G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

おすすめVSTプラグイン紹介「KORG Legacy Collection M1」

本日から10日間ほど連続で、
2017年夏コミ新刊『VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!~』
自分で書いたVST(i)プラグインのレビューを、宣伝を兼ねて
こちらに転記・紹介していきたいと思います。
20個レビューを書いているので、うち半分の10個の紹介となりますね。

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に
使っているプラグインの紹介となります。
使った作品についても、レビューの後半で触れています。

第1回は、今ちょうど(8/20まで)半額セールをやっているので
まさに買いどきなこちらのプラグインからです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」(ココ)
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:KORG Legacy Collection M1

価格:4,980円
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:KORG

M1 | KORG Legacy Collection | KORG (Japan)

90年代初頭にヒットしたKORGのハードシンセ「M1」を
メーカー自らソフトシンセ化したもので、
5,000円以下という安価で手に入る(しかも定期的に半額セールをする)音源としては
破格のコストパフォーマンスを誇ります。

シンセ・鍵盤楽器から生楽器系、SEに至るまであらゆる音が
一通り水準レベルで揃っているため、これひとつを導入するだけで
いわゆる「MIDIっぽい」「イオンっぽい」とも形容される
初心者の音から一歩抜け出すことができます。

私が購入したのは10年以上前で、
導入当時はほとんどこれだけでオケを作っていました。

当時より多くの音源を手に入れた今でも、
ピアノやベルの「いかにも90年代的なキラキラした音」は
とても魅力であり、曲作りのうえで手放すことができません。
あの時代の音が好きな方はぜひ。

このプラグインを使用した作品

Night Light Dance 2008

歌唱:Sweet Ann

2006 年に制作したインスト曲をVOCALOID に歌わせて
2008 年に発表した作品で、
ボカロと爆発音SE 以外はすべてM1 で作っています。

この当時はミックスやマスタリングという言葉も知らなかったので
オケの構成音はほとんどシンセから出ている素のままです。
かえってどんな音が出るのか分かり易いかもしれません。

SMALL 1995 ROOMS

歌唱:鏡音リン・レン

こちらは2016 年に発表した、90 年代中盤の小室哲哉風の楽曲です。
ピアノ(プリセット名:Piano 16’)、うねうねしたベース(Acid3003Bass)、パッド(FrHrnWurld)、ベル(Digi-Tyne)の音にM1 を使用しています。

続きを読む >>>



90年代風の新曲「SMALL 1995 ROOMS」を投稿しました

 

最新フルアルバム『with you』から一曲投稿しました。

友達と好きな曲やアーティストを語り合ったり、
嫌いなヤツに聴いている音楽をバカにされたり、
そんな学生時代の思い出を振り返ったような楽曲です。

普通に作っても90年代っぽいと言われるので、
いっそ今回は思いっきり90年代TK風に寄せてみましたがいかがでしょうか。
それっぽい音とか空気感を目指して作っています。
例によってM1ソフトシンセ多数使用。

歌詞はラブソング風ですが、
ここに出てくる「君」はすべて「音楽」のことを想定して作っています。
でも普通のラブソングでも成立するはず。
サビにはちょっとダジャレ的なものを挟みつつ、
どっちかというとレンのラップパートが本音出てます。

調声についてはリンは比較的あっさりです。
V4Xの高音の伸びやかな感じと甘ったるさが本当に好き。
レンはラップ調声頑張りました。

今回のイラストは90年代風オムニバスCDのジャケットなど、
度々90年代ものをお願いしているアギさんです。
「夜の教室にラジカセ持ち込んで好きな音楽や悩みを語り合う鏡音」というオーダーでしたが、戻ってきたのはこんなシリアスでハイセンスな素晴らしいイラストでした。
コラボの醍醐味ですね。

ちなみに1995年というのは阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件などで
日本が大きく揺れた年なのですが、CDが一番売れた年でもあります。
もう既に21年前のことであります… 

Top