G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

おすすめVSTプラグイン紹介「Omnisphere 2」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第2回は、現在私の主力として使っている総合音源です。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」(ココ)
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:Omnisphere 2

価格:499ドル
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:Spectrasonics

Spectrasonics – Omnisphere 2 – What’s New

「1000回遊べるRPG」みたいな底知れない懐の深さ
持っているシンセサイザーです。

映画の効果音系に特に強いですが、
その他もシンセリードからパッド、8bit、鍵盤楽器系など、
どれもそつなくハイレベルで、これひとつあれば
シンセサイザーが必要な大抵の楽曲には事足ります。

空間系エフェクトがあまり深くかかってない音が多く、
自分の好みに加工しやすいのも良いです。

それだけ音が膨大だと普通は探すのが面倒なんですが、
このプラグインは検索機能がかなり考えて作られているのも魅力です。

特に便利なのが「Sound Match」という、
選択した音に近い別の音を表示してくれる機能で、
自分のイメージした音をとても快適に探すことができます。


▲Sound Match機能

プリセットの読み出しに若干時間がかかる重さが難点ではありますが、
それを補って余りある機能面の素晴らしさがあります。

このプラグインを使用した作品

アドベントチルドレン
[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/237826044″ params=”color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false” width=”100%” height=”166″ iframe=”true” /]

歌唱:鏡音リン・レン

冬を感じさせる90年代風ポップス。
0:15までのすべての音に加え、
ベル、パッド、シンセサイザーが「Omnisphere 2」の音です。

冬っぽい音を探すのがとても簡単にできたおかげで、
ワンコーラス+αのサイズのこの曲は6時間で作ることができました。

続きを読む >>>

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめVSTプラグイン紹介「KORG Collection M1(旧KORG Legacy Collection M1)」

本日から10日間ほど連続で、
2017年夏コミ新刊『VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!~』
自分で書いたVST(i)プラグインのレビューを、宣伝を兼ねて
こちらに転記・紹介していきたいと思います。
20個レビューを書いているので、うち半分の10個の紹介となりますね。

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に
使っているプラグインの紹介となります。
使った作品についても、レビューの後半で触れています。

第1回は、今ちょうど(2017/8/20まで)半額セールをやっているので
まさに買いどきなこちらのプラグインからです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」(ココ)
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:KORG Collection M1(旧名:KORG Legacy Collection M1)

価格:4,980円
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:KORG

KORG Collection for Mac/Win – SOFTWARE INSTRUMENTS | KORG (Japan)

90年代初頭にヒットしたKORGのハードシンセ「M1」を
メーカー自らソフトシンセ化したもので、
5,000円以下という安価で手に入る(しかも定期的に半額セールをする)音源としては
破格のコストパフォーマンスを誇ります。

シンセ・鍵盤楽器から生楽器系、SEに至るまであらゆる音が
一通り水準レベルで揃っているため、これひとつを導入するだけで
いわゆる「MIDIっぽい」「イオンっぽい」とも形容される
初心者の音から一歩抜け出すことができます。

私が購入したのは10年以上前で、
導入当時はほとんどこれだけでオケを作っていました。

当時より多くの音源を手に入れた今でも、
ピアノやベルの「いかにも90年代的なキラキラした音」は
とても魅力であり、曲作りのうえで手放すことができません。
あの時代の音が好きな方はぜひ。

このプラグインを使用した作品

Night Light Dance 2008

歌唱:Sweet Ann

2006 年に制作したインスト曲をVOCALOID に歌わせて
2008 年に発表した作品で、
ボカロと爆発音SE 以外はすべてM1 で作っています。

この当時はミックスやマスタリングという言葉も知らなかったので
オケの構成音はほとんどシンセから出ている素のままです。
かえってどんな音が出るのか分かり易いかもしれません。

SMALL 1995 ROOMS

歌唱:鏡音リン・レン

こちらは2016 年に発表した、90 年代中盤の小室哲哉風の楽曲です。
ピアノ(プリセット名:Piano 16’)、うねうねしたベース(Acid3003Bass)、パッド(FrHrnWurld)、ベル(Digi-Tyne)の音にM1 を使用しています。

続きを読む >>>



夏コミ新刊『VST Lovers』発行します #vstlovers

8月11日(金・祝)開催の夏コミ1日目にて、
新刊『VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!』を頒布します。
総勢34名の楽曲制作者が、おすすめVSTプラグインを熱く語る
172ページの同人誌です!

↓クリックで特設ページに飛びます。

この本について

今回はずばり「ボカロP・DTMer向け」の本を作りました!

初心者向けという切り口では、2015 年末に発売された商業流通版『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM 入門』にて、自分にできることはある程度やり切ったという感覚を持っています。
そこで、次のテーマとして、曲作りの基本はある程度把握した方が、さらに楽曲のクオリティを高めたり、より快適に作業を行うためにはどのような知識があると助かるのか、というものを考えた結果、今回の「VST(i) プラグインの紹介本」の制作に至りました。

特徴

『VST Lovers』では、「実際に作品に使用したVSTプラグインを後から振り返ったときに、役に立ったと思うもの」を参加者の皆様に紹介・レビュー頂きました。
「他の人はどんなプラグインを使っているのか?」という制作者の
疑問に、答えのヒントを与える一冊となれば幸いです。

また、「プラグインを実際に使った曲」がわかるのも特徴のひとつです。
VSTプラグインの紹介文と共に、曲名・URLと
曲のどこにプラグインを使ったかという情報を多く掲載。
作品の大半は、ニコニコ動画やYouTubeなど
ネット上で無料で聴けるものとなっています。

お一人につき3~10個のVSTプラグインをご紹介頂いております。
主催は主催権限で20個書きました。
自分で紹介した20個のうち、半分の10個くらいは宣伝も兼ねて
このブログに紹介文を上げていこうかなと考えています。

特設ページで18ページ分の無料サンプルPDFを読めますので、
内容が気になる方はぜひどうぞ!

関係者の声(一部)

終わりに

この本が、新たなプラグインとの出会いや、
手持ちのプラグインの魅力の再発見のきっかけになれば幸いです。
そして、結果として日々の創作活動がより充実したものになれば、
これほど嬉しいことはありません。

初頒布は夏コミ1日目ですが、ボーパラや鏡音しおり!など
その他の同人イベントなどでも頒布をしていきます。
通販はとらのあな、COMIC ZIN、BOOTHで行う予定です。

ずっと暖めていたアイデアがようやく形になりそうで嬉しいです。
引き続き、夏コミに向けた準備など進めていきたいと思います。

Top