G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

アンメルツPの2015年私的ボカロ曲10選 #2015年ボカロ10選

2016年あけましておめでとうございます。
昨年は、前からずっとやりたかったいくつかの企画や目標を
実現できたので、それなりにいい一年だったと思います。
今年は個人制作を中心にオリジナル曲作りをがっちりやっていく予定です。

さて年明けになってしまいましたがボカロ界隈の年末恒例行事、
その年に聴いたボカロ曲のベスト10を発表する企画です。
「ボカロ曲」と銘打っていますが、UTAUを使った曲も入っています。
曲順は発表順に並べています。

2013年の10選:http://www.gcmstyle.com/2013/12/28/359/
2014年の10選:http://www.gcmstyle.com/2014/12/31/1408/

続きを読む >>>



「第01回世界ボーカロイド大会(ボカコン)」に参加してきました #vocacon

2月21日と22日にかけて、ヤマハリゾートつま恋で開催された
ボーカロイドファンイベント「第01回世界ボーカロイド大会(ボカコン)」
参加してきました。

今回は参加者が約250人と前回の準備大会(第00回)より倍増。
私は前回は完全な一参加者でしたが、今回企画側でも参加。
「ボカロコンピレーションCDのつくりかた」と題したトークセッションを行いました。

非常に濃密な2日間だった気がします。
以下、特に印象に残った展示やイベントなどを備忘録的に書いていきます。


とその前に、本文が長文になってしまったので、
先に今回のトークセッションで使った資料(PDF)を貼っておきます。

私自身もまだまだ未熟ではありますが、今後企画などをしてみたいという
方に参考になれば幸いです。

ボカコン講演資料「ボカロコンピレーションCDのつくりかた」
http://www.gcmstyle.com/beginners/pdf/vocacon2015.pdf


 

【1日目】

■ピアノで歌うボカロふるさとライブ

ミクの歌唱に合わせてミク(のコスプレをしたエハミックさん)が
ピアノの弾き語りを行うという、ある意味現代アート的な趣のあるライブ。
事前にリアルタイム入力で打ち込んだミク歌唱に即興でピアノを当てるという
技術面も素晴らしいのですが、春から季節をひとめぐりして
「ふるさと」で締めるという選曲内容も心を打つものがありました。

■プロジェクションライブ(ポリッドスクリーン)

会場の盛り上がりとしては序盤&後半のミクさんに分があったのですが、
個人的には中盤のIAさんの「チルドレンレコード」「ヘッドフォンアクター」での
ライブステージの照明を意識した光の演出がすごく好きでした。

これらの曲って性質上、生半可な演出だと曲に食われるんです。
(つまり、目の前で歌うIAさんではなく、カゲプロキャラのほうが頭に浮かんでしまう)
ただ今回の照明演出にはとても臨場感や没入感があり、
「IAさんがシンガーとしてライブしている」ことを強く印象付けるものに仕上がっていました。
イスがなかったら最前列でモッシュしてた。

今回は簡易スクリーンを用いたライブ企画が多数あったのですが、
ここ2年ほどで、「どういうスクリーンを作るか」から
「作ったスクリーンを使ってどんなライブをするか」に焦点が移ってきた気がします。
下地は揃ってきたので、コンテンツの企画が問われるというところでしょうか。

 

■VOCACON de DIVA

スクリーンの大画面でProject DIVAをみんなで遊ぼうという企画です。
大学時代のゲームサークルを思い出しました。

PSPだと無理だったextendの「初音ミクの激唱」EXTREMEが
アーケードっぽいコントローラーのおかげで
クリアできました。本当にありがとうございました。

■手作りボカロ楽器/ガジェットの展示・演奏会

手作り楽器によるセッションライブが面白かったです。
昔のテレビ番組で、ストローとか色んな物を楽器にした人が集まって
セッションするみたいなものを見た気がするのですが、
感覚としてはそれに近いものを覚えました。
つたないながらも、独特な一体感をとても感じるものでした。

■ぼくのかんがえたさいきょうのコンテンツ戦略

ねとらぼ松岡氏によるトークセッション。
データを積み重ねて、日本のポップカルチャー戦略を
導き出すというプレゼンで、非常に納得感がありました。

■ゆかり温泉

今回のMVPではないかともっぱら話題の深夜企画。
詳細は前述のねとらぼ松岡氏による記事が詳しいのでそちらを参照。

すごく よかった です

「これって、もはや歌声合成と関係あるのだろうか…w」とも思ったのですが、
よくよく考えると、「VOICEROIDの声」というところをメインに置きながら
そこに嗅覚や視覚による世界観を加えることで、
「キャラの姿を一切出さずにキャラクターを感じさせる」という
実は歌声合成やボカロを考えるうえで本質的なところに
迫っていた企画なのかもしれません。


 

【2日目】

■作詞が苦手な人のための作詞講座

アラフィフボカロP、P-Decさんによるトークセッションです。
ビジネス文章を作るように、理詰めで歌詞を構築していくやり方を
ご説明されていました。
Excelでフォーマットを作って、ストーリーからキーワードを出し、
そこから歌詞に落とし込んでいく手法は参考になります。

