G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

おすすめVSTプラグイン紹介「Z3TA+2」

実際に私アンメルツPがボカロ曲などの制作の際に使っている
おすすめVST/VSTiプラグインを紹介・レビューしていくシリーズ。
全10回の第4回は、私の多くの楽曲で活躍しているシンセサイザーです。

第1回「KORG Legacy Collection M1」
第2回「Omnisphere 2」
第3回「Orchestral Companion Strings」
第4回「Z3TA+2」(ココ)
第5回「LinearPhaseGraphicEQ 2」
第6回「ATTACK KNOB(ABLETUNES KNOBS)」
第7回「T-RackS Stealth Limiter」
第8回「Refine」
第9回「Magic AB 2」
第10回「KORG Legacy Collection MDE-X」

プラグイン紹介

プラグイン名:Z3TA+ 2 (読み:ゼータツー)

価格:99ドル
ビット数:64bit/32bit両対応
メーカー/開発者名:Cakewalk

Cakewalk – Z3TA+ 2 – The Ultimate Waveshaping Synth

メインのシンセサイザーとして最近は「Omnisphere 2」を選ぶことが
多いのですが、SONARに付属していることで知られる
このソフトシンセは、特にユーロビートやトランスなどに使える
アタックが強くてきらびやかなシンセリード音に強みを持ち、
なかなか替えが効かない存在です。

いじることができるパラメータは大変多いものの
操作系が比較的整理されている印象があり、
「もっといい音にするためにプリセットをいじってみよう」という
やる気を出してくれるインターフェースであるように思います。

6基あるオシレーターをオクターブ違い、微妙にピッチずらして
重ねていくことで、どんどん重厚になっていく音を
確認できて音作りが楽しくなってきます。

豊富なパターンのアルペジエーター、
効きの良いシンセ内エフェクターも便利です。

▲エフェクター設定画面

このプラグインを使用した作品

Endless Nightmare

メイン歌唱:巡音ルカ、GUMI
コーラス:鏡音リン・レン

samfree氏をリスペクトしたユーロビート調の楽曲。
メインのシンセサイザーおよびシンセベースに「Z3TA+2」を使用しています。

左側で鳴っている裏打ちの音は「Massive」
パッドとバックのシンセは「Omnisphere 2」をそれぞれ使用。

みくみく動画五年祭

10日間ほどで勢いで制作した、
いわゆる「組曲『ニコニコ動画』」風のノンストップメドレー。

7台ほどの「Z3TA+」(初代)でメインフレーズやベース、
アルペジオやバッキングを奏でています。

音についてはプリセットをほぼそのまま使用していますので、
たぶん分かる人にはとっくに音源がバレていることでしょう。

続きを読む >>>



samfreeさんに捧ぐ曲「Endless Nightmare」

【巡音ルカ・GUMI他】 Endless Nightmare 【R.I.P. to samfree】

魂は消えても、音楽は消えない。

昨日新曲を投稿しました。
samfreeさんをオマージュしたユーロビート楽曲です。
巡音ルカV4XとGUMI Englishがメインで、鏡音リン・レンV4Xがコーラスです。
曲自体はアルバム製作期間だった今年の2月に作りましたが、
亡くなってちょうど1年の9月24日ということで、動画を公開させて頂きました。

日本語歌唱だとメッセージが少しきつい曲ということもあり、全編英語歌唱としています。
英語の実力上文法的なあれが多々あるとは存じますが、
それでも思いの一部は世界の人に伝えられたらと思います。

メイン歌唱はルカV4XとGUMI Englishです。
ルカの英語はV2ではちょっとのっぺり気味だったのが
かなり改善されて滑舌が良くなりました。発音記号色々いじっています。
逆にGUMIは発音が良すぎて逆にところどころ日本的な違和感があったので
それをちょっと修正とかもしたり。

イラストは「繊細な感情や、悲しくも芯の強いイメージを表現できる方」ということで、
「美しい名前」のレンカバーでもお世話になった59さんにお願いしました。

【イラスト提供】Endless Nightmare by 59 on pixiv

こちらの思いを深く汲み取って頂き、
モチーフのひとつひとつにも想いを込められて丁寧に描いて頂きました。

 

samfreeさんの想い出を振り返る | G.C.M Records by アンメルツP
http://www.gcmstyle.com/2015/10/02/1683/

samfreeさんに対する思いは沢山あって以前このブログにも書いたのですが、
投稿の2日後に作ったこれがあって
原曲を海外に広めるのに微力ながら貢献できていたかもという思いもありまして。
英語歌唱なのはその理由もあります。

【巡音ルカ&SweetAnn】 ルカルカ★ナイトフィーバー 英語歌詞カバー

全ての自作曲にはそれぞれに思い入れがあるのですが、
今回の曲はなによりsamfreeさんの曲が好きな方に届いてほしいと思います。 

Top