G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

『VST Lovers』自宅分到着&C92参加情報

夏コミ(C92)新刊『VST Lovers』の自宅送付分が届きました!

仕上がりは特に問題なさそうです。
「少し写真の黒が濃いめかな?」という第一印象もあったのですが、
確認したところ発色は商業誌とほぼ同レベルでした。

また、とらのあなでの通販予約が始まりました
夏コミにいらっしゃらない方、遠方の方はこちらでどうぞ。

COMIC ZINでもそろそろ取扱ページができるかと思います。
BOOTHは夏コミ後に頒布ページを公開します。
倉庫の入荷処理の関係で、おそらく今月下旬以降の取扱いです。

ミク10周年と直接は関係ないのですが、ボカロPとしての10年近い活動で積み上げてきた様々なものがこうして形になった気がします。
2017年の夏に出せそうで良かったと思います。

音楽ジャンルなどの幅を超えた様々な方の
プラグインや音楽制作に対する熱い想いが詰まった新刊に
なっておりますので、ぜひお手にとって頂ければ幸いです!

夏コミではこちらのディスプレイが目印です。
お待ちしております。

コミックマーケット92 お品書き

8/11(金)夏コミ1日目
東7ホール に-09b「G.C.M Records」

新刊『VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!~』

以前『ボカロビギナーズ!』(同人版)の関連グッズとして頒布していた、
「ボカロP専用ノート」「進捗ToDoふせん」も久しぶりに頒布します。
価格はノートが500円、ふせんは今回から値下げして300円です。
新刊のお供にぜひどうぞ。

その他頒布物の一覧は、こちらをご覧ください。



夏コミ新刊『VST Lovers』発行します #vstlovers

8月11日(金・祝)開催の夏コミ1日目にて、
新刊『VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!』を頒布します。
総勢34名の楽曲制作者が、おすすめVSTプラグインを熱く語る
172ページの同人誌です!

↓クリックで特設ページに飛びます。

この本について

今回はずばり「ボカロP・DTMer向け」の本を作りました!

初心者向けという切り口では、2015 年末に発売された商業流通版『ボカロビギナーズ!ボカロでDTM 入門』にて、自分にできることはある程度やり切ったという感覚を持っています。
そこで、次のテーマとして、曲作りの基本はある程度把握した方が、さらに楽曲のクオリティを高めたり、より快適に作業を行うためにはどのような知識があると助かるのか、というものを考えた結果、今回の「VST(i) プラグインの紹介本」の制作に至りました。

特徴

『VST Lovers』では、「実際に作品に使用したVSTプラグインを後から振り返ったときに、役に立ったと思うもの」を参加者の皆様に紹介・レビュー頂きました。
「他の人はどんなプラグインを使っているのか?」という制作者の
疑問に、答えのヒントを与える一冊となれば幸いです。

また、「プラグインを実際に使った曲」がわかるのも特徴のひとつです。
VSTプラグインの紹介文と共に、曲名・URLと
曲のどこにプラグインを使ったかという情報を多く掲載。
作品の大半は、ニコニコ動画やYouTubeなど
ネット上で無料で聴けるものとなっています。

お一人につき3~10個のVSTプラグインをご紹介頂いております。
主催は主催権限で20個書きました。
自分で紹介した20個のうち、半分の10個くらいは宣伝も兼ねて
このブログに紹介文を上げていこうかなと考えています。

特設ページで18ページ分の無料サンプルPDFを読めますので、
内容が気になる方はぜひどうぞ!

