G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』制作進行中です

11/12開催「ボーマス38」&11/19開催「鏡音しおり!」にて、
鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』を頒布します!
特設サイトを公開しました。

鏡音キャラクターソング集『gLoR10us』特設サイト
http://www.gcmstyle.com/lr10/

タイトルは「グロリアス」と読みます。

企画について

今回は、10周年の節目に、ボカロの原点ともいえる
キャラクターソングが集まった作品を聴きたいという
思いで企画しました。

鏡音リン・レン(LR)と私たち(us)が、
10周年から先も楽しい日々を過ごせるよう、
共に歩みを進める(go)…
この作品が、そんな想いを巡らせるきっかけになれば幸いです。

なお、本企画でいう「キャラクターソング」とは
・ニコ動で「VOCALOIDイメージソング」タグがつく楽曲
・ボカロ、鏡音であることに着想がなされている楽曲
を主に想定していますが、「これは鏡音のキャラソンだ」と
参加者が主張すればそれはキャラソンです。
ここらへんは「参加者がバラードと思えばそれはバラード」という
『ふたりのねがい』と一緒です。

皆さんの楽曲提出はこれからなので最終的にはわかりませんが、
たぶんリンソロ・レンソロ・デュエットのバランスは
わりと取れているんじゃないかと思います。

ちなみに自分自身の参加曲は
「プレミアサポーター」とも「CV02依存症」とも
違う角度から鏡音を見たものになると思います。

鏡音10周年に向けて

年末に向かっての自分の鏡音企画は
『gLoR10us』と、「RINLENMANIA10」の二本立てで
お送りしたいと思います。

RINLENMANIAに関しては、
今年も直近1年間の曲をお借りする通常回です。
毎年やっている企画ですので、10年目も10年目の曲に
光を当てながら、10周年をお祝いできればと思います。

10月には特設ページを開設して推薦曲を募集しますので
今のうちに、去年10月以降にニコ動に投稿された鏡音曲を
チェックして頂き、お気に入りの一曲を見つけてみてください。



『kagamination』5周年記念特設サイト公開

2011年に発行した鏡音コンピ同人CD&画集企画『kagamination』の、
発行5周年を記念した特設サイトを公開いたしました。


(バナークリックで特設サイトへジャンプします)

5周年記念特設サイトには、各作品の紹介および
「作品制作当時のエピソード」「近況と、次の5年に向けて」というテーマでの
各参加者ご本人によるコメント、
もしくは主催アンメルツPによるコメントを掲載しております。
イラストをお寄せくださった方もいらっしゃいますので、ぜひお楽しみください。

この特設サイトがこの5年間の歩みを振り返り、
次の5年に思いを馳せるための助けになれば幸いです。
また、『kagamination』という作品をご存知なかったという方にも、
新たに作品に触れるきっかけになればと思います。

一応補足しておくと、特設サイトのURLが
「kagamination.cv02.net」の配下ではないのは技術的な問題です。
wordpressを使っててデータベースをいじっているので、
RINLENSNSから間借りしているサーバではなく、
この「gcmstyle.com」配下に配置しています。

この特設サイトを作るために、全31曲収録のCDと画集を
改めて何度も聴き返したり読み返したりしました。
改めてどれも素晴らしい曲やイラストが揃っており、
何度聴いても新たな発見を味わうことのできる作品であると自負しております。
本当に皆様素晴らしい作品をありがとうございました。

5月~今月上旬までは、ほぼこのサイトの制作と
6月の鏡音オンリーで発行した『kagamination』5周年記念グッズの制作
時間を使ってきましたが、夏に向けては楽曲の制作や
動画制作・新曲の発表も続々していきたいと考えています。
よろしくお願いします。

