G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

アンメルツP celebrate 鏡音リン・レン 「us」歌詞

「us」
作詞/作曲/編曲:アンメルツP
歌:鏡音リン・レン V4X

>

歌詞は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>>



アンメルツPの鏡音生誕祭2017&冬コミ(C93)まとめ

鏡音リン・レン、10周年おめでとうございます!
数え切れない思い出をありがとう。
そしてこれからの10年もよろしくお願いします。

鏡音楽曲メドレー「RINLENMANIA 10」投稿

今年も無事に多くの方々のご協力のもと、公開することができました。

気に入った楽曲がございましたら、
どうかぜひ原曲動画で改めてお聞きください! 
今年は鏡音10周年で10年間の幅広い曲に注目が集まっているのですが、
直近1年間の曲もこんなに凄い!ということが伝わればと思います。

オリジナル曲「us」投稿

鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』の収録曲です。
10年間、人々の思いを託され続けてきた鏡音という大きな存在を描きました。

Dios/シグナルPのマスタリングによるCD音源でお届けします。
イラストはあえて「キャラクターとしての鏡音」は用意しておりませんが、曲を聴いて頂ければ「概念としての鏡音」を感じて頂けるものと思います。
あなたが思い描いた世界がこの楽曲のイラストです。

翠葉さんの鏡音ショートPV集でお手伝い

ひなた春花さんの楽曲「ナゾトキ」と「ナゾカケ」の音源のつなぎで
お手伝いさせて頂きました。
とても素敵なPVになっております。
他の楽曲も力作ぞろいです!

LODESTAR発売、特典SONOCAにRLMで参加

特典SONOCAに鏡音曲ノンストップメドレーで参加しております。
全25(ふたご)曲、41分25秒(よいふたご)のメドレーとなっております。

メドレーの収録曲には動画サイト未公開のものもありますが、
すべてKARENT配信曲ですので、iTunes等の主要サービスで
購入・ストリーミング視聴ができるはずです。
気になった曲はぜひ原曲をたどってフルサイズでお聴きください。

特設ページも作って頂きました。ありがとうございます。

RINLENMANIA of KARENT LINEUP – presents by アンメルツP – | KARENT
http://karent.jp/special/rinlenmania

冬コミ1日目参加

スペースは東3ホールの「オ30b」となります。
鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』を頒布します!
15曲すべてが鏡音のために書かれた10周年記念作品です。
過去の鏡音コンピや個人CD、VST紹介同人誌『VST Lovers』も取り扱います。

また今回初頒布の参加作品がいくつかあります。

・オ23b「ギンユーシジン」様
『Milestone』1曲提供 3曲目「ロードローラー・スタンピード」

・Z32b「XM -Xenon Maiden-」様
『ANNIVERSARY』1曲提供 15曲目「使えない部下 悩める上司」

全てのお品書きは下記画像をご覧ください。
当日お待ちしております!

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」ネタバレあり解説

曲の(動画通りの)歌詞と基本的な解説はこちらをご覧ください。

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」歌詞
http://www.gcmstyle.com/2017/07/18/2063/

新曲「CV02依存症」投稿しました(ネタバレ無し解説)
http://www.gcmstyle.com/2017/07/20/2073/

こちらでは、主に以下のポイントを解説していきます。
・「日本語歌詞」「鏡音リン・レンの歌い分け」の答え合わせ
・歌詞についての補足説明
・動画演出についての補足説明

本文は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>>

ミク10周年!「ゆりかごのキミへ」動画投稿しました

今日8月31日は、初音ミク発売10周年となる節目の日です。
その前日夜となりますが、マジカルミライコンテストに応募した
「ゆりかごのキミへ」の動画を無事投稿することができました。

楽曲についてはピアプロへの投稿時に下の記事で一度お話しているので、
多少重複する部分もあるのですが、
実際に10周年を迎えたということで改めてまとめてみます。

マジカルミライコンテストに応募!「ゆりかごのキミヘ」 | G.C.M Records by アンメルツP
http://www.gcmstyle.com/2017/04/05/1987/

楽曲について改めて

曲調はちょっと2007年っぽい懐かしい雰囲気も織り交ぜつつ、
ストレートなポップロックになりました。
ライブでの盛り上がりも想定した感じになっています。

私も9年半ボカロPとして活動する中で、
創作仲間の方が結婚したり家庭を持つ、といった出来事もありました。
中にはボカロがきっかけで出逢った方もいらっしゃり、この歌は
そういった創作仲間の子供たちに捧げる歌という一面も持つことは
前回お話したとおりです。

