G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

ライブ充した話と、『DAIM Append 2』告知

12日にTHE BACK HORNとGOING UNDER GROUNDの対バンライブ
そして今日15日に、夏コミに少し顔出した後、
じんさんのカゲプロ楽曲ライブ「MAKE a MEKAKUCITY」に行ってきました。

1週間に2回も渋谷に顔を出す(それぞれ別の人のライブ参加で)という
私的に非常にレアな週ですw

12日のライブはコンセプトとして、二組が初めて出会った2002年頃の曲が中心。
『人間プログラム』に衝撃を受けた私としては楽しみにしていました。
そのTHE BACK HORNは、期待通りに初期曲を多めに演奏。
でも新曲もありつつ、要所で盛り上がりのポイントを押さえた感じでした。
「8月の秘密」や「コバルトブルー」はこの時期に聴いてこそですね。

GOING UNDER GROUNDは「ミラージュ」「トワイライト」はもちろん、
最近の名曲「LISTEN TO THE STEREO!!」を盛り上がりのキーとして
長くやってくれて嬉しかったです。

しかもアンコールは山田さんも参加したゴーイング「俺たちの旅」。
貴重なセッションが聴けました。

渋谷クラブクアトロで、参加者は約700人とのこと。


 「MAKE a MEKKUCITY」のほうは「楽しかった」という一言に尽きますね。
ホールライブだったけど想像以上に盛り上がりました。

こちらは渋谷公会堂の8~9割くらいが埋まってたので
席数から考えて1500~2000人くらいの参加者でしょうか。

思ったより男性比率が高くてひとりぼっちを壊せました!ありがとうございます。
2階席から見た限りでは25~30%くらいの男性率だったと思います。
ぶっちゃけこれなら12日に行ったライブと同じくらいです。
たぶんLiSAさんやLiaさんのファンで見に来た方もいらっしゃったのかな。

メカクシ団がMCを取り、巨大スクリーンでPVを流しつつ
アニメ『メカクシティアクターズ』に流れた主題歌挿入歌のボーカルが
代わる代わるライブを展開する形式でした。

4番バッターばかりの打線という感じで腕が死にかけましたが
中盤、奥井亜紀さんの「アヤノの幸福理論」と「シニガミレコード」にはすごく癒やされました。
あと途中3Dモデルのエネによるライブ演出があったりなど、色々凝った作りでした。

こちらのライブは、かなりの人がサイリウムを使用していました。
短い間で、曲調は共通点もありつつも
まったく違う文法のライブを見れたのは興味深くて面白かったです。


 私も所属している楽曲レビューサイト「DAIM」が、夏コミで新刊を頒布します。
そこで、カゲプロ特集が組まれています。

DAIM Append 2 [Web Music Contents Review Magazine] Summer, 2014

私は 『メカクシティレコーズ』のアルバムレビューを4ページ書きました。
周囲の絵師さんのハマり方から、キャラクターソングとしての完成度に注目し、
個別楽曲、アルバムの流れを分析しました。
私の中でのカゲプロに対する、ここ1年の思いを集積しています。

個人的になかなか上手くまとまった文章になったと思っています。
もうちょっと長文が許されるならば、THE BACK HORNとじんさん楽曲の関連性も
書きたかったのですが、それは別の機会にということで。

『DAIM Append 2』は、夏コミ3日目の私のスペースでも委託という形で頒布しますので
よろしくお願いします。

それを含めた、夏コミでの頒布物一覧はこちらです
スペースは、ラ-07b「G.C.M Records」となります。久々の誕席です。
当日お会い出来る方はどうぞよろしくお願いします。
マナーを守って楽しいコミケを。

■夏コミ新作グッズ「ボカロビギナーズ!卓上スケジューラー」詳細はこちら
■7月発行の最新刊『ボカロビギナーズ!extend』詳細はこちら
■最新フルアルバム『My Partners』詳細はこちら
■その他、最新サークル情報はコミケのWebカタログページにて



「DAIMレビュアーが選ぶ2013年の音楽作品13曲」に参加しました

こちらの動画に、「DAIM」のメンバーとして曲紹介1曲で参加しました。

13名のメンバーがひとり1曲ずつ曲を選び、200文字以内でレビューをしています。
文章とともに曲を楽しんで頂ければと思います。

こういった感想・レビューつきの曲紹介系動画は、今のところ私が知る限りは
「鏡音リン・レン年間総合ランキング」など、ごくわずかしかないと思います。

私は「文章による曲紹介も、曲の二次創作の一種である」ということを
日頃から主張しているのですが、
この動画でも、各メンバーのレビューで、より紹介曲が輝いて見えたらいいなと思います。

ちなみに私の選曲は、2013年10選「RINLENMANIA 6」でも選んだこの曲です。

メンバーが選んだ13曲は使用ボカロも様々です。
またボカロ以外にNNI作品もあります。
曲調もバラエティーに富み、選曲者の個性が非常に出ているという印象です。

RINLENMANIA」みたいに、似たような音楽ジャンル・テンポを意識して
曲順が並んでいますので、一枚のアルバムを聴くような楽しみ方もできると思います。

DAIMに関するあれこれ

昨年10月のこと。
Twitterで知り合いのボカロPの方から、ある曲を教えて頂きました。
その曲は、大人の余裕を感じる歌謡曲。しかし明らかに70年代には不釣り合いな音圧。
当時の再生数はまだ300ほどでしたが、私はその曲調と完成度に衝撃を受けました。

すごく心に引っかかったものがあったので、レビューサイトDAIM
この曲のレビューを書かせて頂きました。

DAIM ver.α - まさP / “恋は1970”
http://c-daim.tumblr.com/post/32740832868/p-1970

そしたらですね。

初音ミクみく - 有名作曲家、彩木雅夫氏(79歳)が初音ミク曲を投稿していたことが判明
http://vocaloid.blog120.fc2.com/blog-entry-14858.html

!?

ってことになって色々びっくりしたアンメルツPです。

自分がDAIMでやっている方向性が間違ってないことを感じた一方で、
やっぱり大手サイトは強い、というのと、曲を聴く動機として「ニュース性があること」
って重要なんだなあ、というところも実感した出来事でした。

あと、「恋は1970」が発掘されたタイミングは、ちょうど自分自身が
インターネット歌謡曲「ロマンシング・アバター」をアップしたのとほぼ同じタイミングでして…
レビュアーとして評価された気持ちは嬉しい一方、音屋としては…みたいな
ちょっと複雑な気持ちもありましたw

さてそのDAIMですが、超ボーマスに出展します。
今回はwebを飛び出して、楽曲レビュー本を出すということでメンバーが頑張っています。
本日表紙が発表されました。

私はミュージックコラム執筆と、あと本文のデザインも担当しております。
自分自身のベスト盤と並行して進めているのでこのところ修羅場が続いていますが
どちらもちゃんとスペースに並ぶようにラストスパート頑張ります。

そのDAIMには、本日新しいレビューも投稿させて頂きました。
ノスタルジーな世界観と、レンの声が印象的な一曲です。

DAIM ver.α - lulu / “秒針の世界”
http://c-daim.tumblr.com/post/46857495897/lulu

いろいろ告知

◆「ボカロビギナーズ!」通販始まりました

とらのあなにてショップ委託開始しました。
今回はとらのあな専売となります。

無料PDF版、ボカファンで頒布した冊子版ともに好評を頂けているようで嬉しいです。
特設サイトはこちらです。引き続きよろしくお願いします。

◆楽曲レビューサイト「DAIM」レビュワー就任

DAIM
http://c-daim.tumblr.com/

「DAIM」はWeb上で無料で閲覧できる作品(ボカロ曲に限らず)を
主としたレビューサイトです。
個人で曲紹介している方は多数いらっしゃいますが、
こういう風に複数人編集でまとまった感じになってるのは少ないと思います。
今回ご縁があり、こちらにレビュワーとして声をおかけ頂きました。

最初のレビューはSASAさんの「存在のアンサー」です。
ボカロ曲を中心にたまにBMS曲もレビューする感じで、
週1ペース以上で投稿していこうかなと思います。

◆ボカファン3でのインタビューが公開されました

ヒロトPによる、ボカファン3参加者等へのインタビューです。
顔は出してませんが色々しゃべりました。

Top