新しく追加したVSTプラグインが「Cakewalk」で認識されないときの対処方法 | G.C.M Records

アイキャッチ「新しく追加したVSTプラグインが「Cakewalk」で認識されないときの対処方法」

新しく追加したVSTプラグインが「Cakewalk」で認識されないときの対処方法

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、アンメルツPです。

こちらの記事は、以前公開した下記の記事において、
初音ミクV4X体験版に含まれる「Piapro Studio」をインストールしたにも関わらず、
DAW(作曲ソフト)「Cakewalk」にVSTiとして認識されない
というケースを主に対象にしたものです。

無料の「Cakewalk」と「初音ミクV4X体験版」でミクさんを歌わせるまでの全手順https://www.gcmstyle.com/howto-install-cakewalk-hatsunemiku-trial/

そのため、主にPiapro Studioのインストールでお困りの方向けに書いていきますが、Piapro Studioに限らず
一般的なVST/VSTiプラグインを追加したにも関わらずCakewalkに認識されないという場合も
ほとんどは以下に説明する手順を踏めば解決すると思いますので
お困りの方はぜひご参考になさってください。

原因は、VSTのファイルが置かれたフォルダをCakewalkが読み込んでいないから

上記「全手順」の記事では、以下のように書きました。

9割方大丈夫だと思いますが、すでに他のVSTを入れていた方など、
追加されないこともごくまれにあります。

https://www.gcmstyle.com/howto-install-cakewalk-hatsunemiku-trial/

残りの1割のケースは、私が知る限り実はほとんどが同じ原因です。

それは、
「追加されたプラグインファイルの置き場所(Piapro Studioの場合は「Piapro Studio VSTi.dll」)と、
Cakewalk上で読み込むフォルダが噛み合っていない」
からです。

アイキャッチ「新しく追加したVSTプラグインが「Cakewalk」で認識されないときの対処方法」
追加されたプラグインファイルの置き場所と、Cakewalk上で読み込むフォルダが噛み合っていない様子

他のVSTをすでに入れていた方は、
「VSTの置き場」のファイルパスが書き換わっていることがあり、
それでPiapro Studioのファイルの場所と噛み合わないケースがあるわけですね。

この解決方法は、
「Cakewalk Plug-in Manager」を設定し、
CakewalkにVSTプラグインが置いてあるフォルダの情報を追加してあげる
ことです。

今回の記事では、その方法を解説していきたいと思います。

Cakewalk Plug-in Manager スクリーンショット
Cakewalk Plug-in Manager

Cakewalk Plug-in Managerを設定するその前に

認識されないのには別の要因があるかもしれないので、Cakewalkの設定に移る前に
まずは一度、以下の一般的な解決策をひととおり実行していただければと思います。

(1)PCの再起動を試す

まずは王道の解決策の一つですが…。
一度パソコンを再起動し、再びCakewalkのアプリを立ち上げた時に
ひょんなタイミングで追加されるというケースもあります。

(2)「メーカーで並び替え」「タイプで並び替え」を試す

Cakewalkのプラグインシンセを追加する画面で
「メーカーで並び替え」や「タイプで並び替え」を選んでみてください。

今まで「Bass」「Drums」など、楽器の種類ごとに分類されていたものが
メーカーやタイプ(VST2やVST3)などでの分類に変わります。

いろいろ並び替え方を変えて、Piapro Studioがどこかに入っていないかを
確認してみてください。

この画面で「プラグインレイアウト」を選ぶと、「メーカーで並び替え」「タイプで並び替え」ができます。

(3)アプリの修復、再インストールを試す

Windows 10の設定「アプリと機能」にて、「Piapro Studio VSTi」 の「変更」をクリックすると、
その中から「修復」というメニューが選べます。

Windows10の「アプリと機能」からPiapro Studioを見つける

インストールが不完全で失敗した場合などはこの機能で復旧できる可能性があるので
まずはそれを試し、その後Cakewalkを開いて追加されていないかを確認してください。

それでも追加されてなければ、今度は「アンインストール」を選んで削除を実施し、
再度インストールを試してみてください。

Cakewalk Plug-in Managerでプラグインが認識されているか確認する

以上の手順でも解決しなければ、「Cakewalk Plug-in Manager」の設定の出番です。

プラグインがどこにインストールされるかを調べる

ただ具体的な設定をする前に、まず自分がインストールするプラグインの本体、
すなわち「dllファイル」をどの場所にインストールしたか把握しておく必要があります。

「Everything」のようなパソコンのファイル内を素早く検索するフリーソフト
導入しているとこれは話が速く、
「アプリ名 .dll」のようなワードで検索すればそれっぽいものが出てくるかもしれません。