私も似たようなことやっていて、凡人が曲を作るには理詰めしかないと
『ボカロビギナーズ!』でたびたび主張していた身として、
色々うなづきながら見ていました。

最後10分のこれからの歌詞に関する考察も面白かったです。

トークセッションの様子はご本人により公開されています。

■ボカロコンピレーションCDのつくりかた

全体的にスケジュールが押し気味で
準備時間が短かったり、他の講演と一部時間が被ったりと
色々あったのですが、無事オンタイムで進行させましたw

終始リラックスして楽しみながら進行できた気がします。
最終的には30名ほどの方にいらして頂けました。
足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。

改めて、当日トークセッションに使用した資料はこちらからどうぞ

 

■間と舞 -邦楽MEETS VOCALOID-

純邦楽による「千本桜」がとにかく衝撃でした。
ぜひ動画での公開を希望します。色んな方に聴いてほしい。
ただ、独特の張り詰めた空気感はその場にいないと
わからないものだったかもしれません。

■ハイパーボカロinつま恋

エハミックさん、石黒千尋さん、tamachang氏、結月ゆかりによるライブ。
2曲目に披露されたのは、『THE GREATEST 90’z』に提供していただいた
エハミックさんの楽曲「1990s」でした。
ゆかりさんの中の人に歌っていただいて、素敵な映像もついて、
コンピCD主催としてのひそかな喜びを噛みしめていました。

 

■ボカロと一緒に歌ってみた・歌ってみよう

KAITOの中の人である風雅なおとさんが登場して、
スクリーンでボカロと共演しながら「カンタレラ」や「上弦の月」を熱唱。
これの素晴らしいのは、スクリーンの内側で風雅さんが歌っていること。
そして最後は会場全体で「卑怯戦隊うろたんだー」を一緒に歌いました。

こんなに感動する「うろたんだー」をかつて私は聴いたことがない。
卑怯すぎる。
まさに大団円、イベントの最後にふさわしい内容でした。

みんな目的や手段はそれぞれ違えど、
ボカロやそれに関わる技術などに対する熱い想いを持っていて
それを形にしているのが素晴らしいと感じました。
前回もそうだったのですが、創作意欲を刺激されるイベントです。

次回も開催されたらぜひ参加したいですね。
鏡音成分の補給や、最近のヒット曲を楽しんでいる層も、参加者として
取り込めるような企画もあったら(持ち込めたら)いいかなーとは思っています。

アンメルツPの2014年私的ボカロ曲10選 #2014年ボカロ10選 #2014年ボカロ曲10選

ボカロ界隈年末恒例、今年聴いた曲のベスト10を発表する企画です。
曲順は発表順に並べています。

2013年の10選はこちらです。
http://www.gcmstyle.com/2013/12/28/359/

 

【初音ミク】Our Song【オリジナル曲】

Wonder-Kさん
人ならざる存在が紡ぐ、人間賛歌。
心が熱くなるバラードナンバーです。
DAIMでのレビューはこちら

 

BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」

BUMP OF CHICKEN / ミク調声:kzさん
私が浴びてきた音楽の歴史が、ついに繋がりました。

 

鏡音レンオリジナル : ミュージックおじさん

nimo@さん
かけがえのない人達を笑顔にするための、普通のおじさんの音楽。
これも無垢な明るい曲調が好きです。
DAIMでのレビューはこちら

 

【鏡音リン・レン】 ハリネズミ*Distance 【オリジナル曲】

清 -saya- さん
距離感を絶妙に表現する、リンレンの美しいコーラスワーク。
「RINLENMANIA7」でお借りしました。
DAIMでのレビューはこちら

 

【初音ミク】エイリアン・エイリアン・エイリアン【オリジナル曲】

MSSサウンドシステムさん、松傘さん
ミックホップは一歩引いた所から見ていますが、これは衝撃でした。

 

【鏡音リン】Weep【オリジナルPV付】
 
イズレさん
今年ひとつだけ選ぶならこれ。美しい激情の表現に感動しました。
「RINLENMANIA7」でお借りしました。

 

「ブラックマイン」 song:鏡音レン

rokugatsu(ここ狭いP)さん
レンの低音で綴る独白。
派手な盛り上がりはないけど、深く深く心を捉えて離さない。
「RINLENMANIA7」でお借りしました。
DAIMでのレビューはこちら

 

【flower】「曖昧劣情Lover」【オリジナル】

電ポルP
新ボカロは、声色が自然に馴染むまでの試行錯誤を経て定番になっていきますが
これはそれがぴったりハマったひとつの分岐点だと思います。

 

ミルキーウェイがけせない/mint* feat.IA

mint*さん(調声:攻さん)
氏は「夏影レミニセンス」など鏡音曲も大好きですが、
今年一番氏の曲で個人的にヒットしたのはこれ。
こういうポップで心がときめくメロディを自分も作ってみたい。

 

【鏡音リン】 u 【オリジナル曲】

shrさん
まさにshrさん節の集大成。繊細に調声されたリンが魅力的。
時代が変わっても聴き返したくなるような、スタンダードなポップスです。

今年は、自分で作る曲にしろ人の曲にしろ
例年にも増して明るいメロディが好みになった気がします。

この10曲以外にも、今年「RINLENMANIA7」で
お借りした曲はどれも聴き込んでおり例外なく好きな曲です。

また、11月に出した鏡音バラードソング集『ふたりのねがい』の収録曲は
いずれも自信を持ってお届けできる曲ばかりです!
http://www.gcmstyle.com/rl_ballad/

来年も沢山いい曲に出会い、そして作っていきたいですね!
みなさま良いお年を。

Top