G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

90年代風の新曲「SMALL 1995 ROOMS」を投稿しました

 

最新フルアルバム『with you』から一曲投稿しました。

友達と好きな曲やアーティストを語り合ったり、
嫌いなヤツに聴いている音楽をバカにされたり、
そんな学生時代の思い出を振り返ったような楽曲です。

普通に作っても90年代っぽいと言われるので、
いっそ今回は思いっきり90年代TK風に寄せてみましたがいかがでしょうか。
それっぽい音とか空気感を目指して作っています。
例によってM1ソフトシンセ多数使用。

歌詞はラブソング風ですが、
ここに出てくる「君」はすべて「音楽」のことを想定して作っています。
でも普通のラブソングでも成立するはず。
サビにはちょっとダジャレ的なものを挟みつつ、
どっちかというとレンのラップパートが本音出てます。

調声についてはリンは比較的あっさりです。
V4Xの高音の伸びやかな感じと甘ったるさが本当に好き。
レンはラップ調声頑張りました。

今回のイラストは90年代風オムニバスCDのジャケットなど、
度々90年代ものをお願いしているアギさんです。
「夜の教室にラジカセ持ち込んで好きな音楽や悩みを語り合う鏡音」というオーダーでしたが、戻ってきたのはこんなシリアスでハイセンスな素晴らしいイラストでした。
コラボの醍醐味ですね。

ちなみに1995年というのは阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件などで
日本が大きく揺れた年なのですが、CDが一番売れた年でもあります。
もう既に21年前のことであります… 



新曲「awake to survive」公開しました

「awake to survive」は、鏡音30秒着信音コンピ『30LRC』用に
書き下ろした曲のフルバージョンです。
最新フルアルバム『with you』からの後出し動画公開です。

一日の始まりに、目覚ましアラームや通勤BGMとして聴きたい曲を作りました。
曲調はアニメオープニング風の何かです。

歌詞は「一日のオープニングテーマ」をコンセプトに、
職場や学校などに向かう途中の憂鬱な気持ちを強引に前向きにさせるイメージで作りました。
要するにリンに励ましてもらおうという俺得な歌です。

リンの調声はいつもの力強い感じで。
確かアルバム制作では、リンV4Xを使った曲の中では最初に手がけた曲だったかと思います。
Appendとの勝手の違いに戸惑いつつも納得のいく声になったと思います。
完全なPowerではなく、クロスシンセシスでWarmを少し混ぜています。

イラストは碧茶さんに描き下ろして頂きました。
オンモードとオフモードの2枚で、オンのほうは
「スーツ(OL)をベースとした戦闘服的な何か」ということでお願いしました。
碧茶さんの貴重なリンソロ絵かと思いますのでこちらもぜひお楽しみを。

動画は以前からずっとやりたかったアニメオープニング風の演出をしてみました。
だけどそれだけではなく、画面の向こう側ではなくて自分事として迫ってくる
みたいな要素が欲しかったので、そんな見せ方もしています。

りらかさん歌ってみた版 同時投稿

りらかさんは以前「鎖の少女 RinCage Style」を歌って頂いた縁で今回声をおかけしました。
力強く凛々しい歌声で曲のイメージをうまく表現して頂いたと思います。
リン版とはまた違う魅力をお楽しみ頂ければと思います。

今週は水曜日ごろにも動画(自作曲ではないのですが参加した曲です)をアップしますので、
合わせてお楽しみください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「RINLENMANIA 8」投稿しました&年末発表作品色々

「RINLENMANIA 8」投稿しました!

8年目の鏡音メドレー動画も無事に完成しました!
よろしくお願いします。

鏡音曲を59曲(+ED)、90分ノンストップで繋ぎました。
総勢62名の絵師様による、描き下ろしの二次創作イラストでお届けいたします。

今回は、他の企画や依頼物との同時進行だったため、短期集中で作り上げました。
具体的には音源のつなぎが休日3日間、動画制作が最後の約1週間。
デザインはほぼ25日の丸一日だけでやりました。

テーマが「無限」ということと、V4Xが発売されるということで、
終わりと始まりを意識させるラストにしています。

背景はSTARWALKER STUDIOさんの素材を沢山使いました。
フリーフォント系はこの記事に載っているものをたくさん。

他の制作話などはタグ「#RLM8」で書いていますのでTwilogからどうぞ

90分の長丁場ですが、ぜひお楽しみください。

動画用描き下ろしイラストが続々とpixivに投稿されています。
こちらの検索結果からぜひご覧ください。

メドレーでお借りした曲の二次創作イラストや漫画、
小説をpixivに投稿する企画「RINLENMANIA8 on pixiv」も実施中です。
参加作品はこちらの検索結果からご覧ください。
一斉投稿期間は31日までですがそれ以降でも全く構いません。