人間の声に比べたら、初音ミク/VOCALOIDの声は確かに拙いかもしれない。
でも、その声が好きな人もいるし、
人間ではないことに魅力を感じる人もいて、愛されてここまで来た。

生身の人間も完璧ではないし、コンプレックスもある。
でも、ミクさんができたなら、きっと君にもできると思う…
そんなメッセージを込めた一曲です。

子供の頃や10代の頃の自分にこんな曲を聴かせられれば、
より希望を持って生きられたのだろうと思います。

まあ、ボカロPとして10年間ずっと主張してきたことの総まとめですね。
「前を向け」「自分が抱いた感情を信じよう」
「完璧じゃないからこそ仲間が集まる」…そんな感じの曲です。

前作(CV02依存症)とギャップがありすぎてすみませんが、
どちらもボカロの持つ一面ですので、どちらも真実です。

光と闇、両方の路線の曲を、
それぞれのボカロに非常に深い知識を持っている
絵師さんとコラボできてよかったです。

鏡音やルカさん、海外ボカロなどの曲を作ることが多くて、
ミクさんの曲はそれほど自分では作ってはいないのですが…
初音ミクが存在しなければ、
今に至るVOCALOIDの流れはやはり無かったと思わざるを得ません。
常に時代の先頭を行き、あらゆる風を受け続けた、偉大な存在だと思います。

10周年おめでとうございます!
これからもよろしくお願いします。

イラストについて

今回のイラストは、
「暖かく力強いメッセージを備えた曲の世界観を表現できる方」
「できれば10年ずっとボカロ(初音ミク)を見続けてきた方」
がふさわしいと思い、こころりPにお願いしました。

とにかくイラストのモチーフ一つ一つに
10年の想いが高密度で詰められています!
こんなものもあったなあと思いつつ歴史に触れてみてください!

mp3/カラオケファイル公開

コンテスト応募作という関係で、
ピアプロのほうではライセンスをつけずに投稿となっており
音源のダウンロードには個別の許諾が必要になっています。

ですが、コンテストも終了したということもあり
この機会にこちらでmp3とカラオケを公開したいと思います。

非営利目的&無償で、作者の氏名(アンメルツP)を表示して頂ければ
常識の範囲で使用はご自由にどうぞ。

「ゆりかごのキミへ」 mp3をダウンロード

「ゆりかごのキミへ」 カラオケmp3をダウンロード

新曲「CV02依存症」投稿しました(ネタバレ無し解説)

『心に闇を抱えたリンちゃんコンピ』の収録曲を投稿しました。
ボカロに調教されちゃったボカロPの歌です。

寝食を忘れて鏡音に没頭してしまう方、
それは依存症かもしれません。
まあ制限する必要はないのかもしれません。
すべては鏡音の思し召しですからね…

7/18の、鏡音Act2の9周年に合わせて投稿しました。
今までの自分にはあまり無かった攻撃的な実験作で、
おめでたくない曲調に聴こえるかもしれませんが、
自分の中ではとてもおめでたい曲です。

曲調と歌詞

曲調としては「m(__)m」でも一度やった感じではありますが
それをさらにダークにした、
BREAKCORE/SPEEDCORE的な何かだと思います。244BPM。
どっと押し寄せてくる音に処理が追いつかないという
ある種の快感を覚えるような感じで作ってみました。

歌詞については「聴いて感じてください」という一言なんですが、
やっぱり10年近くボカロに触れることで見えてくるものもあるし、
それは決して明るい面ばかりではない。
そんな闇成分のほうを凝縮して生まれた一曲です。

涼さんと私のコラボ作品だと「kagamination HEART」があって、
あの曲と言ってることが一見違う気もしますけど、
「ナイフは料理をするときにとても便利ですが人を刺すこともできます」という、単に両面からVOCALOIDというテーマを扱っただけであります。

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」歌詞
http://www.gcmstyle.com/2017/07/18/2063/

イラストと動画

この曲に関しては、鏡音やVOCALOIDの良いところも悪いところも
深く長く知っている方にお願いしたいと思い、
涼さんにイラストを描いて頂きました。

動画のイラストが公開されています。
動画内では見えづらかった背景にも様々なアイデアやネタが詰まっていますので、ぜひご覧ください!
背景に出演しているのはそう、鏡音廃のあなた自身です。

CV02依存症の動画の歌詞については、
半分くらいの部分は鏡音が日本人によくわかるようにと
彼らの言葉を日本語にわざわざ訳して表示してあげたみたいです。

サビの歌詞は、動画上では一見読めないですけど
ちゃんと読める作りになっています。

調声

歌っているのは「鏡音リン・レン」というよりも
「CV02」という得体の知れない何かという感じを出したかったので、
そういった調声をしています。

ケロケロ声も3サビの「露と消えるは~」のところも、
基本ボカロエディタ内で出来ることだけで出した声です。
ボカロの意志で出せる声、ということにこだわりました。

「闇リンコンピ」向けの曲なのでリンの比率が高いのですがレンも歌っています。
自信がある方はリン、レン、二人合唱のパート聴き分けに挑戦してください!
正直誰にも正解できない自信があります。

後ほど、リンレンの歌い分けや、さらに歌詞の深い解説をした
ネタバレ解説を上げようかなと思います。

【2017/9/10追記】ネタバレ解説をアップしました。

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」ネタバレあり解説
http://www.gcmstyle.com/2017/09/10/2265/

 

CV02依存症 by 涼(すずみ) on pixiv

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」歌詞

「CV02依存症」
作詞/作曲/編曲:アンメルツP
動画イラスト:涼(pixiv
歌:CV02(鏡音リン・レン)

歌詞は「続きを読む」からどうぞ。

曲の解説に関してはこちらをご覧ください。

新曲「CV02依存症」投稿しました(ネタバレ無し解説)
http://www.gcmstyle.com/2017/07/20/2073/

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」ネタバレあり解説
http://www.gcmstyle.com/2017/09/10/2265/

 

続きを読む >>>

マジカルミライコンテストに応募!「ゆりかごのキミヘ」

『マジカルミライ 2017』楽曲コンテスト開催!

2017年2月3日~4月3日(月)の応募期間で、
「初音ミク『マジカルミライ 2017』楽曲コンテストが開催されていました。
グランプリ受賞楽曲は、9月に開催される「マジカルミライ 2017」
ライブステージの1曲として演奏されるという企画です。

初音ミク「マジカルミライ 2017」楽曲コンテスト
http://magicalmirai.com/2017/contest/

 

そのコンテストに、
私アンメルツPも応募用の楽曲を作って参加しました!

piapro(ピアプロ)|オンガク「【初音ミクV4X】ゆりかごのキミヘ」
http://piapro.jp/t/Q1Yq

楽曲について

この楽曲のコンセプトは、
「『2017年の初音ミク』から『2007年の初音ミク』へ」
です。
今回の応募作品はおそらく未来に時間軸を置く作品が多いだろうと思い、
あえて逆説的なアプローチをしてみました。

普段は鏡音リン・レンや巡音ルカを歌わせることが多くて
初音ミクさんの曲を作るのは久々なんですが、
やはりミクは初期からボカロを扱う者にとってとても大事な存在です。

長くボカロPとして活動してきた私にとって、このコンセプトは
初音ミク10周年の折に絶対やってみたいものでした。
2017年の今だからできるキャラソンになっていると思います。

10年間色々あって、苦しいことも乗り越えてきた今のミクが、
2007年の生まれたばかりでいきなり注目を浴びることになった
ミクにアドバイスするなら…という歌です。

思い起こせば10年間常に色々あった記憶しかないのですが
その度に強くなっていく初音ミク・VOCALOIDの可能性には
常に驚かされ続けています。

また、ボカロPとして活動してきたこの長い期間で、
創作仲間の方が結婚したり家庭を持つ、といった出来事もありました。
中にはボカロがきっかけで一緒になったという方もいらっしゃいます。
この歌は、そういった創作仲間の子供たちに捧げる歌でもあります。

曲調は王道ど真ん中のポップロックでいってみました。
2007年のヒット曲を色々意識した部分もあります。

調声に関しては、力強さを意識してハキハキと歌わせてみました。
無闇にピッチベンドいじらないほうがミクらしい綺麗な歌い方をするので
ピッチベンドの変化はアクセント程度にしました。

最終的には500曲以上集まった大激戦となりました。
私の集大成的なものになったと思うので、ある程度の自信は持っていますが
やりきった感はあるので、これで落ちても後悔は無いです。
(もうちょっと時間があればミックス面をさらに詰めたかったけど)

落選だった場合は、8/31のミク10周年合わせでの動画公開を目指します。

新曲「プレミアサポーター」公開しました

 

