。

作品紹介

『us』ジャケット画像

【CD版収録曲】
01. Change! -Full Ver.-
02. ゆりかごのキミヘ
03. お嬢様と執事の舞踏会
04. 使えない部下 悩める上司
05. ロードローラー・スタンピード
06. Studio Avenger
07. スクランブルエッグ記念日
08. 午後八時のウォーキング
09. ヨコシマサンセット
10. 世界に恋したキミ
11. Delight of Android
12. あなたに近づけた日
13. CV02依存症
14. us

本作は「CV02依存症」「ゆりかごのキミヘ」
「ロードローラー・スタンピード」など好評を頂いた既存曲に加えて、
スマホゲームに提供した「Change!」のフル版(リン歌唱)や
「お嬢様と執事の冒険」の続編となる「お嬢様と執事の舞踏会」など
書き下ろし曲も収録しました。

ジャケットは、「現実・日常に根付くVOCALOID(鏡音)」を表現するために、
初めて実写に挑戦しました(※ジャケットとバックインレイは合成写真です)。
モデルはゆず李さん沖田鈴さん、撮影は香月さんです。

歌詞カードの中にはスタジオで撮った写真を掲載しています。
特設サイトのヘッダー写真など、ピントや良い構図を自在に撮れる
専門のカメラマンさんは凄いと思いました。
お任せしてよかったです。

ボーマス終了後くらいのタイミングで配信版も予定しておりますが、
そちらには一部の楽曲(3曲ある二次創作曲)が含まれない
全11曲のラインナップとなります。

クロスフェード動画も投稿しました。

BOOTHの商品ページも公開しました。

とらのあな・アリスブックスでも近いうちに通販が始まる予定です。

10年間の集大成となる作品に仕上がりましたので、
ぜひお手にとって頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします!



新曲「午後八時のウォーキング/巡音ルカ」投稿しました

新曲を投稿しました。今回はルカさんです。

7月1日に開催される「鏡音PARADISE」にて新作フルアルバム『us』を頒布します
今回の楽曲はその中に収録される1曲です。

楽曲について

この曲は、私自身が欲しい曲を自給自足したものです。
最近ダイエットのために帰宅時にウォーキングをしており、
そのときに聴くための曲が欲しいと思い、じゃあルカさんと一緒に
とりとめのない話をしながら落ち着いて歩けたら最高だなと作りました。

普段電車で行くところを歩くと、
普段は気づかない細かいものや何気ないものが見えたりする経験は、
多くの人がお持ちなのではないでしょうか。
(「車」ではなく「トヨタ」のナンバーだったりとか)

そんな新鮮な経験をルカさんと並んで共有したいという思いが
歌詞に現れています。

テンポは歩く速さと同じにしているので、
足でリズムを取りながら前へとステップを進めることができます。
また1曲フルで流すと5分強なので、「5回ループしたから25分くらいだな」などと
歩いた時間を計るにも使え、ウォーキングのお供としての
機能性はかなり追求しました。

オケや曲調については普段の自分をぐっと抑えて
「盛り上げない」ことを目指しました。
聴くときに消耗せずに、ウォーキングしている30分なり1時間なりの時間を
自然にループしたくなる、ということを目指しています。

今回はクロスシンセシスでSoft成分を半分くらい混ぜたPowerに歌わせています。
ハキハキしすぎると違うし、完全にSoftでも元気がない。
バランスが難しかったです。
あとは細かく滑舌を改善するいつものルカさんの調声です。

動画について

今回の楽曲のイラストは、59さんにお願いしました。
曲のコンセプトを説明したら快く引き受けてくださいました。
こちらの指定は「ややカジュアルめの服装のルカさん」でしたが、それを完璧に汲み取って仕上げてくださいました。
このルカさんの隣で歩きたいです。

イラストの背景の写真は、自分で撮った写真と写真素材が混在しています。
せっかくだから現実にルカさんを召喚したいと色々写真を撮ったのですが、
いつも行く場所にはルカさんが似合うようなスポットがなかなか無くて
苦戦しました。そんな中でいい写真が撮れたのがこの両国橋です。

この風景が持っている爽やかな開放感から、
曲調が生まれたといっても過言ではないです。

 



おすすめVSTプラグイン紹介「Refine」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第8回は、ほんの少しの変化で確かな効果をもたらす
マスタリング向きのVSTエフェクターです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」(ココ)
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:Refine 

価格:無料配布
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:Ikjb

配布ページ:

KVR: ReFine by lkjb – Mastering VST Plugin, Audio Units Plugin and VST 3 Plugin

3つのツマミにより、質感を微妙に調整できるプラグイン。

「warm」「space」「punch」というそれぞれのツマミを
回すことにより名前通りの効果を出せるのですが、
ツマミをMAXまで回してようやく明確に変化に気づくくらいの
ゆるやかな効果があります。

主にマスタリング時に音源に対して使用し、
コンプレッサーやEQで調整しきれなかった
雰囲気の微調整をするのに有効です。

このプラグインを使用した作品

PARTY AnnMelts

歌唱:鏡音リン・レン、巡音ルカ、Sweet Annほか

ネット配信アルバムに収録した自作曲16曲によるメドレーです。

配信にあたり全曲を再マスタリングした際、
制作時期もバラバラな過去曲を
少しでも全体の雰囲気を統一させるために使用しました。

続きを読む >>>



おすすめVSTプラグイン紹介「Z3TA+2」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第4回は、私の多くの楽曲で活躍しているシンセサイザーです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」(ココ)
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:Z3TA+ 2 (読み:ゼータツー)

価格:99ドル
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:Cakewalk

Cakewalk – Z3TA+ 2 – The Ultimate Waveshaping Synth

メインのシンセサイザーとして最近は「Omnisphere 2」を選ぶことが
多いのですが、SONARに付属していることで知られる
このソフトシンセは、特にユーロビートやトランスなどに使える
アタックが強くてきらびやかなシンセリード音に強みを持ち、
なかなか替えが効かない存在です。

いじることができるパラメータは大変多いものの
操作系が比較的整理されている印象があり、
「もっといい音にするためにプリセットをいじってみよう」という
やる気を出してくれるインターフェースであるように思います。

6基あるオシレーターをオクターブ違い、微妙にピッチずらして
重ねていくことで、どんどん重厚になっていく音を
確認できて音作りが楽しくなってきます。

豊富なパターンのアルペジエーター、
効きの良いシンセ内エフェクターも便利です。

▲エフェクター設定画面

このプラグインを使用した作品

Endless Nightmare

メイン歌唱:巡音ルカ、GUMI
コーラス:鏡音リン・レン

samfree氏をリスペクトしたユーロビート調の楽曲。
メインのシンセサイザーおよびシンセベースに「Z3TA+2」を使用しています。

左側で鳴っている裏打ちの音は「Massive」
パッドとバックのシンセは「Omnisphere 2」をそれぞれ使用。

みくみく動画五年祭

10日間ほどで勢いで制作した、
いわゆる「組曲『ニコニコ動画』」風のノンストップメドレー。

7台ほどの「Z3TA+」(初代)でメインフレーズやベース、
アルペジオやバッキングを奏でています。

音についてはプリセットをほぼそのまま使用していますので、
たぶん分かる人にはとっくに音源がバレていることでしょう。

続きを読む >>>

samfreeさんに捧ぐ曲「Endless Nightmare」

【巡音ルカ・GUMI他】 Endless Nightmare 【R.I.P. to samfree】

魂は消えても、音楽は消えない。

昨日新曲を投稿しました。
samfreeさんをオマージュしたユーロビート楽曲です。
巡音ルカV4XとGUMI Englishがメインで、鏡音リン・レンV4Xがコーラスです。
曲自体はアルバム製作期間だった今年の2月に作りましたが、
亡くなってちょうど1年の9月24日ということで、動画を公開させて頂きました。

日本語歌唱だとメッセージが少しきつい曲ということもあり、全編英語歌唱としています。
英語の実力上文法的なあれが多々あるとは存じますが、
それでも思いの一部は世界の人に伝えられたらと思います。

メイン歌唱はルカV4XとGUMI Englishです。
ルカの英語はV2ではちょっとのっぺり気味だったのが
かなり改善されて滑舌が良くなりました。発音記号色々いじっています。
逆にGUMIは発音が良すぎて逆にところどころ日本的な違和感があったので
それをちょっと修正とかもしたり。

イラストは「繊細な感情や、悲しくも芯の強いイメージを表現できる方」ということで、
「美しい名前」のレンカバーでもお世話になった59さんにお願いしました。

【イラスト提供】Endless Nightmare by 59 on pixiv

こちらの思いを深く汲み取って頂き、
モチーフのひとつひとつにも想いを込められて丁寧に描いて頂きました。

 

samfreeさんの想い出を振り返る | G.C.M Records by アンメルツP
https://www.gcmstyle.com/2015/10/02/1683/

samfreeさんに対する思いは沢山あって以前このブログにも書いたのですが、
投稿の2日後に作ったこれがあって
原曲を海外に広めるのに微力ながら貢献できていたかもという思いもありまして。
英語歌唱なのはその理由もあります。

