G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

「スケッチブック・セイレーン」動画をアップしました

新譜『My Partners』より、
「スケッチブック・セイレーン」の動画投稿を行いました。

この曲は、sezuさんの小説『リンちゃんなう!SSs』 に収録されている
お話「転校してきた鏡音さんの歌声を独り占めしたい。」の
二次創作として作った楽曲です。

【ストーリー】

小説本編のその後の話を、想像して作ったものです。

みんなと仲直りした鏡音さんは、その後も歌の練習を重ねて、
ついに、人前で歌えるまで能力を制御できるようになりました。

そして、リリィ先輩率いるバンド「セイレーン」のライブで
シークレットゲストとして登場することになった鏡音さん。
友達やバンドメンバーと一緒に作り上げた、渾身の歌を歌います。

「――私のことを綴った歌です。大切に、聴いてください」

 

【曲調】

「リンちゃんなう!」と同じBPM200で作るというのと、
セイレーンのライブでの記述「激しく歪んだ楽器のサウンド」「重低音」から
高速のロックサウンドにすることは事前に決めていました。

最初はラップつきの高速ボカロック路線を目指していたのですが
作っていくうちに、DragonForceっぽいパワーメタルになりました。
とにかくベタに、ストレートに、ドラマチックにメッセージを伝える。
そういう曲作りが自分は好きなんだなあと改めて実感しました。

「高校生でこんな超速ツーバスや速弾きギターできる奴いねえよ!」
というツッコミは受け付けません。

歌詞はサビの「燃やし尽くして」をはじめ、
ところどころ小説のセリフや記述から引用させて頂きました。
機会があればネタバレ解説も書くかも。

ちなみに、イントロとAメロのコード進行の仕方は
「リンちゃんなう!」のサビ(?)と完全に同じなので、
イントロ部分で「リンちゃんなう!」のサビがそのまま歌えます。

 

【どうしてこうなった】

ボカロ曲から小説を作るのであれば、逆にボカロ小説から
曲を生み出しても面白いのではという単純な発想です。

この話は『リンちゃんなう!SSs』の中で一番好きなストーリーで、
しかも、リン、GUMI、Lily、がくぽ、BIG-ALと、
小説でキーになっている登場ボカロを持っていたので
これは自分がやるしかないと。

このツイートのフラグを回収した形ですね。

元々ニコニコには「VOCALOID小説派生曲」というタグができるほど、
既存の小説やライトノベルからインスピレーションを
受けて作られた楽曲がたくさん存在します。(現在150曲ほど)
有名なものでは、sasakure.UKさんの「タイガーランペイジ」(元ネタ:山月記)などがあります。

だから、別にボカロ小説が元の派生曲があっても
やってることは何も変わらないのかなと思いました。
そもそも元をたどれば、楽曲「リンちゃんなう!」は
sezuさんのツイート(=文章)から生まれたわけですしね。

今までこういうアプローチの作品があまりなかったのは
おそらく他のボカロPがボカロ小説をあまり読んでいない
ためだと推測しています…w
まあ、普通は自らの世界観でオリジナル曲作りますからねえ。

「商業小説という正解が出ることで、二次創作が萎縮するのでは?」の
反証例を出したかったという思いもあります。
(まあ、これはカゲプロがとっくに反証例になってる気もしますが…
 ここを深く考え出すとコラム一本書けそうな内容ですね)

『リンちゃんなう!SSs』の場合は、
各章が独立したショートストーリーになっているので
そういう意味では作りやすかったです。

ちなみにこの小説、ボカロ小説と呼ばれるものの中で
「ボーカロイドという存在をテーマの中核に置いている、
 ある意味正しく『ボカロ小説』をしている小説」だと思っています。
なので「ネタ曲を小説化する意味あるの?」なんて
疑問に思っている人にこそ読んで欲しい小説ですね。

 

 ※一応、sezuさんをはじめとする関係者の確認は頂きましたが
 あくまでこの曲・動画は二次創作のひとつであり、
 小説の「正しい解釈」を表すものではないという
 ことは書いておきます。

 

【次回予告】

次の曲は、前にブログに書いたカゲプロ楽曲のカバーになりそうです。

連続で二次創作となりますが、ボカロの面白さを伝えるには
必ずしもオリジナル曲である必要はないと考えています。
普段の何倍も調声に手間をかけた作品になりましたので
こちらもぜひ公開したら聴いて頂けると嬉しいです。



冬コミ手焼きCD「Japanese Boy」

RINLENMANIA 4」沢山のご視聴本当にありがとうございます。
4年目にして、コメント数とマイリスト数がシリーズ過去最高となりました。
ボカロ3の音源が数多くリリースされましたが、今後の鏡音の活躍にも要注目ですね!

