新曲「使えない部下 悩める上司/鏡音リン・レン」投稿しました | G.C.M Records by アンメルツP

G.C.M Records ボカロP「アンメルツP」(gcmstyle/安溶二)情報発信サイト

新曲「使えない部下 悩める上司/鏡音リン・レン」投稿しました

スポンサーリンク

先日のルカさんに引き続き、今度は鏡音で動画を投稿しました。

半年前に制作した曲ですが、ようやく動画として形になりました。
イラスト・るみあさん、動画のkorumiさんともすごく頑張ったので
ぜひ動画でご覧頂けると嬉しいです!

20187月1日に開催される「鏡音PARADISE」で頒布する
新作フルアルバム『us』の収録曲となります。

楽曲について

主催したコンピレーションCD、鏡音キャラソン集『gLoR10us』の制作と
同時期に制作することになり、
鏡音10周年を祝う真面目な曲は『gLoR10us』に収録した「us」でやったので、
全く別の方向性のものを作ろうと思い、制作を始めました。

鏡音の掛け合いが楽しい曲を作ろうということで
korumiさんに具体的なストーリーはお任せする形で歌詞を先に作って頂き、
それにあとから曲をつけていきました。

作詞のkorumiさんのブログはこちらです。
【作詞と動画・ロゴ作成】使えない部下 悩める上司

職場のコミュニケーション不全と働き方改革という日本社会の構造について
視聴者に投げかける問題作…は冗談としてw、
発売から10年経って社会人になった鏡音ファンも多いかと多いと思うので、
そのような方に動画見て単純に草生やしたりして楽しんでもらいたいです!
もちろん学生の方にも。

曲は、ドタバタなコメディ感が伝わるスカ(VOCASKA)仕立てとなっております。

スカパラみたいなブラスを押し出したポップなロックをやりたいと思い、
「純情ハービヴォー」などkorumiさん作詞・私がボカロ調声を行った
Becky.さんの楽曲の路線も少し意識しつつ、
VOCASKAって人気のわりには供給少ないよねってことで挑戦してみました。

ブラスという楽器はカッコ良さと気の抜けた感・ダサさが両方出せるのでとても好きです。

VOCALOID調声について

今回はリン・レンともにV4Xに歌ってもらいました。

レンはイキっているけどヘタレな社員というイメージで、
ピッチベンドやグロウルをたくさん使いながら感情豊かに。

リンはできる上司なので少しGEN(ジェンダーファクター)を上げて大人っぽい声にして
レンとは対象的に感情を抑えた調声を心がけました。

ただし最後の動揺している部分には感情を込めています。
(特に「キモチィィ↑↑ワルイィィ!!!」の部分w)

動画について

動画に関しては主にkorumiさんと、イラストのるみあさんが綿密に打ち合わせて作っていく
スタイルで完成しました。
こちらからの指定は「ドラムの音に合わせてバタバタ動かしてほしい」とかそういう
細かいところくらいだった気がします。

「社長」や「上司」などの配役はあらかじめ決まっていましたが、
「アイドル」だけが決まっていなかったのでどうなるんだろうと楽しみにしていましたが
音街ウナちゃんという絶妙な配役が決まってとても納得しました。

お二人のお力で楽しいものに仕上がっています。
特に後半以降のリンレンの表情がお気に入りです。

新入社員の皆様も、10年間仕事してきた中間管理職の方もぜひお楽しみください。

スポンサーリンク

次の記事「」へ

前の記事「」へ

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする

関連記事(一部広告含む)