【巡音ルカ&SweetAnn】 ルカルカ★ナイトフィーバー 英語歌詞カバー

全ての自作曲にはそれぞれに思い入れがあるのですが、
今回の曲はなによりsamfreeさんの曲が好きな方に届いてほしいと思います。 

カゲプロ二次創作CDシングル『Number One』頒布中です

こちらもTwitterなどでは既に告知をしていたのですが、
BOOTHでの頒布が始まりましたので改めてブログ記事としても書きます。

去る4/30に開催された「超ボーマス34」(2日目)と、
5/4開催「メカクシ団活動日誌7冊目」にて、
カゲプロのキド(木戸つぼみ)をイメージした
3曲入りの二次創作同人CD(※非公式)『Number One』を頒布しました。


(ジャケットクリックでディスコグラフィー内の特設ページヘ)

カゲプロの二次創作同人CDは昨年制作した『モウテントリビュート』に続き二度目です。

3曲とも小説や漫画・アニメを見返しながら楽しく作りました。
カゲプロがお好きな方も、ルカさんがお好きな方もぜひ手に取って頂けると嬉しいです。

ジャケットは「人形館解放作戦」でお世話になった、れいさんに今回も描いて頂きました。

 

クロスフェード

各曲紹介

01.「ラストミッション」…小説4巻の「カゲロウデイズ」命名シーン

「キドさんが好きそうな曲調で作ろう」というのが第一で、
洋楽のグランジっぽい曲調を目指しました。
ドラム打ち込むのが楽しかったです。
プラスそれに後半の加速するところはTHE BACK HORNっぽいイメージです。

02.「スクランブルエッグ記念日」…アジトで朝食を作ってる風景

以前Twitterのフォロワーの方からリクエスト頂いた
「ゆったりとしたボサノバが聴きたい」に応えたものです。
音を足して盛り上げたくなるクセをぐっと抑えてBGMとして聴ける感じを心がけました。
ちなみに間奏部分の口笛もルカさんの声です。

03.「One to Three」…カノに対して普段思っていること

ずばり「本家様『夜咄ディセイブ』の『あの印象的なファンクギター』っぽい音色を取り入れつつ全く別の曲を作る」がコンセプトでした。
ずっと曲の間左で鳴っている音がそれです。
プログレッシブハウスのサンプリング素材を多く使ったので多分ジャンルはハウスです。

なお、全てVOCALOID「巡音ルカV4X」がメイン歌唱です。

通販

アリスブックス様 通販ページ

BOOTH 通販ページ

通販以外では、引き続きボーマス、夏コミなどの同人イベントで
頒布していきます。
大々的に頒布するのは10月のカゲロウパラダイス2ですね。

余談ですが、昨年のモウテントリビュート以降、カゲプロで音楽二次創作しているサークルが
ずっとうちしかいない状態だったんですが、ついにこの間の「メカクシ団活動日誌7冊目」で
うち以外にもCDを頒布するサークルさんが現れました。
1サークルが!!2サークルに!!!(倍増)

それからメ活誌7冊目はステージ企画も楽しかったです。
カゲプロもまだまだ楽しんでいきたいと思いますので今後もよろしくお願いします。

6th Full Album『with you』完成しました!

アンメルツP 6枚目のフルアルバム『with you』が完成しました!

特設ページ:https://www.gcmstyle.com/withyou/

2016/3/6開催「かがみねのお茶会」(ボーパラ併催)にて初頒布を行います。
4/24開催のM3、4/30開催の超ボーマス(2日目)でも頒布しますので、
かがお茶・ボーパラ不参加の方はそちらでどうぞ。
5/4開催のメ活誌7冊目でも多分隅っこに置きます。

作品紹介

鏡音V4X歌唱曲を多数含む全12曲収録。

VOCALOIDとボカロPの関係、ボカロPと絵師やリスナーの繋がり、
鏡音リンとレンの絆など、いろんな「with you」を感じながら作り上げたアルバムです。
鏡音リン・レン歌唱の曲がメインで、他にKAITO・MEIKO・ルカ・GUMIもいます。

動画公開済みの「アリでキリギリス」「頼りになるぜ☆アルパーカー!」
人形館解放作戦」「泣き虫夢見人」のほか、
30LRC』『デフォみねワンドロ企画』などに参加した楽曲のフルバージョンや、
書き下ろしの楽曲も入ります。

相変わらず曲調はバラバラだったり
いろんな二次創作的要素が入ってたりするんですが、
個人的には今までで一番全体のメッセージはまとまった作品だと思っています。

新譜『with you』のジャケットは、うたおりさんに描いて頂きました。
手を繋ぎながらこちら側に手を伸ばしている鏡音で「with you」を表現しています。
また今回、タイトルロゴなどのデザイン面は全て私が行いました。
暖かみのある感じになったかと思います。

クロスフェード動画も投稿しました。

3/6開催「かがみねのお茶会」お品書き

新譜以外にも鏡音コンピなど、各種CD/DVD/個人誌を取り扱います。
また、『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門』を特別に頒布します。

かがみねのお茶会お品書き

当日はよろしくお願いします!

samfreeさんの想い出を振り返る

作曲家・ボカロPのsamfreeさん死去 ― 31歳の若さ、「ルカルカ」「放課後のプレアデス」OP曲を手掛ける | インサイド
http://www.inside-games.jp/article/2015/10/01/91731.html

本人アカウントによる元ツイート、
何かの間違いかなりすましであってほしいと思いましたが
複数の近しい人によるツイートも出ており、残念ながら真実のようです。
とてもショックが大きいです。

先日の椎名もたさんの件にも衝撃を受けたのですが、
氏は生きるか死ぬかの境界線で命を削って表現をしていたというイメージが
私の中でとても強く、
ニュースを聞いた時はもちろん残念で非常にショックではあったのですが
何故か受け入れてしまう自分もそこにいるという感じでした。

それに対して今回の件は、あまりに唐突すぎる知らせで
なかなか気持ちを整理しきれない状態です。

続きを読む >>>

配信限定アルバム『PARTY AnnMelts』好評配信中です

ブログでは書いてなかったので改めて告知です。

6月6日から、アンメルツPの配信限定アルバム
『PARTY AnnMelts / アンメルツP feat. 鏡音リン・レン、巡音ルカ』が
iTunesAmazon mp3moraなどの各ストアで配信開始されました。

作品特設ページ
https://www.gcmstyle.com/partyannmelts/

収録曲メドレー動画

アンメルツPが過去に発表したダンスポップや、
クラブ音楽寄りの楽曲を集めたセレクションベストアルバムです。
配信用に、全曲を再マスタリングしました。

従来から私の曲を好きな方はもちろん、
最近アンメルツPを知った方(昔の個人CD限定曲も入れています)や
遠方等の事情で同人イベントにいらっしゃらない方、海外の方、
ボカロ系クラブイベントのDJの方などにも是非楽しんで頂ければと思います。

配信価格は各ストアが決めるのでそれぞれ異なりますが、
単曲150~200円、アルバム全体では1,500~1,700円前後です。

また、最近話題の定額配信サイトでも配信が始まっています。
Apple Musicには既にあります。「アンメルツP」で検索してみてください。
LINE MUSICにも8月中には配信されるようです。

配信仲介はROUTER.FMさんです。
クリプトンさんの運営だけあって、(国内主要の)ボカロキャラを使った
アートワークもOKなのがいいですね。
今後は配信も積極的にやっていきたいと思っています。

『モウテントリビュート』クロスフェード&個別楽曲公開!

特設ページやTwitterでは以前から告知しておりましたが、
カゲプロ二次創作CD『モウテントリビュート』のクロスフェード動画を
12日に公開しました。

 

また、19日に個別楽曲4曲を一斉にアップしています。

 

 

4曲はジャンプスクリプトを設定して他の収録曲に飛ぶようにしてますので
どの動画からご覧になっても収録曲全てをお楽しみ頂けます。

 【クロスフェード動画について】

「CDの曲順通りに曲を流さない」ということを初めてやりました。
本家様のクロスフェードを意識した構成ということもあるんですが、
CDのコンセプトが伝わりやすいものを前に持ってきて、
熱心なファン向けのを後ろに回そう」という意図もありました。

【「人形館解放作戦」について】

「コバルトダイアリー」のほうがバンドサウンドなので、こちらは打ち込み系です。
サンプリング音源やループ素材をゴリゴリ組み合わせて作りました。
曲調自体は、ドラムンベースやらガバっぽい要素やらダブステップっぽい何かが
色々入り組んだ感じですが、メロディはあくまでポップなものとなっております。
結構ハチャメチャな展開ですがお気に入りの一曲です。

巡音ルカV4Xのグロウル機能で「ギャアアアア」と叫ばせたり、色々遊びました。
曲の締切設定が3/20で、ルカさんの発売日が3/19。突貫でしたが楽しかったです。

あとタイトルの「人形館解放作戦」は、
「(モモを)人形館(から)解放(するための)作戦」
「(キドが)人形館(から)解放(されるべく必死になる)作戦」
ダブルミーニング的なアレです。

「人形館解放作戦」の歌詞はこちらからどうぞ。

とらのあな様でCDの通販が始まりました。
遠方の方、メ活誌まで待てないという方はこちらをご利用ください。

今のところカゲプロファンの方の反応が良くて嬉しいです。
原作に敬意を込めつつ、ファンに受け入れられるものをと頑張ってきました。
超会議やメ活誌などでお届けできる日が楽しみです。

Top