関係者の声(一部)

終わりに

この本が、新たなプラグインとの出会いや、
手持ちのプラグインの魅力の再発見のきっかけになれば幸いです。
そして、結果として日々の創作活動がより充実したものになれば、
これほど嬉しいことはありません。

初頒布は夏コミ1日目ですが、ボーパラや鏡音しおり!など
その他の同人イベントなどでも頒布をしていきます。
通販はとらのあな、COMIC ZIN、BOOTHで行う予定です。

ずっと暖めていたアイデアがようやく形になりそうで嬉しいです。
引き続き、夏コミに向けた準備など進めていきたいと思います。

楽器フェアでVOCALOID4と巡音ルカV4X(開発中)を見てきた

11/20のVOCALOID新製品発表会にて、「VOCALOID4」が発表されました。
その中で、「巡音ルカV4X」や、AHSボカロのV4化などが各社よりアナウンスされました。

 新機能の詳細についてはプレスリリースや、藤本さんの記事をご覧ください。

『VOCALOID4』登場。うなる様な声の合成、2つの歌声ライブラリのブレンド、ピッチレンダリングなどの新機能を搭載。12月下旬より3製品の発売を開始。
– ニュースリリース – ヤマハ株式会社
http://jp.yamaha.com/news_release/2014/14112001.html

VOCALOID4発表!目玉はグロウルと歌声間をモーフィングするクロスシンセシス :
藤本健の“DTMステーション”
http://www.dtmstation.com/archives/51919689.html

 

そのVOCALOID4が早速展示されるということもあり、
今年から東京ビッグサイト開催となった2014楽器フェアに行ってきました。

1416548676581

1416552822067

ヤマハさんのブースは複数ありましたが、VOCALOID関連のコーナーは
シンセサイザーや電子ピアノの展示ブースの奥まった場所にありました。
Cubaseを含めて数台展示されており、
関係者とおぼしき方や、ヤマハさんに縁があるボカロPの方らが常駐していました。

そこでVOCALOID4 Editorと、
巡音ルカV4Xが動く開発中のPiapro Studioを
両方触ることができました。

Piapro Studioですが、新機能(E.V.E.C.)の操作性はかなりいい感じです。

新機能の紹介はクリプトンさんの公式にもあるのですが、
これだけだとちょっと複雑そうに見えます。

ただ実態としては、自然と調声作業の一環として溶け込めそうなインターフェースでした。
「ビブラートを変える」「歌唱スタイルを変える」のとほとんど同じ感覚です。

ノートの左上・右上にある四角形をダブルクリックすることで、
DBとブレスの長さを選択できる画面が出てくる。
しかもCtrlを押しながら四角形をクリックすることで、
DBを順次切り替える
こともできました。

製品版は多少の調整が入る可能性はありますが、期待していいと思います。

※写真は一応撮影できましたが、開発中のため
 ネット公開はご遠慮くださいとのことでした。

 

一方、VOCALOID4 Editorも基本の見た目は
現行のV3 Editorとほぼ一緒で、移行にあたって大きな問題はなさそうです。
V3の順当な機能追加版というイメージですね。

新機能のグロウルやクロスシンセシスも、操作としては
新しくパラメータが加わったというところなので、比較的扱いやすいと思います。

ただしひとつだけ気になる点が。
それは今まで一覧表示されていたパラメータ名が数の増加に伴い、
主と背景表示それぞれをリストボックスで選ぶUIに変わったことです。

ワンクリック手間が増えるので、
この変更は個人的にはあまり好ましくないかなあ、と思っています。
パネルで一覧表示するとかもっと手はあったんじゃないかと…。
一応その場にいた方に意見ということで上げたので
製品版や今後のアップデートなどで改善されていればいいなと思います。

私はとりあえず両方買う予定です。
私の現状としては、主に操作性の良さからPiapro Studioを使ってます。
少し前に他社ボカロがPiapro Studioでも使えるようになってから依存度が上がりました。

ただ自分の環境だと、DAW(SONAR)の落ちる確率が上がるので
補完的にV3エディタも併用しているというところです。
Jobプラグインの適用など、V3エディタでしかできないこともありますし。

 

ところで、恐れていたことが現実になってしまいました。

watさん曰く、次期の鏡音リン・レンは
ルカさんと同じく V4Xで 開発が進められているということなので、
鏡音ファンの方はもう少し待ってみましょう。

Top