【重要なお知らせ】2020年・21年の『RINLENMANIA』企画はお休みします #RLM12 | G.C.M Records

【重要なお知らせ】RINLENMANIA 2020年・21年の制作はお休みします

【重要なお知らせ】2020年・21年の『RINLENMANIA』企画はお休みします #RLM12

スポンサーリンク

こんにちは、アンメルツPです。
いつも私の作品をお楽しみいただきありがとうございます。

今回は、鏡音メドレー動画「RINLENMANIA」シリーズの今後の企画方針について、
大事なお知らせをさせて頂きます。

長文が続くので、先に結論から申しますと、以下の通りとなります。

・2020年および21年の「RINLENMANIA」はお休みします。その後は未定です。
・時代の変化や、準備にかける労力の問題など、様々な要因があり決断しました。
・鏡音やボカロ(合成音声)から離れるわけでは全くありません。
 今後もいま以上にボカロや音楽を盛り上げるべく頑張ります。

皆さんに年末近くまで期待を持たせてしまうのもどうかと思い、
このように発表させていただきました。

決断の理由

2020年と2021年の「RINLENMANIA」制作はお休みさせていただきます。

特に2021年は、「鏡音リン・レン14周年」という非常に重要な節目を迎えるにも関わらず、
このような発表をすることは非常に心苦しいのですが、どうかご容赦願います。

2022年以降はまだ状況がわからないので、ひとまず「未定」ということにさせてください。

このような判断に至る要因としまして、大きくは2つ理由があります。

時代の変化

ひとつめは時代の変化です。

12年間続いた企画ということで非常に愛着はありますし、
ともすれば私の代表作としても認識していただけることもあり、
大変ありがたいと感じております。

この企画をきっかけに様々なクリエイター同士のコラボが生まれたり、
いい作品や新しいクリエイターを知ってもらうきっかけになるなど、
一定の役割は果たしたものと自負しております。

しかし、最近は例えばniconico以外にYouTubeもボカロ曲を投稿する主戦場のひとつとなるなど、
公式・同人問わず、鏡音リン・レンが活躍する範囲は拡大を続けています。

その中で「RINLENMANIA」という企画自身も、時代の変化に合わせて
しばらく方向性を考え直す時間が必要であると判断しました。

準備にかける労力

ふたつめは、準備にかける労力の問題です。

準備期間も含めると、9月から翌年1月ぐらいまでの実質5ヶ月間を、
制作、関係者への連絡、その他の時間に毎回かけております。

しかし今の自分はどちらかというと、
この5ヶ月を使って、より鏡音やボカロ(など合成音声全般)を盛り上げるための
自分自身の活動、あるいは別の形での企画などに力を注ぎたいと考えるようになりました。

仮に自分が「RINLENMANIA」をやらないのであれば
どこまで出来るのかを自分自身も知りたいですし、
新しい挑戦をする期間が人生の中には必ず必要であると考えています。

これから2021年にかけては、様々な活動を並行させていくつもりです。
また皆様に協力をお願いするような企画もやると思いますが、
それについては機が熟した時にお話できればと思います。

「年末の大きな企画であるところのRINLENMANIA」は行いませんが、
今後も私の活動の中で「RINLENMANIA的な性質を持つもの」は何かにつけて現れると思います。

実は「RLM12」制作段階から決めていました

2020年と21年のRINLENMANIA制作をお休みするということは、
実は「RINLENMANIA 12」を作っている段階からもうほぼ決めていました

鏡音メドレー動画企画「RINLENMANIA 12」特設ページ
https://www.gcmstyle.com/rinlenmania/12/

本当は企画を終えた2~3月の時期にすぐ休止を発表しようとしたのですが、
その後一連のコロナウイルスの件があり、リアルイベントが続々と取りやめになるなか、
オンラインで完結するこの企画には期待する声もあることは承知しておりました。

しばらく時間を置きつつじっくり検討を重ねたのですが、
やはり「RINLENMANIA 12」制作中に決めた決断は、自分の中で覆すことが難しく、
このような決断に至りました。

休むという方向性を前提にしてメドレーを作っていたため、
「RINLENMANIA 12」における「奇跡の法則」での手書きのメッセージや、
終盤の曲順にはそういう意味も含まれています。

「金竟音竟金」<さあ、君たちはどうする>
「僕は今日この街を出ていくよ」
「だらしないまんまいきていて」
「21世紀の夜明け前」<どこにいたって どうしたって ここが僕のいる場所だから>
「二人の意味を紡ぐ」

なんとなく「何かを匂わせるメドレー」にしたつもりだったんですが、
周りの反応を見る限り、あんまりそれを意識してる人は少なかったかもしれませんね…。
皆様もこの機会にまたメドレーを見直してみてください。

しかし「12」ではそれなりにやりたいことをやり切った感はありますし、全く後悔はありません。

制作ノウハウの発信に努めます

今後の活動のひとつとして、自分以外でも「RINLENMANIA」のような企画をできるように
情報やノウハウを発信していくというものがあります。

これまでも、当サイトでは様々なノウハウを公開してきました。

↓曲の探し方
ボカロPが教える、ボカロ最新曲の探し方・見つけ方【2019年版】 | G.C.M Records

↓曲のつなぎ方
無料DAW「Cakewalk」でメドレー音源(DJMIX/一本WAV)を作る方法 | G.C.M Records

↓企画運営の一例
ボカロコンピレーションCDのつくりかた(PDFが開きます)

↓告知などに使うWebサイトの制作
書籍&ブログ記事「令和時代の個人サイト制作入門」シリーズ

また、2019年10月発表以降の良曲をYouTubeの再生リストにまとめる活動もしています。

ボカロPおすすめ鏡音リン・レン曲 2019-2020 (Season 13) – YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLrliUMHjssZ4HblXfgZaBzOqfcvu83ZFz

今後もこうした情報発信をやっていければと考えております。

私以外にも鏡音やボカロに熱心な人はいますし、次世代の人に企画をすることの楽しさ、
参加することの面白さを伝えることができればと思います。

もちろん、どなたかが「RINLENMANIA」的な企画を行いたいという際は、
お手伝いできることや相談などがあれば、できるだけ積極的に動いていきたいと考えております。

おわりに

楽曲制作者、イラストレーターを始めとした多くの素晴らしい方々が
鏡音リン・レンが大好きなことは存じております。

RINLENMANIAをしばらくお休みするのは、
むしろよりアクティブに活動していきたいからこその決断であるということはご理解ください。

今後もボカロPとして、またその他幅広い分野で今後も活動していきたいと思います。

その過程でお世話になるであろう方もたくさんいらっしゃるとは思いますので、
どうか引き続き私アンメルツPの活動を見守っていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

次の記事「」へ

前の記事「」へ

関連記事(一部広告含む)

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする