G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

6th Full Album『with you』完成しました!

アンメルツP 6枚目のフルアルバム『with you』が完成しました!

特設ページ:http://www.gcmstyle.com/withyou/

2016/3/6開催「かがみねのお茶会」(ボーパラ併催)にて初頒布を行います。
4/24開催のM3、4/30開催の超ボーマス(2日目)でも頒布しますので、
かがお茶・ボーパラ不参加の方はそちらでどうぞ。
5/4開催のメ活誌7冊目でも多分隅っこに置きます。

作品紹介

鏡音V4X歌唱曲を多数含む全12曲収録。

VOCALOIDとボカロPの関係、ボカロPと絵師やリスナーの繋がり、
鏡音リンとレンの絆など、いろんな「with you」を感じながら作り上げたアルバムです。
鏡音リン・レン歌唱の曲がメインで、他にKAITO・MEIKO・ルカ・GUMIもいます。

動画公開済みの「アリでキリギリス」「頼りになるぜ☆アルパーカー!」
人形館解放作戦」「泣き虫夢見人」のほか、
30LRC』『デフォみねワンドロ企画』などに参加した楽曲のフルバージョンや、
書き下ろしの楽曲も入ります。

相変わらず曲調はバラバラだったり
いろんな二次創作的要素が入ってたりするんですが、
個人的には今までで一番全体のメッセージはまとまった作品だと思っています。

新譜『with you』のジャケットは、うたおりさんに描いて頂きました。
手を繋ぎながらこちら側に手を伸ばしている鏡音で「with you」を表現しています。
また今回、タイトルロゴなどのデザイン面は全て私が行いました。
暖かみのある感じになったかと思います。

クロスフェード動画も投稿しました。

3/6開催「かがみねのお茶会」お品書き

新譜以外にも鏡音コンピなど、各種CD/DVD/個人誌を取り扱います。
また、『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門』を特別に頒布します。

かがみねのお茶会お品書き

当日はよろしくお願いします!



書籍『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門』発売!

同人誌としてこれまでに3冊を発行してきた
初心者向けのボカロ曲制作ガイド本「ボカロビギナーズ!」が
商業流通でリリースされます!!

『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門』というタイトルで
インプレスR&Dさんから電子書籍メインで出版されます。

『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門』表紙

インプレスR&Dさんの公式プレスリリースはこちらです。

インプレスR&Dの公開募集企画 第一回刊行分3冊同時発売! 『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM入門』 『誰も教えてくれなかった中小企業のメール活用術』 『電子出版のプロデューサーになろう エストリビューターとして活躍する方法』 | インプレス R&D
http://www.impressrd.jp/news/151214/NP

Amazonでは既に予約が始まっております。
電子書籍版は12/18、紙の本は12/25に発売となります。

電子書籍版(Kindle)はこちらから。

紙の本のご購入はこちらからどうぞ。

 

続きを読む >>>

夏コミ新作グッズ「ボカロビギナーズ!卓上スケジューラー」

夏コミで頒布するボカロビギナーズの新作グッズ「卓上スケジューラー」が完成しました。

scheduler_sample1

scheduler_sample2
scheduler_sample3

「1ヶ月のスケジュール表」と「休日のみの予定表」がセットになった、
セパレート式のカレンダーです。

趣味で創作を行うクリエイター向けに作りました。
現時点でわかっているボカロ系・音楽系同人イベントの日程も記載しましたので、
これをもとに頑張って計画的に作品を作っていきましょう。

日付は2014年9月~2015年8月で作っています。
来年の夏コミまで対応しています。

ちなみに紙は上質紙で作ってありますので、鉛筆やシャーペンでも普通に書き込めます。
もったいないと思わずにどんどん書き込んでみてくださいw

頒布価格は500円です。
グッズの性質上余らせるのが怖いのであまり数は作ってないですが、
もし余ったらアリスブックスさんにショップ委託するかもしれません。

というわけで夏コミではこちらの新作グッズのほか、先日のボーマス29で発行した
『ボカロビギナーズ!extend』「進捗ToDoふせん」などの各種冊子&グッズ、
それに既存の個人CDやコンピCDを頒布します。

