鏡音リン4人のアイドルポップ。新曲「DRiiiiM!!!!」投稿しました | G.C.M Records

「DRiiiiM!!!!」告知画像

鏡音リン4人のアイドルポップ。新曲「DRiiiiM!!!!」投稿しました

スポンサーリンク

昨年発行シングルCDに収録しました、
鏡音リン4人によるユニット「4-Rin’ Melts」が歌うアンメルツPの楽曲
「DRiiiiM!!!!!」を、niconico(ニコニコ動画)とYouTubeに投稿しました。

イラストは朱里綾目さん、動画は原さんです。

楽曲について

全体テーマ・歌詞

鏡音リンAct1/Act2/Append/V4Xの4人によるユニット「4-Rin’ Melts」(読み:フォーリンメルツ)は、
そもそもはGReeeeNのカバーとしてリン4人で「RiiiiN」と題して「愛唄」を歌わせたのが始まりです。

このカバーが思いのほか好評だったので、オリジナル曲を作りたいと思っていました。

そして昨年のクリエイターズマーケット(マジカルミライ)に合わせるシングルCDの収録曲として
彼女たちのデビュー曲を作ろうと決意。

合わせるイベント自体がマジカルミライということで、未来を感じさせる明るい曲にしようと思い、
(もう1曲の収録曲「夏の霜」はそれと対極的な感じですが…)
青春感と健気さをキーワードに、「夢」をテーマにしようと思いました。

すでに私の歌詞でも他の人が書いた歌詞でも夢がテーマの自作曲は何曲かありましたが、
違いを出そうと思い、4人のリンに年齢差をつけて、それぞれの立場から夢について語るスタイルに。

ひとりの人間の中でも、成長に伴い「夢」という言葉は色々意味として変わるけれど、目指す場所は同じところ。

そんなメッセージを、同じリンだけど違うというこのユニットに歌ってもらうことにしました。

ちなみに終盤のサビ「ミライ予測の~」の「えらい人」とは、
「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」という発言をした
「パソコンの父」アラン・ケイ氏のことです。

いま自分のパソコンで鏡音リンを歌わせられるのは、この方の功績も多少含まれているかもしれません。

作編曲について

私の好きな曲調の要素をいろいろミックスした、自分らしい感じに仕上げた一曲です。

「使えない部下 悩める上司」や、同じリン4人による「愛唄」のアレンジカバーでやった、
ブラスバンド、あるいはSKAっぽい要素や、バックのビートロックっぽいギター、
4つ打ち+バッキングのピアノで軽快に跳ねるようなハッピーハードコアのような曲調などです。

メロディもできるだけ素直に、キャッチーなポップスを目指して作った感じではあります。

調声について

Act1/Act2/Append/V4Xとそれぞれの鏡音リンを使用しているわけですが、
4人の特徴の違いがはっきりとわかるように、それぞれを別方向に寄せて調声をしております。

Act1

小学生の設定ということで、GEN(ジェンダーファクター)を通常よりもかなり下げて
子供っぽさを前面に出しました。
子供の歌い方を再現するために、わざと少し発声のタイミングをずらしたりもしています。

Act2

Act2のリンはAct1と対照的になるように、GENをかなり上げて、大人っぽい…というよりも
どちらかと言うと大人ぶったという言葉の方が適切かもしれない、
背伸びした歌い方をさせています。少しトゲがあるイメージですね。

Append Warm

大学生のAppendリンは、Appendの中でもWarmを使用しており、
Warmならではの優しく暖かい調整をしています。

V4X

V4Xに関しては、自分の曲の普通のV4Xリンとほとんど同じです。
社会人ということで申し訳程度にGENをいつのもリンより上げてはいますが、
どちらに寄せすぎると他のリンと区別がつかなくなってしまうので、
現在のアンメルツP家のリン、という感じにしています。

イラストと動画について

「4-Rin’ Melts」というユニットの最初のオリジナル曲ということで、
いかにもイントロダクション的な、アイドルのデビュー曲や
人物紹介が流れるアニメのオープニングのような動画を目指して制作をお願いしました。

イラストに関してはそれぞれの設定につきまして、

Act1…小学生、元気な素直なイメージ
Act2…中学生、ちょっとスレような感じ。中二病とまではいかないけど思春期っぽい
Append…大学生、声に合わせてフェミニンな感じ
V4X…社会人、アクティブ女子、サバサバしている女性

を意識して描いて頂きました。

それぞれの表情などを見てもらうと、微妙な性格の描き分けわかるかと思います。

サビをイメージした集合イラストと、それぞれの立ち絵と2パターン描いて頂き、
サビの方は途中で笑顔差分も追加していただきました。
4人のリンを描き分けると言う難しいチャレンジを朱里綾目さんにはお願いしましたが、
どのリンにも個性がありつつ、でもみんな鏡音リンである、というところを
うまく表現して頂いたと思います!

原さんには、「アニメOPでは全員自己紹介があるけど全員鏡音リンだったら面白い」など
最初に打合せをしてイメージを広げて頂きつつ制作頂きました。
短時間でクオリティの高い動画を組み上げていただいたことに本当に感謝しております。

アイドルといえばイメージカラーが必要なんじゃないかなっていうことで、
服の色やキャラクターのイメージから、

Act1…黄色

Act2…紺色

Append…ピンク

V4X…水色

という設定になっています(次の曲はどうするか分かりませんが、引き継いだ方がいいかな?)。

それぞれのイメージカラーを軸に様々な演出をしていただきましたので、
是非細かいところまでご覧いただけると嬉しいです。

おわりに

今後はこの4人を起用したオリジナル曲やカバー曲も積極的に出して、
ユニットとして売り出して行こうかなってという中長期的な計画を立てております。

長い活動期間の中でのノウハウをつぎ込んだユニットとして、
私ならではのできることを追求していければと思っております。

歌詞

「DRiiiiM!!!!」
作詞/作曲/編曲:アンメルツP
歌:4-Rin’ Melts(鏡音リンAct1/Act2/Append/V4X)

大きな声で歌おう それぞれのユメたち
いつでも始めよう

テレビの人 看護師 お菓子屋さん アニメの子 大きくなったらなりたい
そんなお子様な時期は終わったの 現実ツラいけど 青春したい

ああしろとか ジャマもの 笑う人もいるかも
でもキミが信じたほうでいい 

「あきらめなけりゃユメは叶う」なんて
無責任に言えないけど これだけは分かる
「リタイアしたらゴールは100%ムリなんだ」
ボクのペースで走ろう

ユメつかんだ先で自分探し 今までは 世界を 知らなすぎたの?
思ってたものと違う大人でも せわしく ささやか ユメを抱いてる

子供だった自分を たまには思い出して
イメージだけでどこまでも飛ぼう

幼い頃のヘタクソなラクガキ 褒めるヒトがいなかったら 今なんてないよ
ボクらのユメを 見守るヒトたちにありがとう 自由にユメ描こう

見果てぬユメの続きはこれから 生まれくるみんなと一緒に見たい 
ボクらが大きなユメを見るたびに 無限のミライが 広がるんだね

「ミライ予測の サイコーのやりかたは それを作っちゃうことだ」とえらい人が言った
大きな声で歌おう それぞれのユメたち ボクらは生きている

「あきらめなけりゃユメは叶う」なんて 無責任に言えないけど これだけは分かる
「リタイアしたらゴールは1000%ムリなんだ」

ボクのペースで走ろう
自由にユメ描こう
いつでも始めよう

次の記事「」へ

前の記事「」へ

関連記事(一部広告含む)

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする