3/14発売『ボーカロイド音楽の世界2017』に寄稿しました

G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の情報発信/活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDの制作や、作曲・DTM初心者のための本の執筆もしています。

3/14発売『ボーカロイド音楽の世界2017』に寄稿しました

スポンサーリンク

Pヴァイン様より2018年3月14日に発売される商業書籍
『ボーカロイド音楽の世界2017』に、
「鏡音リン・レン10周年のトピック」に関する寄稿で
私アンメルツPが7ページほど寄稿参加しました。


Amazon『ボーカロイド音楽の世界2017』

以前「DAIM」でお世話になっていた監修者のしまさんから
お声がけ頂き、参加させて頂きました。

ナタリーに名前が載ったのが個人的に嬉しかったです。

ele-kingがボカロシーンの今を伝える書籍刊行、スッパマイクロパンチョップ選曲CDも(動画あり) – 音楽ナタリー
https://natalie.mu/music/news/272754

本の紹介と寄稿内容

スタイルとしては音楽評論誌という感じでしょうか。
以前同人誌として頒布されていた『ボカロクリティーク』や
『DAIM Append』などの同人音楽評論がお好きな方は待望の本かと思います。

私の寄稿内容としては、商業・同人CDや動画、イベントなど
先日の鏡音10周年に関するトピックを色々な角度から紹介しつつ、
VOCALOID「鏡音リン・レン」自身や
その文化圏をめぐる特殊性などに触れたものとなっております。
話題になったことは一通り触れているつもりです。

イベントやグッズ方面は、現地に行ったTwitterフォロワーさんに
Skypeでお話を聞いて、その内容を拾い上げて原稿にしています。
現場の声を感じ取ってもらえると嬉しいですね。

鏡音ファンはもちろん、ボカロファンや
音楽ファンの方にぜひ読んで欲しいです。

中国のボカロ事情や、ニコニ広告とランキングの関係など
他の方の原稿も、非常に濃い視点でのボカロ評論が揃っておりますので
ボカロPなど作り手の方にもおすすめです。

 

【PR】
アンメルツPがタスク管理に使っている月額500円弱の有料Webサービスです。
全ての作業に「開始時間」「終了時間」を記録する仕組みが特徴で、
正直最初のうちはとても面倒くさいです。
しかし、使い込むうちに一日にどのように時間を使うかが全てわかってくるので、
自分をコントロールできている不思議な感覚が湧いてきます。
クリエイターやフリーランスの方に特におすすめです。

記事をシェアする

アンメルツPをフォローする