残りの作品は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>>

新曲「頼りになるぜ☆アルパーカー!」投稿しました

【鏡音リン・レン】 頼りになるぜ☆アルパーカー! 【オリジナル曲】

もじゅみねイメージソングコンピ『staRLights』の収録曲です。
3/8開催のボーパラ関西で頒布されます。
鏡音モジュール好きはチェックしてみてください。

もじゅみねコンピへの参加作品ということで、
曲が割り当てられてないモジュール&私がやる曲調に合いそうで、
じゃあアルパカ好きに定評のあるkorumiさんに歌詞書いてもらって
アルパーカーの楽しい曲を作ったら面白いんじゃないか?
という感じで、アルパーカーのイメージソングを二次創作してみました。

「某体操みたいなイメージに仕上げます」と周囲には言っていたのですがw、
大人も子供も初見で体を動かしたくなる曲を目指しました。
アルパカは南米原産らしいので、
ラテンっぽいパーカッションや南米民族調で使われるような楽器の音を取り入れています。

私が作るダンスポップはBPM145くらいの曲と170以上のものが多いのですが、
「間をつなぐ自作曲も欲しいなあ…」という感じだったので今回はBPM155で作りました。
初見で盛り上がれてタオル振り回せるような曲にしたので、
ボカロ系クラブイベントでも流してみたいです。

ちなみにサビのメロディは私が子供の時にお風呂場で口ずさんでいて
今もなぜかはっきりと覚えているものが元となっています。

リンレンは両方ともメインがAppend Power、コーラスにAct1、合いの手がAct2です。
パワーはそんなにないけど滑らかにつながるAct2は、
個人的にはトークに一番向いていると思っています。

 曲先で作ってkorumiさんにあとから歌詞をつけてもらったのですが、
「ここでアルパーカーって言ってほしい」という意図のメロディが
はっきり言ってないけどバッチリ伝わってたようでよかったです。
基本的には楽しいけど、「たいやきくん」や「ピクミン」的な要素もある歌詞かと思いますw

普段は細かくシチュエーションを指定することもあるのですが、
この曲の動画に関しては、アルパーカーの発案者でもある
なじょさんに全てお任せで作って頂きました。
全体的にひたすら可愛くて何度も繰り返し見てしまいます。
リボンつけてる&髪がハネてるアルパカかわいい。

新曲「アリでキリギリス」投稿しました

2015年最初の新曲、投稿しました!

「みんなのうた」みたいな、男の子、女の子、うたのおにいさん、おねえさんのイメージで
リンレン、KAITO、MEIKOに歌ってもらいました。
リンレンはAppend Power、KAITOとMEIKOはV3 Straightです。
コーラスはレンのAct1とMEIKOのV3 Powerです。

イラストは前作「泣き虫夢見人」に引き続き、うたおりさんに描き下ろして頂きました。
可愛くて温かみのあるイラストをありがとうございます。
ボカロ4人が持っている楽器は、位置関係も含めて
それぞれ実際(打ち込みだけど)に鳴っているものです。


 

明るくて暖かくも、聴いた方の感情を動かすような作品を目指しました。

歌詞は『ボカロビギナーズ!』を書くようになったここ数年に
考えていたボカロへの想いを詰め込んだものです。
と同時に、『ボカロビギナーズ!extend』に書いた
「イソップ物語を参考に物語曲を書く」の実践編でもあります。

10年以上DTMやってるんですが、「世界平和」という言葉を歌詞に初めて使いました。
あと、こんなにマリンバがたくさん鳴る曲を作ったのも初めてだと思います。

この曲はネットコンピレーション企画『星を見し夢』の収録作品です。
全23曲+αが無料でお楽しみ頂けます。
素敵なメンバー、曲が集まっていますのでぜひ。

テーマが「星(STAR)」で、目的が「合成音声の可能性を広く伝える」とのことでしたので
「ボカロの可能性は、アマチュアが気軽に曲を作れることだ!」と考えて作りました。
昔は生まれた時からアリならアリ、キリギリスならキリギリスという生き方しかできなかったのが、
インターネットや気軽に作品の発表ができる環境が普及して、
「アリでキリギリス」っていう生き方もできるようになったよ!
って感じのメッセージを込めた曲になります。

未来の音楽シーンは、アマチュアとプロがお互いを認め合って、
ひとつになって日本の音楽文化を豊かにしてほしい、という願いも込めています。

かなりメッセージの強い歌なんですが物語っぽくオブラートに包んでいるので、
まずは単純に明るく楽しい曲として聴いて頂ければと思います!
クラブ向けの音じゃないけど流して腕を左右に振らせたいですw

今月はあと1曲、新曲を投稿できる予定です。

ふたりのねがい収録曲「泣き虫夢見人」を投稿しました

 【鏡音リン・レン】 泣き虫夢見人 【オリジナル曲】 by アンメルツP 

『ふたりのねがい』に収録する私の曲「泣き虫夢見人」を投稿しました!
作詞:まなみんさんイラスト:うたおりさんです。
音源は、Dios/シグナルPのマスタリングによるCD音源です。

失敗、挫折、嫉妬、自責…
日々そんな念を抱き、今を必死に生きる方へ、そっとこの曲を送ります。
明るい雰囲気のポップバラードです。
じっくりと噛み締めて聴いて頂けると嬉しいです。

歌詞については、まなみんさんが自身のブログで語られているのでそちらをご覧ください。
この歌詞を頂いた時は、自分の作った詞じゃないのに、まるで自分の中から
湧き出た言葉かのような感覚になりました。

しかしながらいざ曲をつけようとすると、なかなか難産でした。
この言葉に見合うような力を持つ曲、メロディーとは何なのだろうか…

色々考えたあげくに辿り着いたのが、
「自分自身が曲を作るのなら、明るいメロディーで聴いた方の感情を動かしたい」
という自分自身の創作の方向性でした。
いろんな音楽はたくさん聴いてきたけど、やっぱり自分のルーツとしての
歌謡曲やJ-POPの持つ、ポップなメロディーから離れられない。

今回の曲においては、おそらくRetro G-styleに一番影響受けていると思います。
あとはFUNKY MONKEY BABYSやGReeeeN、最近のセカオワなど。
早い話が「J-POP的な応援歌」のど真ん中的な曲調なわけです。

でも、このまなみんさんの歌詞は、前向きに見えて、実は何も応援はしていない。
「J-POP的な応援歌」から見ると、むしろカウンター的ですらあります。
だからこそ、あえてこの曲調を当てたら、
案外ありそうでなかった自分らしい曲になるのでは?と考えました。

結果的に出来上がったこの曲は、自分にとってとても大切な一曲になりました。
この曲を作ったおかげで、次のアルバムの方向性もぼんやりと浮かんでいて
「やさしいうた」をテーマにアルバム一枚作れるんじゃないかなあと思っています。

 


うたおりさんのイラストは、暖かくてやわらかい雰囲気や、
ふたりの距離感が絶妙で、曲のイメージにぴったりだと思います。

私は具体的な構図については深入りはしなかったのですが
「この詞ならふたりが背中合わせかなぁと思っていたのが、まさに絵になった」
とまなみんさんがおっしゃっていたので、
全体として意志が統一できたものを作れたのかな、と思っています。


 

昨日新曲投稿直後に、VOCALOID聴き専ラジオへ出演させて頂き
『ふたりのねがい』やレンの声の話題など、鏡音に関するトークをしました。
放送音源は公開されていますので、よろしければお聴きください。

「とらのあな」「メロンブックス」「アリスブックス」など、
同人ショップ各店で『ふたりのねがい』の通販予約がスタートしています。
詳しくは『ふたりのねがい』特設ページをご覧ください。

今週土曜夜あたりにニコ生をやって、改めて各曲の解説などする予定です。
詳細はTwitterや特設ページなどでまたお知らせします。

ボーマス29お疲れ様でした&新曲「ボーマスブルー」

ボーマス29にて、新刊『ボカロビギナーズ!extend』や既刊のシリーズ、
CDなどを手に取って皆様ありがとうございました。

今回のボーマスは、一般で早く来た方はちょっと混乱もあったようですが、
始まってからの会場は多すぎでも少なすぎでもなく
適切な混み具合だったと思います。
観測範囲の限りでは中高生の若い子が少し減って、
良くも悪くも安定した同人イベントっぽい雰囲気だったかと思います。

今回は2SP取りましたが、先日購入した「シロイタナ」が大活躍しました。
持ち運びや組み立てもしやすいし、展示もすごくすっきりとした感じになりました。

なお今回のイベントをもって、『ボカロビギナーズ!vol.1』イベント頒布分が完売、
通販もアリスブックスで残り1冊という状況になりました。
ありがとうございました。再販など今後については検討中です。

ボカロビギナーズに関しては、過去のシリーズも一緒に購入して頂く方が多かったのが印象的でした。ボカロビギナーズをきっかけに作曲を始めた方のお話も聴けて、今後の制作モチベーションにつながります。 


そして、最新CD『My Partners』から「ボーマスブルー」を帰宅後に投稿しました。

 ボーマス帰りのあのけだるさを歌にしました。
イベントのエンディングテーマとしてお聴きください。

今回のイラストは、歌月さんにお願いしました。
美しい水彩画イラストをお楽しみください。

イベント終わったあとの燃え尽き感や満足感を静かに癒しつつ、
「落ち込むだけ落ち込んだのでもう向ける場所は前しかないね」的な
そっと背中押しの曲を目指してみました。
ボーマス帰りに限らず、ふと心にスキマを感じた時に聴いてほしい曲です。

この曲に関してはミクじゃないとしっくりこないのでミクです。
Darkの歌声はすっと心に溶けいる魅力があります。

歌詞の通りに「やるべきことたくさんだ」な状態ですが、
ひとまずビギナーズextendの初頒布を終えてほっとしてます。
次は11月&年末に向けて色々頑張ります。

「スケッチブック・セイレーン」動画をアップしました

新譜『My Partners』より、
「スケッチブック・セイレーン」の動画投稿を行いました。

この曲は、sezuさんの小説『リンちゃんなう!SSs』 に収録されている
お話「転校してきた鏡音さんの歌声を独り占めしたい。」の
二次創作として作った楽曲です。

【ストーリー】

小説本編のその後の話を、想像して作ったものです。

みんなと仲直りした鏡音さんは、その後も歌の練習を重ねて、
ついに、人前で歌えるまで能力を制御できるようになりました。

そして、リリィ先輩率いるバンド「セイレーン」のライブで
シークレットゲストとして登場することになった鏡音さん。
友達やバンドメンバーと一緒に作り上げた、渾身の歌を歌います。

「――私のことを綴った歌です。大切に、聴いてください」

 

【曲調】

「リンちゃんなう!」と同じBPM200で作るというのと、
セイレーンのライブでの記述「激しく歪んだ楽器のサウンド」「重低音」から
高速のロックサウンドにすることは事前に決めていました。

最初はラップつきの高速ボカロック路線を目指していたのですが
作っていくうちに、DragonForceっぽいパワーメタルになりました。
とにかくベタに、ストレートに、ドラマチックにメッセージを伝える。
そういう曲作りが自分は好きなんだなあと改めて実感しました。

「高校生でこんな超速ツーバスや速弾きギターできる奴いねえよ!」
というツッコミは受け付けません。

歌詞はサビの「燃やし尽くして」をはじめ、
ところどころ小説のセリフや記述から引用させて頂きました。
機会があればネタバレ解説も書くかも。

ちなみに、イントロとAメロのコード進行の仕方は
「リンちゃんなう!」のサビ(?)と完全に同じなので、
イントロ部分で「リンちゃんなう!」のサビがそのまま歌えます。

 

【どうしてこうなった】

ボカロ曲から小説を作るのであれば、逆にボカロ小説から
曲を生み出しても面白いのではという単純な発想です。

この話は『リンちゃんなう!SSs』の中で一番好きなストーリーで、
しかも、リン、GUMI、Lily、がくぽ、BIG-ALと、
小説でキーになっている登場ボカロを持っていたので
これは自分がやるしかないと。

このツイートのフラグを回収した形ですね。

元々ニコニコには「VOCALOID小説派生曲」というタグができるほど、
既存の小説やライトノベルからインスピレーションを
受けて作られた楽曲がたくさん存在します。(現在150曲ほど)
有名なものでは、sasakure.UKさんの「タイガーランペイジ」(元ネタ:山月記)などがあります。

だから、別にボカロ小説が元の派生曲があっても
やってることは何も変わらないのかなと思いました。
そもそも元をたどれば、楽曲「リンちゃんなう!」は
sezuさんのツイート(=文章)から生まれたわけですしね。

今までこういうアプローチの作品があまりなかったのは
おそらく他のボカロPがボカロ小説をあまり読んでいない
ためだと推測しています…w
まあ、普通は自らの世界観でオリジナル曲作りますからねえ。

「商業小説という正解が出ることで、二次創作が萎縮するのでは?」の
反証例を出したかったという思いもあります。
(まあ、これはカゲプロがとっくに反証例になってる気もしますが…
 ここを深く考え出すとコラム一本書けそうな内容ですね)

『リンちゃんなう!SSs』の場合は、
各章が独立したショートストーリーになっているので
そういう意味では作りやすかったです。

ちなみにこの小説、ボカロ小説と呼ばれるものの中で
「ボーカロイドという存在をテーマの中核に置いている、
 ある意味正しく『ボカロ小説』をしている小説」だと思っています。
なので「ネタ曲を小説化する意味あるの?」なんて
疑問に思っている人にこそ読んで欲しい小説ですね。

 

 ※一応、sezuさんをはじめとする関係者の確認は頂きましたが
 あくまでこの曲・動画は二次創作のひとつであり、
 小説の「正しい解釈」を表すものではないという
 ことは書いておきます。

 

【次回予告】

次の曲は、前にブログに書いたカゲプロ楽曲のカバーになりそうです。

連続で二次創作となりますが、ボカロの面白さを伝えるには
必ずしもオリジナル曲である必要はないと考えています。
普段の何倍も調声に手間をかけた作品になりましたので
こちらもぜひ公開したら聴いて頂けると嬉しいです。

新曲「Don’t stop the music」投稿しました

「技術の継承」をテーマにした、「ボカロビギナーズ!」のイメージソングです。

同じオケを使い、Ann歌唱版とリン歌唱版が別々の視点で展開されています。
こういうのをやるのは「ヴァンパイア・ガール」&「ボーイ」以来ですね。5年ぶり…?
2曲はジャンプスクリプトでつないでるので、ゆっくりループしていってください。

2バージョンともイラストはるみあさん、動画はkorumiさんです。
お時間があまり用意できない中、素敵なイラストと動画を本当にありがとうございました。

今回はボカロビギナーズ向けということもあって、
「安い音源で作れる曲」というテーマもありました。
有料音源はKORG Legacy Collection M1(DL版で4,980円)のみで、
あとはフリーのSynth1、Superwave P8、Magical 8bit Plugです。

曲の途中にあるダブステップもどきのワブルベースは、
こちらの動画を参考にSynth1で作りました。

「ボカロビギナーズ! vol.2」のDVDには、Annによる英語歌唱、
リンによる日本語歌唱の両方のVSQ、VSQXが入っています。
ミク英語版もこれから出ますし、色々参考になると思います。

新曲と超会議告知

レンの新曲「未来クルージング」を投稿しました。
去年出したノンストップCDに収録した曲(もともとこの長さしかない)です。

「426立ち絵フェス」参加曲です。
厳密には静止画じゃなくて途中ちょっとだけ動いてるけどまあいいよね…
アルバム曲や作りかけでもいいので、一枚絵をつけて気軽に投稿しようという
趣旨のイベントみたいなので、皆さんもどんどん上げてみるといいと思います。

イラストはピアプロでキヨトさんよりお借りしました。
表情、服装、シチュともすごく曲に合っていたので一目惚れしました。
長ズボンなレンもいいですよね。

さて、いつのまにやらニコニコ超会議の開催も明日に迫って来ました。
27日の超会議1日目にB55,56「G.C.M Records」で参加します。
当日の売り子は私、szaki、きょしょー、連投Pの4名です。
画像での頒布物一覧はこちらからどうぞ。

【新譜・新刊】
◆ベストアルバム「ULTIMELTS」 1,500円 特設サイト
2枚組32曲収録、5年間の活動の総まとめとなるベスト盤です。
10組のPによるアレンジやリミックスも収録しています。

◆楽曲レビュー誌「DAIM Pilot」 500円 特設サイト
G24「DAIM」様からの委託という形で頒布します。
本文全体のデザインを担当しました。
また、ミュージックコラム「BMSへの招待」を5ページ執筆しています。

【旧譜】
◆鏡音デュエットソング集「ふたりのうた」 1,000円
◆90年代J-POP風ボカロ曲オムニバスCD「THE GREATEST 90’z」 1,000円
◆大規模鏡音コンピ「kagamination」 2,000円

【既刊】
◆ボカロ作曲初心者向け同人誌「ボカロビギナーズ!vol.1」 600円
◆ロサンゼルス・ミクライブ旅行記「Los AnnMelts」 800円

【その他】
◆「V love 25 -Fortune-」 (調声参加の「純情ハービヴォー」が収録)
    → 超ボーカロイドエリア、企業ブース(DUE様)にて販売
◆「萌黄色ハーモニー」 (「ロマンシング・アバター」で参加)
    → い01,02「生ぐーみん。」様にて頒布 ※28日です
◆「ボカロクリティーク」シリーズ (vol.4とvol.7に寄稿で参加)
    → G25「白色手帖」様にて頒布

それでは、当日はよろしくお願いします!

Top