12月24日はリンレンV4Xの誕生日ということで、1周年記念に公開しました。
最新アルバム『with you』からの一曲です。

この曲は、誕生日のサプライズライブのためにうちの鏡音が作ったという設定の楽曲となっており、
アンメルツP家の鏡音のキャラクターソングともいえる一曲です。

曲調はアップテンポなダンスポップです。
私の曲や企画をいつも支えてくださる方に感謝を込めて。

ちなみに、元々は2年前の仮想音ゲー予告PVの主題歌として書いたもので、
今回はこれがV4X&フルサイズになったものです。

イラストは、その2年前の仮想ゲーム企画で主催をなさっていた
かなみさんにお願いしました。
とても楽しそうなライブを演出してくださいました!
かなみさんの描く鏡音はほんとに「VOCALOID鏡音リン・レン」という感じがして素敵です。

 

秋、水着、ラテンポップ!新曲「ヨコシマサンセット」

【鏡音リン しましまビキニ】ヨコシマサンセット【二次創作イメソン】

『Project DIVA』シリーズ登場のモジュール「しましまビキニ」から二次創作した楽曲です。
SEGA様および楽曲本家様(サマーアイドル)の公式設定ではありません。

曲調は一度やってみたかった哀愁系のラテンポップです。
楽曲本家様の歌詞に出てくる言葉も意識しつつ、
まったく曲調の異なるものに仕上げました。

ボーカルはリンV4XでいつものBRIを上げて張った声です。
情熱や哀愁を感じるものに仕上がっていればと思います。

今回のイラストは、秋戸さんにお願いしました。
2枚描き下ろして頂いたのですが、メインのイラストは切なさを、
後半に登場するイラストは可愛さやフレッシュさを感じるものになっていると思います。
お忙しい中タイトルロゴも作って頂きとても助かりました。

この曲は、10/2に名古屋で開催されるモジュパラ(ボーパラ併催)の
スペース「D-21,22」で初頒布となる
もじゅみねイメージソングコンピ『staRLights 2nd』に収録されています。
他にも素敵な二次創作曲が沢山あるのでぜひ。

私自身は同じくボーパラ併催のカゲプロオンリーイベント「カゲパラ2」に参加しています。
週末にお会いできる方はよろしくお願いします。

samfreeさんに捧ぐ曲「Endless Nightmare」

【巡音ルカ・GUMI他】 Endless Nightmare 【R.I.P. to samfree】

魂は消えても、音楽は消えない。

昨日新曲を投稿しました。
samfreeさんをオマージュしたユーロビート楽曲です。
巡音ルカV4XとGUMI Englishがメインで、鏡音リン・レンV4Xがコーラスです。
曲自体はアルバム製作期間だった今年の2月に作りましたが、
亡くなってちょうど1年の9月24日ということで、動画を公開させて頂きました。

日本語歌唱だとメッセージが少しきつい曲ということもあり、全編英語歌唱としています。
英語の実力上文法的なあれが多々あるとは存じますが、
それでも思いの一部は世界の人に伝えられたらと思います。

メイン歌唱はルカV4XとGUMI Englishです。
ルカの英語はV2ではちょっとのっぺり気味だったのが
かなり改善されて滑舌が良くなりました。発音記号色々いじっています。
逆にGUMIは発音が良すぎて逆にところどころ日本的な違和感があったので
それをちょっと修正とかもしたり。

イラストは「繊細な感情や、悲しくも芯の強いイメージを表現できる方」ということで、
「美しい名前」のレンカバーでもお世話になった59さんにお願いしました。

【イラスト提供】Endless Nightmare by 59 on pixiv

こちらの思いを深く汲み取って頂き、
モチーフのひとつひとつにも想いを込められて丁寧に描いて頂きました。

 

samfreeさんの想い出を振り返る | G.C.M Records by アンメルツP
http://www.gcmstyle.com/2015/10/02/1683/

samfreeさんに対する思いは沢山あって以前このブログにも書いたのですが、
投稿の2日後に作ったこれがあって
原曲を海外に広めるのに微力ながら貢献できていたかもという思いもありまして。
英語歌唱なのはその理由もあります。

【巡音ルカ&SweetAnn】 ルカルカ★ナイトフィーバー 英語歌詞カバー

全ての自作曲にはそれぞれに思い入れがあるのですが、
今回の曲はなによりsamfreeさんの曲が好きな方に届いてほしいと思います。 

Top