「ボカロビギナーズ!vol.2」内容のご紹介(その3) | G.C.M Records by アンメルツP

G.C.M Records ロゴ
ボカロP「アンメルツP」の情報発信/活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作り続けて12年目。
ボカロ曲による同人CDの制作や、作曲・DTM初心者のための本の執筆もしています。

「ボカロビギナーズ!vol.2」内容のご紹介(その3)

スポンサーリンク

本日は「ボカロビギナーズ!vol.2」冊子内の特集、
ボカロP対談企画についてご紹介をさせて頂きます。
今回は、主催のアンメルツPより、3名の方にお話をお伺いしました。

1人目はヒダリガワすらっしゅさん
「現役高校生・等身大のDTM」というテーマでお話を伺いました。
07年からボカロ曲を聴き始め、11年に初投稿、現在までに40作以上発表しています。
学業との両立や、お小遣いで買える音楽制作環境に関する話題など、
同年代の方への参考になればと思います。

対談企画の2人目は、ニコ動で幅広く活動を行っているオワタPです。
自身の楽曲を楽器ごとのパートに分解して解説していく「解説プレイ動画」も投稿されている
氏に、曲作りの楽しみ方や、ニコ動周りの現状の話も含めた
「社会人の趣味としてのDTM」というテーマでお話を伺いました。

3人目はk-shiさんです。
08年5月に1作目が発表され、界隈に衝撃を与えた同人コンピCD「DEBUTANTE」シリーズの
主催である氏は、1990年代から15年にわたりDTMによる作曲活動を続けています。
初音ミク以前より同人音楽に接し続けていた氏が、DTMの過去と今を語ります。

以上です。
学生・社会人・ベテラン、それぞれの立場での興味深いお話をお楽しみ下さい。

明日は、ボカロP以外との対談企画、
並びにデータDVD収録曲制作者へのメールインタビュー企画をご紹介します。
引き続きよろしくお願いします。

【PR】
地方イベントへ遠征する際にはよくウィラーの高速バスを利用しています。
3列シート以下ならそこそこ休めるしスマホの充電もできます。
特に「リボーン」は普通に眠れます!後ろの人を全く気にしなくていい自由さも魅力。
これでも新幹線より安いので好きです。

ポイントアフィリエイト

次の記事「」へ

前の記事「」へ

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする