LINEのトークルーム新機能「トークBGM」でボカロ曲を流す方法 | G.C.M Records by アンメルツP

G.C.M Records ロゴ
ボカロP「アンメルツP」の情報発信/活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作り続けて12年目。
ボカロ曲による同人CDの制作や、作曲・DTM初心者のための本の執筆もしています。

LINEのトークルーム新機能「トークBGM」でボカロ曲を流す方法

スポンサーリンク

お馴染みのメッセージアプリ「LINE」のトーク画面で曲を流せるようになりました。

LINEのトークルームに新機能、音楽が流せるように 「トークBGM」を本日より提供開始|LINE株式会社のプレスリリース

さすがにボカロクラスタでもLINEを入れていない人は近年は数少なくなりましたが、
長年ネット上の知人とSNSやSkypeでやりとりするのが主流のコミュニケーション手段だったため、
(あと情報リテラシーやセキュリティ意識の高い人も多いので)
続々と追加されるLINEの機能にそれほど詳しくない方もいらっしゃるかもしれません。
今回はこの機能について紹介をしていきたいと思います。

「トークBGM」で流せる曲について

流せる曲は「LINE MUSIC」で配信されている楽曲となっており、その性質上
再生には「LINE MUSIC」のアプリをインストールする必要があります。
ただし有料の会員登録などは行う必要はありません。

メジャーレーベルから出ているボカロCDや歌い手CDならそれなりに揃っているほか、
ボカロ曲の場合は、クリプトンの音楽レーベル「KARENT」や「ROUTER.FM」経由で全国配信されるものは
LINE MUSICにも配信されていますので、
(動画サイトに日々上がっている膨大な曲に比べるとほんの一部ですが)
そこそこ多くの楽曲を対象として設定できるはずです。

私の全国配信アルバムの楽曲も対象となっています。
※クリックでLINE MUSICに飛びます

「PARTY AnnMelts」
「with you -Web Edition-」
「us -Web Edition-」
「Galaxy Stage -Web Edition-」

KARENT(カレント):世界最大規模のボカロ楽曲レーベル
https://karent.jp/

ミュージシャンが世界で音楽を売るサービス「ROUTER.FM(ルーター)」
https://router.fm/

ちなみに「ROUTER.FM」は作り手の方はお金を払えば誰でも登録・配信できますが、
「KARENT」から配信されるにはクリプトンからの招待が必要です。(こちらは基本タダで配信できます)

LINE MUSICを使うのは若い世代が多く、ボカロ曲はそこそこ聴かれている印象があります。
私のストリーミングサイトの配信成績はApple Musicが圧倒的ではあるのですが、
LINE MUSICはAmazonと並んで二番手グループを争っている感じですね。(Spotifyは意外と使われていないようで…)

設定方法

設定画面を開く

まずはLINEのトークルームに入って一番右上のマークをタップして
出てくるメニューの中から「設定」をタップします。
1対1のトークでもグループトークでも操作する場所は同じです。

トーク設定から「BGM」をクリックします。
この段階で「LINE MUSIC」アプリが入っていないと、インストールを促される画面が出てきます。
機能を活用する際はおとなしくアプリを入れることにしましょう。

BGMを選ぶ

BGMを設定する画面で最初に表示されるのはランキングです。
見たところ、iTunesやSpotifyと同様にメジャーなアーティストは大抵押さえている感じではあります。
LINE MUSICの再生履歴やお気に入り機能とも連動しています。

右上の虫眼鏡のアイコンをクリックすると検索用の入力欄が出てきて、
曲名やアーティスト(ボカロP)名での検索が出てきます。

「初音ミク」「巡音ルカ」 などVOCALOIDの名前を入れても検索ができます。
KARENT登録曲はほぼ全てが曲名かアーティスト名にボカロ名が入っているため、
検索に無事かかってくれるというわけです。

ただし検索結果を並び替える機能はなさそうで、基本的には人気順で出てくると思ってください。
なおLINE MUSICのホーム画面からの検索では結果のソートができますので、
新しく配信になった曲を追い求めるタイプの人はまずそちらで検索したほうがよさそうです。

お目当ての曲が見つかったら、右側のチェックマークをタップして「完了」ボタンを押します。

無料会員の場合は、聴けるのはサビなどの数十秒の試聴部分になります。
作者的には楽曲登録の際に「聴かせたい区間1」として設定する部分ですね。
プレミアムプラン(有料会員) の場合、任意の場所からの再生ができます。

契約プランに応じてどっちかを選んで設定完了です。

設定したBGMを再生する

トーク設定に戻ると、このようにすでにBGM設定として
楽曲がセットされた状態になっています。

トーク画面に戻ります。

ここでひとつ注意事項です。
「BGM」という名前がついていますが、
トークルームに入っただけで自動的に音楽が鳴るわけではありません!

最初に触れたときは「いつ音楽鳴り出すんだろう…」と思っていましたが
再生ボタンを押すと数十秒のループが始まるようになっています。
つまり、実態としては「LINE MUSICの再生ボタンをトークルームに置ける」機能ということになりますね。

一手間はかかりますが、インターネット黎明期によくあった
「ホームページに入ったら自動的に音楽が鳴り出してウザい」という悲劇は避けられます。

BGMが設定されているトークルームには音符マークでそのことがわかるようになります。
タップすると、BGMとして設定した曲や設定した人のアイコン・名前、
それに再生ボタンが表示されます。

再生ボタンを押すと音符マークがイコライザーのマークに変わり、
再生されていることがわかるようになっています。

再生ボタンの右にあるアイコンから、BGMの変更と削除ができます。

活用方法など

LINE MUSICの有料会員でなくてもトークルームに設定した楽曲は
(サビ数十秒ですが) 全員が楽しめるので、
例えば特定のアーティスト用のグループLINEなどで使うのが定番でしょうか。

常時設定とかじゃなくても、トーク相手に「いい曲見つけたのでちょっと聴いてみて!」みたいな
布教目的でも使えそうな感じではあります。
ぜひご活用ください。

ちなみにLINEでは、去年から今年10月まで「初音ミク」や「鏡音リン・レン」などの
クリプトンボカロ(公式呼称:ピアプロキャラクターズ)のLINEスタンプを
誰でも作れるコラボ企画が実施中です。
すでに私の周りでも大勢の知人の絵師さんがスタンプをリリースしております。
購入すると絵師さんの収入になりますので(1セット売れると数十円のはず)
クリエイターさんへの応援の意味でも積極的に買いましょう。

Creators Collaboration 初音ミク&ピアプロキャラクター

次の記事「」へ

前の記事「」へ

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする