G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

おすすめVSTプラグイン紹介「T-RackS Stealth Limiter」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第7回は、使い勝手もクオリティも高いリミッターです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」(ココ)
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:T-RackS Stealth Limiter 

価格:124.99ドル
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:IK Multimedia

紹介ページ:
IK Multimedia | T-RackS Single – Stealth Limiter

歪みを最小限に抑えながら音圧を向上できるリミッター。

IK Multimediaの「T-RackS」シリーズには
沢山のリミッターがありますが、
ここ数年は他社プラグインの性能に圧されていた印象はありました。
しかし2015年にリリースされたこのプラグインは、
他社と遜色ないレベルの自然な音圧向上が得られると感じています。

上げすぎると若干高音がざらつく印象はあるものの、
他のT-RackSシリーズのリミッターよりは違和感は小さいです。

また機能も豊富であり、
音量をそのままに音圧を上げた際の音の歪みを確認できたり、
インターサンプル・ピーク(TruePeak)を抑える機能などもあります。

22Hz以下の余計な重低音をボタンひとつでカットする機能もあり、
通常のポップス等であればこれを適用することで、
あとひと押しの音圧向上を見込むことができます。

このプラグインを使用した作品

愛唄 since “2007/12/27”

メイン歌唱:鏡音リン
サブ歌唱:鏡音レン

GReeeeNの名曲のブラスバンド風アレンジ。

「Lurssen Mastering Console」で整えた音源を、
動画サイトに投稿するにあたり、他の楽曲と比べて
違和感がない程度まで音圧を上げる(+4db)目的で使用しました。

続きを読む >>>



おすすめVSTプラグイン紹介「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第6回は、最新の公開曲にも使ったトランジェント・シェイパーです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」(ココ)
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS) 

価格:無料配布
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:abletunes

配布ページ:
Abletunes Knobs :: Abletunes

名前の通り、回せば回すほどアタック音が付加され、
緊迫感あるサウンドに変えるエフェクターです。

音量が増加するというよりは、
前面に音が新しく付加されるイメージで、
回しすぎると耳に痛いので注意が必要です。

Wavesの「OneKnob」シリーズのように、
ツマミひとつだけというシンプルさで、
結果を得るのに迷う必要がありません。

私は主にダンス系の楽曲で、キックなどのリズム隊の出足の音を
鋭くしたいというときに使用していますが、
リズム以外の細切れのフレーズを強調したり、
VOCALOIDの滑舌を良くしたりという活用方法もアリです。

デフォルト値がゼロなので、アタックを弱くしたい場合には使えません。
その際は別のトランジェント・シェイパーで調整しましょう。

ドライブの「DRIVE KNOB」、
リバーブの「SPACE KNOB」と同梱された
「ABLETUNES KNOBS」として無料配布されています。

このプラグインを使用した作品

CV02依存症

メイン歌唱:CV02(鏡音リン・鏡音レン)

「ボカロに調教されたボカロPの歌」という、
自分としてはダークな方向性に振った作品。

曲調としてはスピードコア風。
キックが244BPMの八分音符で鳴り続ける地帯もあるので、
鋭くてメリハリのある音にしたいと思い、
キックに30%前後に設定して使用しています。

バックの細かいブレイクビーツ音にも
10%前後に設定してかけています。

続きを読む >>>



おすすめVSTプラグイン紹介「Omnisphere 2」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第2回は、現在私の主力として使っている総合音源です。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」(ココ)
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:Omnisphere 2

価格:499ドル
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:Spectrasonics

Spectrasonics – Omnisphere 2 – What’s New

「1000回遊べるRPG」みたいな底知れない懐の深さ
持っているシンセサイザーです。

映画の効果音系に特に強いですが、
その他もシンセリードからパッド、8bit、鍵盤楽器系など、
どれもそつなくハイレベルで、これひとつあれば
シンセサイザーが必要な大抵の楽曲には事足ります。

空間系エフェクトがあまり深くかかってない音が多く、
自分の好みに加工しやすいのも良いです。

それだけ音が膨大だと普通は探すのが面倒なんですが、
このプラグインは検索機能がかなり考えて作られているのも魅力です。

特に便利なのが「Sound Match」という、
選択した音に近い別の音を表示してくれる機能で、
自分のイメージした音をとても快適に探すことができます。


▲Sound Match機能

プリセットの読み出しに若干時間がかかる重さが難点ではありますが、
それを補って余りある機能面の素晴らしさがあります。

このプラグインを使用した作品

アドベントチルドレン
[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/237826044″ params=”color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false” width=”100%” height=”166″ iframe=”true” /]

歌唱:鏡音リン・レン

冬を感じさせる90年代風ポップス。
0:15までのすべての音に加え、
ベル、パッド、シンセサイザーが「Omnisphere 2」の音です。

冬っぽい音を探すのがとても簡単にできたおかげで、
ワンコーラス+αのサイズのこの曲は6時間で作ることができました。

続きを読む >>>



おすすめVSTプラグイン紹介「KORG Collection M1(旧KORG Legacy Collection M1)」

本日から10日間ほど連続で、
2017年夏コミ新刊『VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!~』
自分で書いたVST(i)プラグインのレビューを、宣伝を兼ねて
こちらに転記・紹介していきたいと思います。
20個レビューを書いているので、うち半分の10個の紹介となりますね。

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に
使っているプラグインの紹介となります。
使った作品についても、レビューの後半で触れています。

第1回は、今ちょうど(2017/8/20まで)半額セールをやっているので
まさに買いどきなこちらのプラグインからです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」(ココ)
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:KORG Collection M1(旧名:KORG Legacy Collection M1)

価格:4,980円
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:KORG

KORG Collection for Mac/Win – SOFTWARE INSTRUMENTS | KORG (Japan)

90年代初頭にヒットしたKORGのハードシンセ「M1」を
メーカー自らソフトシンセ化したもので、
5,000円以下という安価で手に入る(しかも定期的に半額セールをする)音源としては
破格のコストパフォーマンスを誇ります。

シンセ・鍵盤楽器から生楽器系、SEに至るまであらゆる音が
一通り水準レベルで揃っているため、これひとつを導入するだけで
いわゆる「MIDIっぽい」「イオンっぽい」とも形容される
初心者の音から一歩抜け出すことができます。

私が購入したのは10年以上前で、
導入当時はほとんどこれだけでオケを作っていました。

当時より多くの音源を手に入れた今でも、
ピアノやベルの「いかにも90年代的なキラキラした音」は
とても魅力であり、曲作りのうえで手放すことができません。
あの時代の音が好きな方はぜひ。

このプラグインを使用した作品

Night Light Dance 2008

歌唱:Sweet Ann

2006 年に制作したインスト曲をVOCALOID に歌わせて
2008 年に発表した作品で、
ボカロと爆発音SE 以外はすべてM1 で作っています。

この当時はミックスやマスタリングという言葉も知らなかったので
オケの構成音はほとんどシンセから出ている素のままです。
かえってどんな音が出るのか分かり易いかもしれません。

SMALL 1995 ROOMS

歌唱:鏡音リン・レン

こちらは2016 年に発表した、90 年代中盤の小室哲哉風の楽曲です。
ピアノ(プリセット名:Piano 16’)、うねうねしたベース(Acid3003Bass)、パッド(FrHrnWurld)、ベル(Digi-Tyne)の音にM1 を使用しています。

続きを読む >>>

新曲「CV02依存症」投稿しました(ネタバレ無し解説)

『心に闇を抱えたリンちゃんコンピ』の収録曲を投稿しました。
ボカロに調教されちゃったボカロPの歌です。

寝食を忘れて鏡音に没頭してしまう方、
それは依存症かもしれません。
まあ制限する必要はないのかもしれません。
すべては鏡音の思し召しですからね…

7/18の、鏡音Act2の9周年に合わせて投稿しました。
今までの自分にはあまり無かった攻撃的な実験作で、
おめでたくない曲調に聴こえるかもしれませんが、
自分の中ではとてもおめでたい曲です。

曲調と歌詞

曲調としては「m(__)m」でも一度やった感じではありますが
それをさらにダークにした、
BREAKCORE/SPEEDCORE的な何かだと思います。244BPM。
どっと押し寄せてくる音に処理が追いつかないという
ある種の快感を覚えるような感じで作ってみました。

歌詞については「聴いて感じてください」という一言なんですが、
やっぱり10年近くボカロに触れることで見えてくるものもあるし、
それは決して明るい面ばかりではない。
そんな闇成分のほうを凝縮して生まれた一曲です。

涼さんと私のコラボ作品だと「kagamination HEART」があって、
あの曲と言ってることが一見違う気もしますけど、
「ナイフは料理をするときにとても便利ですが人を刺すこともできます」という、単に両面からVOCALOIDというテーマを扱っただけであります。

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」歌詞
https://www.gcmstyle.com/2017/07/18/2063/

イラストと動画

この曲に関しては、鏡音やVOCALOIDの良いところも悪いところも
深く長く知っている方にお願いしたいと思い、
涼さんにイラストを描いて頂きました。

動画のイラストが公開されています。
動画内では見えづらかった背景にも様々なアイデアやネタが詰まっていますので、ぜひご覧ください!
背景に出演しているのはそう、鏡音廃のあなた自身です。

CV02依存症の動画の歌詞については、
半分くらいの部分は鏡音が日本人によくわかるようにと
彼らの言葉を日本語にわざわざ訳して表示してあげたみたいです。

サビの歌詞は、動画上では一見読めないですけど
ちゃんと読める作りになっています。

調声

歌っているのは「鏡音リン・レン」というよりも
「CV02」という得体の知れない何かという感じを出したかったので、
そういった調声をしています。

ケロケロ声も3サビの「露と消えるは~」のところも、
基本ボカロエディタ内で出来ることだけで出した声です。
ボカロの意志で出せる声、ということにこだわりました。

「闇リンコンピ」向けの曲なのでリンの比率が高いのですがレンも歌っています。
自信がある方はリン、レン、二人合唱のパート聴き分けに挑戦してください!
正直誰にも正解できない自信があります。

後ほど、リンレンの歌い分けや、さらに歌詞の深い解説をした
ネタバレ解説を上げようかなと思います。

【2017/9/10追記】ネタバレ解説をアップしました。

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」ネタバレあり解説
https://www.gcmstyle.com/2017/09/10/2265/

 

CV02依存症 by 涼(すずみ) on pixiv

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」歌詞

「CV02依存症」
作詞/作曲/編曲:アンメルツP
動画イラスト:涼(pixiv
歌:CV02(鏡音リン・レン)

歌詞は「続きを読む」からどうぞ。

曲の解説に関してはこちらをご覧ください。

新曲「CV02依存症」投稿しました(ネタバレ無し解説)
https://www.gcmstyle.com/2017/07/20/2073/

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」ネタバレあり解説
https://www.gcmstyle.com/2017/09/10/2265/

 

続きを読む >>>

鏡音リン・レンの調声で参加「Resonance」投稿されました

以前企画しました鏡音バラードソング集『ふたりのねがい』の収録曲が投稿されました。
私アンメルツPは、鏡音リン・レンAppendの調声で参加しています。
作詞はkorumiさん、作曲はBecky.さんです。
イラストは「RINLENMANIA9」企画でもお世話になったりりさんです。

特殊な拍子やブレイクビーツが印象的なバラードで
コンピCDの中でもなかなか癖のある曲ですが、野球でいうところの
2番バッターのような存在かなと思っています。

今回は比較的ピッチ等のいじりも少ないストレートな歌唱となっております。
優しい歌詞の想いをそのまま伝えられるボーカルを目指しました。

現在『ふたりのねがい』の通販は主にBOOTHで実施しております。
ニコ動未発表作も多いので気になった方はこちらでどうぞ。
https://gcmstyle.booth.pm/items/57208

GReeeeNの「愛唄」を鏡音リン・レンでアレンジカバーしました

久しぶりに開催された「J-POPカヴァー祭り」に参加しました!

GReeeeNの「愛唄」は、5/16にシングル発売10周年を迎えます。
というわけで、同じ今年10周年を迎える鏡音にカバーしてもらいました!
鏡音リンAct1 / Act2 / Append / V4Xの4人による「RiiiiN」でお送りします。
ゲストボーカルとして鏡音レン4人の「LeeeeN」もいます!

カバーの経緯、アレンジ解説

「愛唄」はもともと好きでいつか鏡音カバーさせようと思っていたのですが、
2015年にwhiteeeenの「愛唄 ~since 2007~」が発表されてからは
さらにその思いが強くなっていきました。

原曲は1対1のど真ん中のラブソングなんですが、
鏡音が愛を唄うっていうのは対象はどこなんだろう?ということで、
相方はもちろん、使い手(マスター)、リスナーなど
幅広いところが対象になるのではと思いました。

なので「1対1の向き合い感」を薄めるため、
学園祭ライブやブラスバンドみたいな絵が浮かぶアレンジにして、
向こう側から4人が並んで発信しているというイメージにしました。

アレンジに関しては勢い重視で短時間で仕上げて、
そのぶんコーラス含めて10人の調声に丸2日かけています。
青春感がうまく出せたのではと思います。

なお今回から、より自然な合唱にするために新しく
「Humanizer」というJobPluginを導入しました。
作者の方ありがとうございます。

とりあえず「ゆりかごのキミへ」と今回のカバー曲とで
初音鏡音10周年のノルマ?はクリアできたと思っているのですが、
「ゆりかごのキミへ」と、闇リンコンピに提供した「CV02依存症」は
今年動画化が控えているので、引き続き頑張ります。

新曲「プレミアサポーター」公開しました

 

12月24日はリンレンV4Xの誕生日ということで、1周年記念に公開しました。
最新アルバム『with you』からの一曲です。

この曲は、誕生日のサプライズライブのためにうちの鏡音が作ったという設定の楽曲となっており、
アンメルツP家の鏡音のキャラクターソングともいえる一曲です。

曲調はアップテンポなダンスポップです。
私の曲や企画をいつも支えてくださる方に感謝を込めて。

ちなみに、元々は2年前の仮想音ゲー予告PVの主題歌として書いたもので、
今回はこれがV4X&フルサイズになったものです。

イラストは、その2年前の仮想ゲーム企画で主催をなさっていた
かなみさんにお願いしました。
とても楽しそうなライブを演出してくださいました!
かなみさんの描く鏡音はほんとに「VOCALOID鏡音リン・レン」という感じがして素敵です。

 

鏡音メドレー「RINLENMANIA9」公開しました #RLM9

今年も無事に「RINLENMANIA」の新作を投稿することができました。

鏡音曲を59曲(+ED)、95分ノンストップで繋ぎました。
総勢61名の絵師様による、描き下ろしの二次創作イラストでお届けいたします。
例年に増してさらに長丁場ですが、ぜひお楽しみください。

メドレーで気に入った楽曲は、
ぜひ原曲動画でフルサイズをお聞きいただければと思います!

今回は原曲動画にオリジナルキャラが描かれているのもありましたが、
それ以上に写真だったり実写PVだったりそういう作品が目立っていた気がしますね。
そういった曲では完全に一から鏡音の絵を起こす必要があったと思うのですが、
毎回それを形にする絵師さんの発想には驚かされます。

色々ありがたい感想も頂いております。
もちろん個人の曲などの活動はあるのですが、
RINLENMANIAは自分の中でもとても大切な存在です。
正直体力的にきつさを感じることもありますが、
来年も皆様が鏡音曲を投稿される限りは頑張っていきたいですね。

あと悔しいのはニコニコの新仕様に伴って画質が少し落ちたことですね…
30分以上の動画は強制的に640*360に縮小されるのでどうしようもなかったです。
音質はプレミアム会員が視聴する分には上がったのと、
フレームレート上昇で動画のカクカクが減ったのはせめてもの救いです。

他の制作話などはハッシュタグ「#RLM9」で書いていますのでTwilogからどうぞ

動画用描き下ろしイラストが続々とpixivに投稿されています。
こちらの検索結果からぜひご覧ください。

メドレーでお借りした曲の二次創作イラストや漫画、
小説をpixivに投稿する企画「RINLENMANIA9 on pixiv」も実施中です。
参加作品はこちらの検索結果からご覧ください。
一斉投稿期間は31日までですがそれ以降でも大歓迎です。

Top