なお『ボカロビギナーズ!vol.1』はボーマス29で完売しましたが、
まだ継続的に需要がありそうなので、あれこれ追記して「第二版」を作りました。
フリーソフトのリンク切れなどもチェックしています。
間違い探し程度の追記なので、すでに初版をお持ちの方には必要ないと思いますが
まだ手に入れていない方はチェックしてみてください。

ボーマス29お疲れ様でした&新曲「ボーマスブルー」

ボーマス29にて、新刊『ボカロビギナーズ!extend』や既刊のシリーズ、
CDなどを手に取って皆様ありがとうございました。

今回のボーマスは、一般で早く来た方はちょっと混乱もあったようですが、
始まってからの会場は多すぎでも少なすぎでもなく
適切な混み具合だったと思います。
観測範囲の限りでは中高生の若い子が少し減って、
良くも悪くも安定した同人イベントっぽい雰囲気だったかと思います。

今回は2SP取りましたが、先日購入した「シロイタナ」が大活躍しました。
持ち運びや組み立てもしやすいし、展示もすごくすっきりとした感じになりました。

なお今回のイベントをもって、『ボカロビギナーズ!vol.1』イベント頒布分が完売、
通販もアリスブックスで残り1冊という状況になりました。
ありがとうございました。再販など今後については検討中です。

ボカロビギナーズに関しては、過去のシリーズも一緒に購入して頂く方が多かったのが印象的でした。ボカロビギナーズをきっかけに作曲を始めた方のお話も聴けて、今後の制作モチベーションにつながります。 


そして、最新CD『My Partners』から「ボーマスブルー」を帰宅後に投稿しました。

 ボーマス帰りのあのけだるさを歌にしました。
イベントのエンディングテーマとしてお聴きください。

今回のイラストは、歌月さんにお願いしました。
美しい水彩画イラストをお楽しみください。

イベント終わったあとの燃え尽き感や満足感を静かに癒しつつ、
「落ち込むだけ落ち込んだのでもう向ける場所は前しかないね」的な
そっと背中押しの曲を目指してみました。
ボーマス帰りに限らず、ふと心にスキマを感じた時に聴いてほしい曲です。

この曲に関してはミクじゃないとしっくりこないのでミクです。
Darkの歌声はすっと心に溶けいる魅力があります。

歌詞の通りに「やるべきことたくさんだ」な状態ですが、
ひとまずビギナーズextendの初頒布を終えてほっとしてます。
次は11月&年末に向けて色々頑張ります。

ボーマス29新刊『ボカロビギナーズ!extend』完成しました!

ボーマス29で頒布する新刊『ボカロビギナーズ!extend』特設ページを公開しました!

B5/52ページ/頒布価格500円。

今回の主な特集は、以下の4つです。

◆歌詞・メロディからの編曲
◆VOCALOID調声の流れ
◆物語的歌詞の書き方
◆時間管理(曲を作る時間の作り方)

その他、オリジナリティについての考察やエゴサーチに関する記事などをご用意しました。

時間の関係で『vol.1』『vol.2』に書き切れなかった記事や、既刊をお読みになった方の
ご意見などを参考に書いた記事が多いです。よろしければ手にとってみてください。

恒例の無料公開PDFですが、今回はボーマス終了後、7月中旬~下旬に行います。

表紙は『vol.2』に引き続き碧茶さんです。
碧茶さんには、「時間管理の特集を組むので、有名Pの部屋っぽいところで
バリバリ曲作ってるフォーマル寄りなメガネミクさんで!」と表紙をお願いしました。
ちなみに裏表紙(HP未公開)は編曲特集にちなんで、楽器持ってるボカロキャラ6名です。

また、新作グッズ「進捗ToDoふせん」も同時に頒布します。
ToDoリストをデザインした中サイズのふせん+5色に色分けされた小サイズのふせん。
忘れたタスクを思い出すためのリストつき。こちらも頒布価格500円です。

日曜開催のボーマス29では、新刊と新作グッズを頒布します。
頒布スペースは、B13-14「G.C.M Records+ボカロビギナーズ!編集部」となります。

なお通販は現在手続き中ですが、今回は『vol.2』のときとパターンが違い、
「とらのあな様では、冊子単品のみ」
「アリスブックス様では、冊子&進捗ToDoふせんのセット」
という組み合わせでの頒布を予定しております。来週中には通販開始できる予定です。

ボーマス29では、過去の『ボカロビギナーズ!』シリーズや、最新CD『My Partners』、
kagamination』や『ふたりのうた』などの各種コンピCDも頒布します。
頒布物一覧はtwitpicに掲載していますので、そちらでご確認ください。

7月開催「ボーマス29」に申し込みました&入場券制への雑感

ボーマス29バナー

 7月13日に開催される「ボーマス29」に申し込みました。
時期としてはボーパラ番外編(かがパラ3)から2週間後というところですね。意外に詰まっています。

今回は「G.C.M Records+ボカロビギナーズ!編集部」というサークル名で2SP取っています。
(編集部とは名乗ってるけどコアメンバーは私ひとりですw)

ボカロビギナーズ関連で、作曲に役立ちそうな新作グッズを出す予定です。
間に合えばページ数が少ない本も作るかもしれません。
テーマは構想中ですが、「VST/エフェクター特集」や
「時間の使い方特集(一時期流行ったライフハック的なもの)」あたりは
前々から書きたいと思っているので、あとはスケジュール&やる気次第です。

ところで今回は、一般入場のシステムが入場券+カタログ任意購入制となりました。
超ボーマス(超会議)のやり方がそのまま踏襲・流用された形になります。

ところがこの入場券が1,000円なので、カタログが値下げ(500円)されたとはいえ
従来のボーマス(カタログ1,000円)と比べると実質値上げです。

入場券制自体には、資源節約やコストダウンもあるので特段問題はありません。
先日のカゲプロオンリーも入場パス+カタログPDF制でしたし。
ただしその入場パスは500円でした。
またマナー漫画を別冊でフリー配布するなど、カタログが読まれないことで同人イベントの
マナーを知らずに参加しないように極力配慮が行われていました。

コストダウンするなら、一般参加する側にも何らかのメリットや配慮を感じるもので
あってほしいなあと思います。

柴さんのボカロ音楽史本の参考書籍に「ボカロビギナーズ!」が掲載&トークイベントに参加しました

音楽ライターの柴那典さんが、自身のこれまでの取材や経験に基づき書かれた
VOCALOIDを用いた楽曲やムーブメントを音楽史的にとらえようという本
「初音ミクはなぜ世界を変えたのか?」を4月3日に発売しました。

この本の巻末に参考書籍として、
われらが「ボカロビギナーズ!」シリーズの名前も挙げられています。

本そのものは昨日入手してまだ全部は読んでいないのですが、
氏の知識を元に「サマー・オブ・ラブ」などの過去の音楽ムーブメントと
VOCALOIDを取りまく動きを結びつけるなどの分析をされており、
音楽に対する熱量が文章から伝わってきます。
序章は柴さんのブログで読むことができます。

さて、その柴さんがゲストとして、評論家・ライターのさやわかさんに招かれ
開催されたトークイベント「さやわか式☆現代文化論 第6回『初音ミクの真実!』」
昨日行ってきました。

その中で、ボカロや音楽シーンのとらえ方として↑のような興味深いお話が
色々と聞けましたので、その一部をメモ書きからご紹介します。

有料(823pt)ですが、全編はニコ生のタイムシフトで見ることもできるようです。

続きを読む >>>

「ボカロビギナーズ!vol.2」内容のご紹介(その10)

本日は、「ボカロビギナーズ!vol.2」の冊子・DVDと一緒に頒布する、
「DTM Creative Notebook」(通称:ボカロP専用ノート)の使い方を
ご紹介させて頂きます。 

ボカロP専用ノートの表紙はこちらです。 
表紙は「単純に持ちたくなるデザインで、外出先で使っても違和感ないけど、
わかる人にだけはわかる」というものを目指しました。(6つの小さな円のデザインなど)