フリーソフト「Everything」でパソコンの中身を根こそぎ検索する

もしそういったものを導入してなければ、いったんプラグインをアンインストールしてください。

再インストールをしようとした時に、
多くの場合はどこのフォルダにインストールされるかがわかるようになっています。

例えば、Piapro Studioの場合、インストール中にこの画面が出てくると思います。

ここで「詳細設定」を押すと、どこのフォルダーにインストールされるかを選べるようになります。

Piapro Studio VSTi x64 セットアップ
Piapro Studioのインストール画面で「詳細設定」をクリック
Piapro Studio VSTi x64 セットアップ フォルダの選択
「Piapro Studio VSTi x64のインストール先:」にdllファイルが置かれるので、この場所をメモる

ここで、「Piapro Studio VSTi x64のインストール先:」
テキストエディタ(メモ帳)にコピペするなどしてメモっておきます。

ここでメモったら「戻る」を押して、
何事もなかったかのように普通にインストールを完了させてください。

Cakewalk Plug-in Managerを開く

そのままインストールを完了させたら、Cakewalkを開いて、
「Cakewalk Plug-in Manager」を開いてください。
メニューの「ユーティリティ」から選ぶことができます。

Cakewalk Plug-in Manager 起動メニュー
メニュー「ユーティリティ」より、「Cakewalk Plug-in Manager」を開く
Cakewalk Plug-in Manager スクリーンショット
「Cakewalk Plug-in Manager」画面(人によって登録済みのプラグインは違いがあります)

もしPiapro Studioが正しく認識されていれば
一番左の窓のプラグインの種類で「VST Instruments(VSTi)」を選んだときに、
その中に「Piapro Studio」があるはず
です。

他のVSTプラグインの場合でも、もし正常に認識できている場合は
楽器であれば「VST Instruments(VSTi)」か「VST3 インストゥルメント(VST3i)」の中に、
エフェクターであれば「VST Audio Effects(VST)」か「VST3 オーディオエフェクト(VST3)」のどれかに必ずあるはずです。

ここを読んでいるということは、おそらく一覧にはないことでしょう。
無かったら認識されていないということです。

VSTプラグインの検索フォルダを追加する

そうしたら、「VSTの設定」の中の赤で囲んだ「オプション」を押してください。

Cakewalk Plug-in Manager オプション
Cakewalk Plug-in Managerの「オプション」をクリック

「VSTプラグインの検索」というダイアログが立ち上がると思います。

Cakewalk Plug-in Manager VSTプラグインの検索
「VSTプラグインの検索」画面

この中に表示されているのは、
「ここに書かれているフォルダーの中のVSTプラグインを、Cakewalkは読み込みに行きますよ」
という情報です。

さて先ほどメモった「Piapro Studio VSTi x64のインストール先:」のフォルダは、この中に含まれていますか?

含まれていない

おめでとうございます。原因はここにフォルダが含まれていないことであると特定されました。
文章を読み進めてプラグインの読み込みをを完了させてください。

含まれている

残念ながら別の原因があるようです。
プラグイン自体の問題やPCの問題などの可能性も考えられますので、
別のアプローチを試してみてください。

Cakewalk Plug-in Managerでプラグインの読み込みフォルダを追加

この画面で「追加」を押してください。

Cakewalk Plug-in Manager VSTプラグインの検索 追加ボタン
「追加」ボタンを押して、読み込むフォルダを追加します

追加するフォルダを選ぶ画面が出てくると思います。

「フォルダーの参照」が開くので、先ほどのメモったフォルダを選んでください。

例えばフォルダの場所が「C:¥Program Files¥VSTPlugins¥」だった場合、
ローカルディスク(C:)の下の、Program Filesの下の、VSTPluginsを選ぶ感じですね。

「OK」を押して、一覧の中に選んだフォルダが追加されたことを確認して
ダイアログを閉じます。

そして「オプション」の2つ右にある、「VSTプラグインの検索」を押してください。

プラグインが多いとしばらく時間がかかるかもしれません。

成功していれば、「VST Instruments(VSTi)」を選んだ中に、「Piapro Studio」が追加されているはずです。

図「Cakewalkがフォルダを追加してPiapro Studioを読みに行く様子」
フォルダを新規に追加することで、新しいVSTを無事読み込むことができました


お疲れ様でした。

おわりに

Piapro Studioに限らず、一般的にVSTプラグインがCakewalkで認識されない場合、
まずは「フォルダーが噛み合っていない可能性」を疑いましょう。

メーカーやプラグインによっては、
結構バラバラなところにインストールを試させようとするので意外と厄介です。

ある程度Cakewalkの扱いに慣れてきたら、
新しいVSTプラグインはインストールする段階で「詳細設定」ができるかどうかを確認し、
そのプラグインがどこにインストールされようとしているかを見るクセをつけるといいでしょう。
のちのちプラグインが増えてきた時の管理が楽になります。

created by Rinker
¥990 (2020/11/28 05:02:47時点 Amazon調べ-詳細)

次の記事「」へ

前の記事「」へ

関連記事(一部広告含む)

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする