9/22開催「技術書典7」で新刊『令和時代の個人サイト制作入門』を発行します #技術書典 | G.C.M Records

G.C.M Records ボカロP「アンメルツP」(gcmstyle/安溶二)情報発信サイト

9/22開催「技術書典7」で新刊『令和時代の個人サイト制作入門』を発行します #技術書典

スポンサーリンク

2019年9月22日(日)開催の技術書オンリーイベント「技術書典7」にて、
新刊『令和時代の個人サイト制作入門 ~WordPressで一国一城の主になる方法~』の初頒布を行います。

本の詳細情報は、こちらの特設ページをご覧ください。

「令和時代の個人サイト制作入門」表紙

概要

『令和時代の個人サイト制作入門 ~WordPressで一国一城の主になる方法~』は、
主に同人作家やミュージシャン、YouTuber/VTuber、ボカロPなどのクリエイター向けに、
WordPress(ワードプレス)を使った個人サイトの作り方を解説する本です。

「令和時代の個人サイト制作入門」裏表紙と目次1
「令和時代の個人サイト制作入門」裏表紙と目次2

SNSのトラブルのたびに「昔の個人サイトに戻ろうぜ!と上がる声たち。
その一方で、本気でそれに取り組む方は少ないのが現状です。

しかしながら現在は、昔よりもはるかに高度なWebサイトを簡単に作れます。
同人作家やミュージシャンがWebサイトの制作技術を身につけておけば、
いざという時、非常に強力な武器になるはずです。

紙の本、ダウンロードカード(conca)、ダウンロード配信(BOOTH)など
様々な形態で頒布いたします。

通販とダウンロード販売はこちらです。

主に取り扱う内容・本文サンプル

第1章~第8章までの「導入編」では、個人サイトの意義やWordPressとは何かから、
サーバーにWordPressをインストールし、テーマ、プラグインを適用することまでを説明。

続く第9章~第18章では「運用編」として、WordPressのテーマをカスタマイズするために
必要なHTML5、CSS3、PHPの基礎的な知識や使える構文、
Webサイトの露出をコントロールするためのSEO対策や検索避け(パスワード保護やBasic認証)、
自分のサイトのアクセスを知る「Google Analytics」「Search Console」に関する知識が身につきます。

無料PDFとして、全18章のうちの第6章までサンプルを公開しています。
ぜひご覧ください。

当サイト上でも、連載として第5章(第5回)まで公開しています。

新刊制作に関するあれこれ

技術書典に出ている他の方に比べると技術知識は拙い面もありますが、
同人活動(ボカロP)とWeb制作の両方を経験した立場で書くことが大事だと思い書きました。

個人サイトを作って17年、WordPressに移行してから5年あまり。
これまでの経験をこの本にすべて託したつもりです。

書いていくうちに予想以上にページ数が増えていき、
2ヶ月で140ページぐらいの本を書く進行となりました。

また個人的な事情ではありますが、先日、私の地元・千葉を台風15号が襲いました。
私の家も3日間ほど停電となりました。

その影響もあって進行がギリギリになり、
新曲発表など他のスケジュールが少し犠牲になる形の制作となりました。
「夏の霜」の投稿を楽しみにしていた方がいらっしゃいましたらすみません。
イベントが落ち着いた24日ごろに投稿しようと思いますのでしばしお待ちください。

しかし音声入力で原稿を書いていくスタイルでアウトプットのスピードを上げたり、
停電時には東京に宿泊しての作業・職場を場所だけ借りての執筆作業などで
なんとか発行にこぎつけました。
応援いただいたすべての皆さんに感謝いたします。

入稿後に早くも誤記を見つけて凹んでいますが、
特設ページの方に正誤表を載せたのと、
ダウンロードカード版・配信版では訂正したものを配信していきます。

こ04D「G.C.M Records」頒布物一覧

同人誌・商業誌

令和時代の個人サイト制作入門 ~WordPressで一国一城の主になる方法~
新刊 1,500円(冊子+DLカードセット) ※冊子・DLカード単品は1,200円

ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門 第二版 2,400円

VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!~ 1,200円

グッズ

DTM Creative Notebook(ボカロP専用ノート) 500円

お品書きはこちら

「技術書典7」こ04D G.C.M Records お品書き
「技術書典7」こ04D G.C.M Records お品書き

おわりに

技術書典というイベントでは、各サークルに個別のサークルページが用意されており、
そこからお気に入り登録を行うことで自然にサークルチェックができるという
ありがたいシステムが搭載されております。

技術書典7 サークル「G.C.M Records」のページはこちら

関心のあるジャンルを中心にチェックとTwitterでRT・いいねしてますが、
本当に様々な切り口で本を出すサークルさんばかりで
散財の予感しかありません。

再び台風が近づいてきているようなので警戒をしつつ、
いいイベントになることを願っております。

次の記事「」へ

前の記事「」へ

関連記事(一部広告含む)

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする