G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

鏡音リン・レンの調声で参加「恋文綴凛」


鏡音の調声とMix、マスタリングを担当しました。

恋文綴凛(読み:こいぶみつづり)
■作詞・サポート:焔夏 冬雪さん
■作編曲:coricoさん
■絵:しきのさん

■調声・Mix・マスタリング:アンメルツP

■歌:鏡音リン・レンV4X
メインボーカルはリンですが、随所にレンもいます。

楽曲について

民族調の切ない恋物語です。
自分ではあまり民族調の曲を作らないので、
このような貴重な機会を頂けたことを関係者に感謝しております。

調声ですが、
メインはWarm成分を大量に混ぜた鏡音リンV4X Powerです。
実質声はWarmって感じなのですが、
曲が持つリンの凛々しさ・力強さも出したかったのでそうなっています。

以前投稿した「Forever dream」に引き続き、
作詞の焔夏 冬雪さんから声をかけて頂き色々協力させていただきました。
イラスト・動画もとても力の入ったものなので、
ぜひ多くの方にご覧頂きたいと思います。



鏡音公式10周年記念CD『LODESTAR』に参加します

クリプトン・フューチャー・メディア様が運営している
音楽レーベル「KARENT」から2017年12月27日にリリースされる
鏡音リン・レン10周年記念CD『LODESTAR』
特典SONOCA(音楽ダウンロードカード)に、
KARENT楽曲による鏡音曲ノンストップメドレー
提供させて頂くことになりました!!


ジャケット画像(公式サイトより引用)

 

題してRINLENMANIA of KARENT LINEUP」

KARENTでは現在1,000曲以上の鏡音曲が配信されています。
その中から私アンメルツPが、選曲および音源のつなぎを行い
ノンストップメドレーの制作を行うことになっています。

「ヒット曲を詰め込んだお祭り的なのがいいですか?
それとも良曲発掘を重視する感じでしょうか?」
と先方に聞いたら
「良曲発掘で!」とのことだったので、
本当に好き勝手に選曲させて頂きます。

曲数など詳細は伏せますが、
「他の特典がある中でSONOCAに入るくらいの長さ」に
なることは想像できるかと思います。

「10周年の総括的なメドレーはしません」と言った気がしますが、
「このCD楽しみだな~」→「私かー!!」という事態に、
縁があったと思って頑張ります。

まさかこのような形で公式の作品に関われるとは思いませんでした。
鏡音の10周年に、少しでも彩りを添えられたら幸いです。

「RINLENMANIA 10」企画進行中です

さてRINLENMANIAといえば、例年通りの企画も進行しております。

鏡音メドレー動画企画「RINLENMANIA 10」
10回目となる今年も、直近1年間(2016年10月1日~2017年10月16日)の発表曲の魅力をお伝えすべく
幅広いジャンルの曲をお借りして、一つのメドレーとしてつなぎます。 

推薦曲募集は先日行い、現在選曲その他諸々の作業を進めております。
次の土曜頃にはお借りする予定の楽曲一覧を公開できる見込みです。
こちらもよろしくお願いします。

鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』完成! #gLoR10us

ボーマス38・鏡音しおり!で頒布予定の新作鏡音コンピ『gLoR10us』が
先日無事入稿しましたので、情報を色々公開しました!

特設サイトはこちら

クロスフェード動画では、
ジャケットイラストを手掛けた7:24さんによる
それぞれの収録曲をイメージしたデフォルメイラストを
ご覧頂けますので、ぜひ目でもお楽しみ頂ければと思います!

収録曲について

本当にびっくりするくらい全曲「鏡音のキャラクターソング」です。
曲調はかなり分散している感じですが、
キャラクターソングという共通テーマのおかげで
不思議と統一感のある感じになっていると思います。
濃密な1時間超をお約束いたします。

鏡音の比率は「リンソロ3:レンソロ3:デュエット9」となりました。
基本的に曲調を重視して曲順は並べたのですが、
その副産物?かソロ曲は全て隣合わせの曲順になっております。
ぜひCDを手に入れたらまずは最初から最後まで
順番に通して聴いてみてください。

自分自身の楽曲について

私個人としては「us」という曲を書き下ろしました。
リンレンデュエットです。
キャラソンは結構作ってるので悩みましたが、
今回は過去の自分を超えたい一心で壮大なテーマに挑んでいます。
「CV02依存症」というボスを倒した後のさらなる存在を目指しました。

音ゲーマーにしか分からない例えで申し訳ないのですが、
「CV02依存症がEXTRA STAGEなら、usはENCORE STAGE」って感じです。

動画化は現時点では未定ですが、
将来的に何らかの形で公開したいですね。
楽曲の性質上、あえて絵無しや公式絵での公開というのも
面白いかもしれないと思っているところです。

収録曲の動画、通販情報

執筆時点では、卑屈PのCD収録曲がニコニコ動画に投稿されています。
CDとは若干異なるバージョンとなっています。

通販予約も各店で始まっています。

とらのあなでの購入はこちら

メロンブックスでの購入はこちら

アリスブックスでの購入はこちら

BOOTHは入荷処理の関係で、おそらく頒布開始できるのは
11月後半以降になるかと思います。

この先のイベントや通販などで、皆様にお届けできる日を
楽しみにしております!

鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』制作進行中です

11/12開催「ボーマス38」&11/19開催「鏡音しおり!」にて、
鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』を頒布します!
特設サイトを公開しました。

鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』特設サイト
http://www.gcmstyle.com/lr10/

タイトルは「グロリアス」と読みます。

企画について

今回は、10周年の節目に、ボカロの原点ともいえる
キャラクターソングが集まった作品を聴きたいという
思いで企画しました。

鏡音リン・レン(LR)と私たち(us)が、
10周年から先も楽しい日々を過ごせるよう、
共に歩みを進める(go)…
この作品が、そんな想いを巡らせるきっかけになれば幸いです。

なお、本企画でいう「キャラクターソング」とは
・ニコ動で「VOCALOIDイメージソング」タグがつく楽曲
・ボカロ、鏡音であることに着想がなされている楽曲
を主に想定していますが、「これは鏡音のキャラソンだ」と
参加者が主張すればそれはキャラソンです。
ここらへんは「参加者がバラードと思えばそれはバラード」という
『ふたりのねがい』と一緒です。

皆さんの楽曲提出はこれからなので最終的にはわかりませんが、
たぶんリンソロ・レンソロ・デュエットのバランスは
わりと取れているんじゃないかと思います。

ちなみに自分自身の参加曲は
「プレミアサポーター」とも「CV02依存症」とも
違う角度から鏡音を見たものになると思います。

鏡音10周年に向けて

年末に向かっての自分の鏡音企画は
『gLoR10us』と、「RINLENMANIA10」の二本立てで
お送りしたいと思います。

RINLENMANIAに関しては、
今年も直近1年間の曲をお借りする通常回です。
毎年やっている企画ですので、10年目も10年目の曲に
光を当てながら、10周年をお祝いできればと思います。

10月には特設ページを開設して推薦曲を募集しますので
今のうちに、去年10月以降にニコ動に投稿された鏡音曲を
チェックして頂き、お気に入りの一曲を見つけてみてください。

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」ネタバレあり解説

曲の(動画通りの)歌詞と基本的な解説はこちらをご覧ください。

鏡音リン・レン feat. アンメルツP「CV02依存症」歌詞
http://www.gcmstyle.com/2017/07/18/2063/

新曲「CV02依存症」投稿しました(ネタバレ無し解説)
http://www.gcmstyle.com/2017/07/20/2073/

こちらでは、主に以下のポイントを解説していきます。
・「日本語歌詞」「鏡音リン・レンの歌い分け」の答え合わせ
・歌詞についての補足説明
・動画演出についての補足説明

本文は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>>

おすすめVSTプラグイン紹介「KORG Legacy Collection MDE-X」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。