ノートの本文サンプルはこちらです。
表紙/本文デザインは、いずれも主催アンメルツPによるものです。
自身が使いたいものを試作し、それを色々なボカロPの方に使って頂き、
ご意見をもとに細かい調整を加えて完成しました。

こちらはノートの使い方です
見開きページが「曲情報」「ピアノロール」「パラメータ」「作詞」「五線譜」という
5つのエリアに分かれており、それぞれの作業が行いやすいようにレイアウトを行いました。

ノートの巻末には付録として、『ボカロビギナーズ! vol.2』冊子の記事から抜粋した
「BPM→秒数 換算表」「キー別 コードルート音対応表」「簡単なコード進行の法則」「自分だけの曲を作るためのチェックリスト」などを掲載しておりますので、ご自身の曲作りにお役立てください。

外出先や移動中に浮かんだアイデアを記録し、帰宅後にPC画面とノートを両方見ながら
効率よく作業を行う、という使い方を想定しています。
リングノートですので、ノートの半面だけ広げて気軽にメモなどを行うことができます。
皆様ぜひお試しください。

12日の初回頒布まであと3日となりました。
今年の夏コミは猛暑が予想されますので、行かれる方は暑さ対策を万全にしていただくよう、
お願いします。

「ボカロビギナーズ!vol.2」内容のご紹介(その9)

本日は、「ボカロビギナーズ!vol.2 DATA-DVD」
パラデータやVSQ、MIDIが収録されている楽曲の終盤、
7~9曲目をご紹介させて頂きます。 

7曲目、テラ小室P「love with you」は、
1990年代中期に青春を過ごした方であれば懐かしい気分に浸れるであろう、
黄金期の小室哲哉氏を意識したJ-POPです。
DVDには特徴的なピアノやシンセサイザー、バックコーラスなどもパラデータで収録しています。
それらしい楽曲を作りたい方はご参考にどうぞ。

8曲目、アンメルツP「Don’t stop the music」は、
アップテンポながらも哀愁を感じさせる要素もあるダンスポップです。
英語版VOCALOIDであるSweet Annによる英詞版と、
鏡音リンによる日本語詞版の両方が収録されています。
英語ボカロの調声方法を知りたい方には貴重かと思います。

詳細な楽曲紹介に関しては、楽曲投稿時の日記に書いております。

9曲目、楽曲れれれP、調声連投Pによる「バイバイでグッバイ」は、
夏の海辺をイメージさせるゆったりとしたおおらかな曲調、爽やかでキャッチーなメロディ、
切ない歌詞が同居する、ラストを飾るにふさわしい楽曲です。
細かい音符分割やパラメータ操作ががっつりと施されたVSQ/VSQXは必見です。

明日は「DTM Creative Note」(通称:ボカロP専用ノート)の使い方を
ご紹介したいと思います。引き続きよろしくお願いします。

「ボカロビギナーズ!vol.2」内容のご紹介(その8)

本日は、「ボカロビギナーズ!vol.2 DATA-DVD」
パラデータやVSQ、MIDIが収録されている楽曲のうち、4~6曲目をご紹介させて頂きます。 

4曲目、DJパターサンさんの「Feel me up」は、
冊子寄稿の「短いメロディの繰り返しで作る、『初めての1曲』。」の作例で、
GUMIの可愛い声が印象的な、中毒性の高いダンスミュージックです。
初心者でも揃えやすい音源やエフェクターを使っており、ご自身の曲作りにすぐ応用できます。

5曲目、Plutonius(ハヤカワP)さんの「Non-Fiction Hero」は、
ギターサウンドと張りのある鏡音リンの声が格好いいビートロックです。
ドラム、ベース、ギターの基本的なバンドサウンドの構造に
シンセサイザーやループ素材が加わっています。

6曲目、ヒダリガワすらっしゅさんの「未踏のテリトリー」は、
ミドルテンポのロックとピコピコが特徴の高速ダンスポップを行き交う展開が楽しい曲で、
今回最多の33トラックのパラデータwavファイルが収録されています。
ボーカルは蒼姫ラピス、少しけだるいイメージの声にも注目です。

明日はDVDの収録曲終盤、7~9曲目をご紹介したいと思います。
引き続きよろしくお願いします。

Top