さて、息つく暇もなく冬コミがやってきます。

31日の冬コミに参加します!
スペースは西2ホール、く-04b「G.C.M Records」です。
例年と違ってボカロは西ホールに配置されていますのでご注意ください。

新作は、LA旅行記レポート漫画+ゲスト寄稿の総括本「Los AnnMelts」(B5/100P/800円)と
海外組ボカロによる手焼きCD「Japanese Boy」(4曲入り/200円)の2点となります。

「Los AnnMelts」の詳細はこちらをご覧ください。

ここでは手焼きCDの詳細をお知らせします。

Japanese Boy レーベル

「Japanese Boy」

音楽CD(CD-R)
全4トラック収録、頒布価格200円

◆曲目リスト
01. Japanese Boy (Sweet Ann)
02. Japanese Boy (BIG-AL)
03. Japanese Boy (Oliver)
04. Not A Wonderful World (Oliver)

試聴mp3(Track01、04)

全曲海外ボカロボーカルで4トラック入りのシングルです。
表題曲のAnn、AL、Oliverそれぞれの歌唱版と、
Annが歌っている「Not A Wonderful World」のOliverによるセルフカバーとなります。
たぶん史上最速でOliverの声が入ってるであろう同人CDですw

不織布ケースに歌詞カードと一緒に収納しての頒布となります。
100枚くらい作ります。通販の予定はありません。
冬コミ以外では、1月のかがぺろ、2月のボーマス19でも頒布します。
(かがぺろでは、鏡音ボーカルの別の手焼きCDも作っていくつもり)

いま必死で焼いているところですw
31日にお会いできる方はぜひお会いしましょう!

リン+BIG-AL新曲「Baby Bear」&告知

冬コミ頒布コンピCD「DEBUTANTE 6」の参加曲をアップしました。
イラストは紅雪さんです!

リンと海外組VOCALOIDのBIG-ALによる楽しいダンスポップです。
少女とクマのぬいぐるみの物語です。
可愛いリンと野太いBIG-AL、ふたりの声の対比をお楽しみください。

それと何点か告知。

◆ブラックミュージックコンピ「GOOD 2 GO!!」参加しました


http://vocaloidblackmusic.web.fc2.com/

2/12のボカフェスで頒布される、かごめP&takamattさん主催による
ブラックミュージック(黒人音楽)コンピに1曲提供しました!

10曲目の「Not A Wonderful World」という曲です。
こちらはAnnを起用したディスコナンバーとなっています。
こちらの動画も近日公開できるかと思いますのでお楽しみに!

◆ミクモバで「トモエ」の着うた配信開始

クリプトン公式の携帯サイト「初音ミクモバイル」にて、「トモエ」の
着うた/着うたフルの配信が始まりました。
よろしくお願いします!

kagamination企画も楽師さんと絵師さんの組み合わせが決まりましたので
特設サイトで少しずつ明らかにしていこうと思います。

【新作カバー】BIG-ALで「Salamander」

2010年1発目のうpです!
リンレンでもルカさんでもなく、先週末にやってきたBIG-ALによる
ELLEGARDENのカバー曲となります。
日本発売を待ちきれずに公式サイトでポチってしまった…!

BIG-ALといえば低音なイメージもありますが、
かなり高い声も出させています。こんな感じのもいかがでしょう?

確かに独特の癖はありますが、音符の長さ変更や発音記号変更には
素直に従ってくれるいい子です。
ここはやはりSweet Annを生み出したPOWER-FX社の力かと。
あと、この曲のメロとサビのようにE3あたりを境に
声質ががらりと変わる印象です。

あとやっぱり声の太さは一級品ですね。
ロック曲であればそれこそ50年代のロックンロールから現代の曲まで
幅広くいけるかと思います。ちなみにこのALはGEN40です。

Top