全10回でお届けしてきた最終回は、10年近く活用している
多彩な顔を見せるマルチエフェクターです。
「Legacy Collection」で始まって「Legacy Collection」で終わる流れですが
この2つのVSTは本当にコストパフォーマンスが高いので
とりあえず音源とエフェクターを揃えたい初心者の方には
毎回おすすめしています。

「M1」と同じく8/20まで半額セールをやっています

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」(ココ)

プラグイン紹介

プラグイン名:KORG Legacy Collection MDE-X 

価格:1,980円
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:KORG

紹介ページ:
MDE-X | KORG Legacy Collection | KORG (Japan)


▲コンプレッサー機能

1,980円と安価で手に入る、
19種類の機能を搭載したマルチエフェクター

扱いやすいディレイや、
パキパキとしたメリハリのある音に加工しやすいコンプレッサーなど
いくつかの機能をよく使っていますが、
その中でも特にお世話になっているものはエキサイター機能です。

VOCALOIDの声にかけることで、
途端に声が浮き上がって聴き取りやすくなるので、
2008年から未だに使い続けています。

プリセット「Vocal Exciter」をもとに
パラメータを微調整するのがおすすめです。
その際プリセットそのままだと効きすぎるので、
「DEPTH」を5~20くらい、
「BLEND」を20~30くらいの間で調整するとしっくりきます。

少し文字やツマミが小さいのが操作上の難点ですが、
コンパクトだとメリットととらえる方であれば使いやすいと思います。


▲エキサイター機能

このプラグインを使用した作品

アリでキリギリス

歌唱:鏡音リン・レン、MEIKO、KAITO

エキサイター機能は私のほぼ全部のボカロ曲で使用していますが、
ここでは4人のボカロによる合唱曲を紹介します。

全てのボカロにそれぞれ微妙に違うDEPTHで
エキサイターをかけて、それぞれのボカロの
高音・低音の美味しい部分を強調したつもりです。

続きを読む >>>

おすすめVSTプラグイン紹介「Refine」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第8回は、ほんの少しの変化で確かな効果をもたらす
マスタリング向きのVSTエフェクターです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」(ココ)
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:Refine 

価格:無料配布
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:Ikjb

配布ページ:

KVR: ReFine by lkjb – Mastering VST Plugin, Audio Units Plugin and VST 3 Plugin

3つのツマミにより、質感を微妙に調整できるプラグイン。

「warm」「space」「punch」というそれぞれのツマミを
回すことにより名前通りの効果を出せるのですが、
ツマミをMAXまで回してようやく明確に変化に気づくくらいの
ゆるやかな効果があります。

主にマスタリング時に音源に対して使用し、
コンプレッサーやEQで調整しきれなかった
雰囲気の微調整をするのに有効です。

このプラグインを使用した作品

PARTY AnnMelts

歌唱:鏡音リン・レン、巡音ルカ、Sweet Annほか

ネット配信アルバムに収録した自作曲16曲によるメドレーです。

配信にあたり全曲を再マスタリングした際、
制作時期もバラバラな過去曲を
少しでも全体の雰囲気を統一させるために使用しました。

続きを読む >>>

おすすめVSTプラグイン紹介「T-RackS Stealth Limiter」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第7回は、使い勝手もクオリティも高いリミッターです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」(ココ)
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:T-RackS Stealth Limiter 

価格:124.99ドル
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:IK Multimedia

紹介ページ:
IK Multimedia | T-RackS Single – Stealth Limiter

歪みを最小限に抑えながら音圧を向上できるリミッター。

IK Multimediaの「T-RackS」シリーズには
沢山のリミッターがありますが、
ここ数年は他社プラグインの性能に圧されていた印象はありました。
しかし2015年にリリースされたこのプラグインは、
他社と遜色ないレベルの自然な音圧向上が得られると感じています。

上げすぎると若干高音がざらつく印象はあるものの、
他のT-RackSシリーズのリミッターよりは違和感は小さいです。

また機能も豊富であり、
音量をそのままに音圧を上げた際の音の歪みを確認できたり、
インターサンプル・ピーク(TruePeak)を抑える機能などもあります。

22Hz以下の余計な重低音をボタンひとつでカットする機能もあり、
通常のポップス等であればこれを適用することで、
あとひと押しの音圧向上を見込むことができます。

このプラグインを使用した作品

愛唄 since “2007/12/27”

メイン歌唱:鏡音リン
サブ歌唱:鏡音レン

GReeeeNの名曲のブラスバンド風アレンジ。

「Lurssen Mastering Console」で整えた音源を、
動画サイトに投稿するにあたり、他の楽曲と比べて
違和感がない程度まで音圧を上げる(+4db)目的で使用しました。

続きを読む >>>

おすすめVSTプラグイン紹介「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第6回は、最新の公開曲にも使ったトランジェント・シェイパーです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」(ココ)
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS) 

価格:無料配布
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:abletunes

配布ページ:
Abletunes Knobs :: Abletunes

名前の通り、回せば回すほどアタック音が付加され、
緊迫感あるサウンドに変えるエフェクターです。

音量が増加するというよりは、
前面に音が新しく付加されるイメージで、
回しすぎると耳に痛いので注意が必要です。

Wavesの「OneKnob」シリーズのように、
ツマミひとつだけというシンプルさで、
結果を得るのに迷う必要がありません。

私は主にダンス系の楽曲で、キックなどのリズム隊の出足の音を
鋭くしたいというときに使用していますが、
リズム以外の細切れのフレーズを強調したり、
VOCALOIDの滑舌を良くしたりという活用方法もアリです。

デフォルト値がゼロなので、アタックを弱くしたい場合には使えません。
その際は別のトランジェント・シェイパーで調整しましょう。

ドライブの「DRIVE KNOB」、
リバーブの「SPACE KNOB」と同梱された
「ABLETUNES KNOBS」として無料配布されています。

このプラグインを使用した作品

CV02依存症

メイン歌唱:CV02(鏡音リン・鏡音レン)

「ボカロに調教されたボカロPの歌」という、
自分としてはダークな方向性に振った作品。

曲調としてはスピードコア風。
キックが244BPMの八分音符で鳴り続ける地帯もあるので、
鋭くてメリハリのある音にしたいと思い、
キックに30%前後に設定して使用しています。

バックの細かいブレイクビーツ音にも
10%前後に設定してかけています。

続きを読む >>>

おすすめVSTプラグイン紹介「Omnisphere 2」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第2回は、現在私の主力として使っている総合音源です。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」(ココ)
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:Omnisphere 2

価格:499ドル
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:Spectrasonics

Spectrasonics – Omnisphere 2 – What’s New

「1000回遊べるRPG」みたいな底知れない懐の深さ
持っているシンセサイザーです。

映画の効果音系に特に強いですが、
その他もシンセリードからパッド、8bit、鍵盤楽器系など、
どれもそつなくハイレベルで、これひとつあれば
シンセサイザーが必要な大抵の楽曲には事足ります。

空間系エフェクトがあまり深くかかってない音が多く、
自分の好みに加工しやすいのも良いです。

それだけ音が膨大だと普通は探すのが面倒なんですが、
このプラグインは検索機能がかなり考えて作られているのも魅力です。

特に便利なのが「Sound Match」という、
選択した音に近い別の音を表示してくれる機能で、
自分のイメージした音をとても快適に探すことができます。


▲Sound Match機能

プリセットの読み出しに若干時間がかかる重さが難点ではありますが、
それを補って余りある機能面の素晴らしさがあります。

このプラグインを使用した作品

アドベントチルドレン

歌唱:鏡音リン・レン

冬を感じさせる90年代風ポップス。
0:15までのすべての音に加え、
ベル、パッド、シンセサイザーが「Omnisphere 2」の音です。

冬っぽい音を探すのがとても簡単にできたおかげで、
ワンコーラス+αのサイズのこの曲は6時間で作ることができました。

続きを読む >>>

Top