『30LRC』楽曲制作者の募集を開始しました #30LRC

7/25(土)より、鏡音30秒着信音コンピ『30LRC』の楽曲制作者募集を開始しました。

参加を希望される方は特設ページ記載の募集要項をお読みのうえ、
ページ下部よりリンクしている応募フォームからご応募ください。

現時点で既に何組かのご応募を頂いており、ありがとうございます。
今回は先着順の募集ではありますが、人数受け入れ枠が多いので
おそらくすぐ埋まることはないかと思います。
じっくり参加ご検討頂ければと思います。

ある程度受付を行った段階で、随時参加者のお名前を
特設ページに掲載していくつもりです。
ボーパラのサークル参加募集方式ですね)

30秒の曲ってどういう感覚で作ればいいんだろうという方に参考として、
昨年の「デフォみねワンドロ」企画にて作った曲へのリンクを貼っておきます。
どの曲もサビのワンフレーズで大体30秒くらいです。

ちなみにBPM120で16小節の曲が32秒、
BPM200で24小節の曲が28.8秒になります。
これは曲の終わりを考えずにループにした場合で、
ちゃんと曲を終わらせるようにするともうちょい長くなります。

トークの場合は、アナウンサーの読み上げが1分間に300文字程度らしいので、
30秒だと150文字くらいをベースに、しゃべりのテンポや間なども考えて
原稿を作っていくのがいいのではないかと思います。
Twitterの1ツイート程度の原稿をしゃべらせればコンピに参加できます!

鏡音30秒着信音コンピ『30LRC』始動します #30LRC

鏡音30秒着信音コンピ『30LRC』特設ページ

http://www.gcmstyle.com/30lrc/
『30LRC』バナー

新作鏡音コンピ企画『30LRC』の特設ページをオープンしました!
今回は楽曲制作者を公募する方式です!

『30LRC』は、リンレンによる30秒前後の
スマートフォン着信音・アラーム音をみんなで作る
DVD&ネット配信コンピ企画です。
演奏時間の縛りがある同人コンピCDはこれまでもいくつかありましたが、
今回はスマホ用という完全に曲の使用用途を絞ったものとなります。

11月29日(日)開催『鏡音まつり!』にて、
WAV、VSQファイルなどを収録したデータDVDを頒布。
同じく12月27日(日)の鏡音リン・レン8周年となる記念日に、
mp3&m4rを無料ネット配信します。

企画の目的は、生活の中に鏡音が溶け込めばいいなというのと、
多くの方に自分の作品が形になる楽しさを味わってほしいという思いがあります。
長さは30秒前後、作品はアカペラでもトークロイドでもOKです!
1人3曲まで参加可能。曲数の合計が100曲に達するまで募集を行います。

楽曲制作者の募集は25日より開始いたします。
DTM初心者の方、最近パソコンの奥に鏡音を眠らせている方や
トークロイドPの方など、色々な方にぜひ参加して頂きたい企画となっております。
概要をじっくりお読みのうえ、参加ご検討いただければと思います。

ふたりのねがい』のときも「ニコ動で受けるフォーマットにこだわらず~」みたいな感じを言ってましたが、
今回輪をかけてニコ動あまり関係なくてすみません。
でもボカロの活躍の場ももはやニコ動だけじゃないですからね。
みんな曲を気軽に作って、生活の場に持ち込もう…そんな企画です。

余談ですが、今回の特設ページは企画にちなみ、
完全スマホ対応を目指しました。
スマホとPCだとちょっと見え方が違うのでぜひ両方で見てみてください。

『モウテントリビュート』クロスフェード&個別楽曲公開!

特設ページやTwitterでは以前から告知しておりましたが、
カゲプロ二次創作CD『モウテントリビュート』のクロスフェード動画を
12日に公開しました。

 

また、19日に個別楽曲4曲を一斉にアップしています。

 

 

4曲はジャンプスクリプトを設定して他の収録曲に飛ぶようにしてますので
どの動画からご覧になっても収録曲全てをお楽しみ頂けます。

 【クロスフェード動画について】

「CDの曲順通りに曲を流さない」ということを初めてやりました。
本家様のクロスフェードを意識した構成ということもあるんですが、
CDのコンセプトが伝わりやすいものを前に持ってきて、
熱心なファン向けのを後ろに回そう」という意図もありました。

【「人形館解放作戦」について】

「コバルトダイアリー」のほうがバンドサウンドなので、こちらは打ち込み系です。
サンプリング音源やループ素材をゴリゴリ組み合わせて作りました。
曲調自体は、ドラムンベースやらガバっぽい要素やらダブステップっぽい何かが
色々入り組んだ感じですが、メロディはあくまでポップなものとなっております。
結構ハチャメチャな展開ですがお気に入りの一曲です。

巡音ルカV4Xのグロウル機能で「ギャアアアア」と叫ばせたり、色々遊びました。
曲の締切設定が3/20で、ルカさんの発売日が3/19。突貫でしたが楽しかったです。

あとタイトルの「人形館解放作戦」は、
「(モモを)人形館(から)解放(するための)作戦」
「(キドが)人形館(から)解放(されるべく必死になる)作戦」
ダブルミーニング的なアレです。

「人形館解放作戦」の歌詞はこちらからどうぞ。

とらのあな様でCDの通販が始まりました。
遠方の方、メ活誌まで待てないという方はこちらをご利用ください。

今のところカゲプロファンの方の反応が良くて嬉しいです。
原作に敬意を込めつつ、ファンに受け入れられるものをと頑張ってきました。
超会議やメ活誌などでお届けできる日が楽しみです。

『モウテントリビュート』曲目一覧&ジャケット公開

 超ボーマス、M3、メカクシ団活動日誌などで頒布する
カゲプロ二次創作同人CD『モウテントリビュート』の
ジャケット画像と収録曲一覧を特設ページで公開しました
イラスト制作者の割り当ても発表しています。

ジャケットとB6歌詞カードをセットで頒布します。
両者ともイラストは7:24さん、デザインはGYARIさんです。
格好いい感じに仕上げて頂きました!
ジャケットと歌詞カードのリンクなどをお楽しみください。

収録曲はオープニング、エンディングを含め全9曲です。
私自身はオープニング曲「モウテンプレリュード」、2曲目「コバルトダイアリー」、
3曲目「人形館解放作戦」の各作詞作曲に加え、6曲目「幸せの探しかた」の作詞、
エンディング曲「ツギノメトリビュート」のVOICEROID調声も担当しております。

「コバルトダイアリー」は、ヒダリガワさん、みなるP、rokugatsuさんと
4人で歌詞を書いて調声をするという、がっつりコラボな楽曲です。
某曲を彷彿とさせるような高速ロックで、熱いメッセージ、メロディは明るめな感じです。

 「人形館解放作戦」は、「キドさんが遊園地のお化け屋敷で震えている曲」という
テーマが一番よく曲を表してるんですが、平歌で冷静な感じだったのが
サビで高速歌唱でパニックになる感じの高速ダンス楽曲です。
巡音ルカV4Xにさっそく歌わせています。

「幸せの探しかた」は他人が書いた曲に歌詞を書く、という
自分の中では珍しいコラボでした。
rokugatsuさんの暖かいロックの曲調に載せてハートフルな歌詞を書きました。
調声はヒダリガワすらっしゅさん、歌はZOLA ProjectのYUUです。

いつもと違うことも色々とやっているのはやっているんですけど、自分の担当曲は
「たくさんのボカロによる熱い合唱」と「巡音ルカさんがバタバタしてる曲」と
「家族愛とか歌うハートフルな路線」(作詞)なので、
案外そこは普段の路線とあんまり変わらなかったりします。

各曲、ファンの方々に受け入れて頂けるよう、
楽曲&イラスト制作者のメンバー一同心を込めて作りましたので、
どうぞよろしくお願いいたします。
後日クロスフェード動画なども公開する予定です。

また、4/25の超会議1日目、4/26のM3、5/4のメカクシ団活動日誌での頒布のほか、
4/26の超会議2日目で少部数ですが委託頒布させて頂くことも決定しました。
委託先はGYARIさんのサークル「GYARISUTA! VS 10分以上変拍子生演奏」(う03,04)となります。

CDの本体は本日無事に入稿しました。
引き続き歌詞カードの入稿に向け諸々の作業を進めていきます。

カゲプロ二次創作同人CD『モウテントリビュート』始動します

4月下旬以降頒布を行う、新しい企画CDの情報を解禁しました!

「カゲロウプロジェクト」二次創作同人CD『モウテントリビュート

特設ページ→http://www.gcmstyle.com/mouten/

小説・漫画『カゲロウデイズ』、アニメ『メカクシティアクターズ』から着想を得た、
本家様が楽曲で描いていない「盲点」のシーンを中心に、
二次創作楽曲を制作し、CD+ブックレット(歌詞カード)で頒布するという企画です。

具体的には、「キドが遊園地のお化け屋敷で震えている曲」や
「ヒビヤ&ヒヨリが都会に出るまでの曲」などです。
このCDの主な対象は、上記が何を意味するかわかるカゲプロファンの方ですが
知識がなくても、純粋に曲としても楽しめる感じになるかと思います。

ブックレットには、全曲に楽曲をイメージした描き下ろしイラストを収録します。

頒布イベント
4/25(土)「超ボーマス31」
4/26(日)「M3-2015春」 ※超ボーマス31の二日目でも委託頒布を検討中
5/4(祝)「メカクシ団活動日誌5冊目」

メ活誌4冊目開催前から、5冊目があればそこで出すことは決めていたのですが、
時期的に1週間前に超ボーマスがある日程となり、
超ボーマスで「新譜は来週です」って言うのもどうかと思ったので
初頒布は超ボーマスとなります。

制作陣
【楽曲制作】
アンメルツP(主催)、ヒダリガワすらっしゅ、みなるP、rokugatsu

【楽曲参加ゲスト】
攻(ボカロ調声)

【イラスト制作】
7:24、眼帯ウサギ、紅宮もも、涼、腹筋、mikuma、もげこ、れい

【アートディレクション】
GYARI  ※「メカクシ団活動日誌4冊目」紙カタログデザイン

【マスタリング】
Shibayan

今回、楽曲制作者は4人という少人数です。
ユニットでアルバムを作ろうということで、「作戦会議」と題して
実際にリアルの場で打ち合わせして曲のアイデア出しなどを行っていました。

去年5月に上げた「『グルーヴコースター』とカゲプロ楽曲の相性が良い理由」
という記事で、ボカロPとしてもカゲプロの創作の輪に加わりたい、ということを
少し書いたのが、ようやく形にできそうな気がします。

中高生から見るとエネミーかもしれないもう若くない年で、
カゲプロ関連のツイートとかは普段控えめですが、
「アヤノの幸福理論」を英詞カバーしたり、昨年のじんさんのライブに行ったり
楽曲レビュー同人誌で『メカクシティレコーズ』の考察記事を書いたりと
色々と思い入れのあるとても好きな作品です。

なお、この同人CD企画は個人主催による非公式ファン活動であり、
カゲプロ公式企業・団体とは一切関係ありません。
同人誌における絵や文章という表現手段が、
この企画では音楽になっているものとお考えください。

この目で作品に正面から向き合い、
自分なりに原作への愛情を表現していきたいと思います。
カゲプロに関してはまだまだ未熟者ではありますが、よろしくお願いします。

『ふたりのねがい』収録曲全曲紹介

2014/11/3開催「鏡音さんぽ!」にて発行する、
鏡音バラードソング集『ふたりのねがい -RL Ballad Collection-』の収録曲を
一曲ずつご紹介させて頂きます。(Twitterでのツイートをまとめたものです)
先日投稿したクロスフェード動画を聴きながらお楽しみいただければと思います。

 

01 secta -intro-/曼荼羅P

全体の導入となるイントロ楽曲で、
曼荼羅さんらしい優しく壮大なオケに載せてリンSweetとレンSeriousが歌います。
短い作品ではありますが、このCDの始まりであり、
ふたりのねがい』を象徴する大切な一曲です。

02 心あらず/スノーノイズP

心に残った言葉を抱えて、未練もありながら少し前を向く感じが好きです。
6月には完成しており、提出一番乗りでしたが、
この曲を受け取った時に、きっとこの企画はうまくいくだろうとの思いを抱きました。

03 OFF/パトリチェフ

ブラックミュージックの要素を感じる一作です。
孤独にたたずむ大人っぽいリンの姿が浮かびます。
深く沈み込むような、いつまでも浸れる曲です。
エレピやパーカッションなど、耳に心地良い音をゆったりと聴き込みたいナンバーです。

04 陽だまりの場所/キッド

ノスタルジーな感覚を呼び起こす優しい歌です。
シリアスな路線とも、「虹色の少年」のような前向きで力強い曲調ともまた違う、
新たな色を持つバラードが完成したと感じました。
テーマ「言葉の力」に対し、「名前を呼ぶ」というモチーフが素敵です。

05 まだ、ずっと、聞こえてる/ヒダリガワすらっしゅ

「おかえり」という言葉ひとつの力を押し出したポップバラードです。
身近な日常の別れを描いた楽曲で、
「スマートフォンのカメラロール」のようなフレーズが入ってるのもヒダリガワさんらしく、
若い世代にも響く一曲です。

06 ぼくのしあわせ/れれれP

全体的に明るくも、その先の終わりも感じさせる切なさが好きです。
ピアノやアルペジオが印象的な、キラキラしたオケの空気感に懐かしさを感じます。
深夜にふと空を見上げたり、外に出たりして星空の下でぜひ聴いてみたい曲です。

07 Resonance/Becky Pop Sound Research.

特殊な拍子やブレイクビーツが特徴のトリッキーなバラードです。
野球で言えば2番バッターみたいな存在かと思います。
調声は私です。優しい歌詞の想いをそのまま伝えられるボーカルを目指しました。

08 冬の予感を終わらせて/虹原ぺぺろん

全体に物悲しげな雰囲気が漂う一曲で、リンAppendの繊細な調声が素晴らしいです。
切ない歌詞もあいまって情景がはっきりと浮かぶ曲です。
ベテラン俳優による恋愛ものの邦画のラストシーンで流れそうな雰囲気を感じました。

09 ホワイトアウト/銀銀

イントロでのギターのアルペジオが印象に残る、銀銀さんが得意とするバラードロックです。
内省的でひたすら内に内に沈み込む歌詞に心をえぐられます。
何もかもうまくいかない理不尽やストレスを抱えた時、
爆音で聴き、音に身を任せたくなるような曲です。

10 エイトアタック/ライブP

歌詞から鬼気迫るものを感じました。
平歌でのけだるい様子から、サビでの力強さまで、
レンAppendの歌声をフルに生かした作品です。
その歌い方を含め、ライブPにしか出せない世界がここに展開されています。

11 有り明/shr

往年の歌謡曲や昔の洋楽のような、
長く愛されるスタンダードナンバーの雰囲気を感じる一曲。
文学作品を読むかのような深みがあります。
少年の心や思い出を抱えた大人をレンが歌うというテーマにぐっときます。
サビでの高音に胸を締め付けられます。

12 泣き虫夢見人/アンメルツP

この曲についてはこちらで長々と語りましたので詳しくはそちらをご覧ください。
締切日当日まで悩んで作った作品ですが、本当に作ってよかったと思います。

13 あの日の嘘と本当の涙/レタスP

一番思い入れのある楽曲シリーズの最終章となる作品をこのCDに提供頂き、
企画にかける強い想いを感じました。
CDのラストを飾るにふさわしい、バラードの王道とも言える作品です。
その結末は、ぜひご自身の耳でお確かめください。


総括

事前の想定より若干別れの歌が多い印象はありましたが、
結果的には曲調も、歌詞も、バランスのとれたものに仕上がったと思います。
バラードといっても色々な方向性があり、音楽の可能性の広さを改めて実感しました。
いつまでも手元に置きたいCDになったと自負しております。

 

『ふたりのねがい』クロスフェード動画を投稿しました

鏡音バラードソング集『ふたりのねがい』CD試聴デモ【鏡音さんぽ!】

大変お待たせいたしました!
『ふたりのねがい -RL Ballad Collection-』のクロスフェード動画を投稿しました。
どの方の作品も、言葉に想いが込められた入魂の一曲です。
ぜひ聴いてみてください。

個別の楽曲は、25日から投稿可能としています。
自分の曲はイラストを受け取って、現在動画作成中です。
25日夜には公開できたらいいなと思っています。

通販は、まずはアリスブックス様で既に予約が始まっています。
とらのあな様、メロンブックス様も本日申請が通りましたので、
後日情報が出てくるかと思います。

参加者のライブPより「kagaminationに相当する名盤の予感がする」という
主催冥利に尽きるありがたい言葉を頂きました。
鏡音さんぽ!まであと2週間弱、いよいよ初頒布が迫ってきましたが
皆様に長く愛されるような作品になればと思います。

鏡音バラードソング集『ふたりのねがい』情報解禁!

2年ぶりとなる、新作鏡音コンピCDの情報を公開しました!


(バナークリックで特設ページヘ)

 11/3開催「鏡音さんぽ!」にて、鏡音バラードソング集
ふたりのねがい -RL Ballad Collection-』を頒布します。


【楽曲制作者(敬称略)】

アンメルツP(作編曲)/まなみん(作詞)
キッド(作曲)/残鏡P(作詞)/クリスタルP(編曲)
銀銀
shr
スノーノイズP
虹原ぺぺろん
パトリチェフ
ヒダリガワすらっしゅ
Becky.(作編曲)/korumi(作詞)
曼荼羅P
ライブP
レタスP
れれれP

※なお特設ページには記載されていませんが、
Becky.さん作曲、korumiさん作詞の曲については、
私アンメルツPが調声を担当しております。

【スタッフ】
主催:アンメルツP
ジャケットイラスト:△○□×
アートディレクション:猫凪みさお
マスタリング:Dios/シグナルP

今回テーマをバラードにした理由はいくつかありますが、一番は
「ニコニコで受けるようなフォーマットにこだわらず、心に響く歌詞を
ひとつひとつ大事にしながら聴き込めるようなCDを作りたい」
というものがあります。

制作者の皆さんには、「ことばを大事にした楽曲」ということで
曲作りをお願いしております。ぜひ歌詞にご注目ください。

私の曲は、普段から作詞でお世話になっているまなみんさんに、
歌詞先行で曲をあとからつけるという形で書いて頂きました。
曲はいま制作中です。
本当に素敵な歌詞なので、なんとしてもそれをうまく活かせるようにしたいと思います。

今の提出状況を見る限りは、ひとくちにバラードと言っても
4番バッターばかりの打線みたいな感じではないような
様々なテーマ、曲調が揃いそうです。

なお「デュエット」がテーマだった『ふたりのうた』とは異なり、
今回はリンソロ、レンソロ、デュエットが混在しております。

それと、ジャケットは私主催コンピで初めてとなる紙ジャケットです!
歌詞カードもいつもとは違う紙素材にして、高級感のあるものに仕上げる予定です。

人生の節目などに長く聴き込めるような、
手にとった方に寄り添うようなアルバムを目指しています。
お楽しみに!

Top