G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

「スケッチブック・セイレーン」動画をアップしました

新譜『My Partners』より、
「スケッチブック・セイレーン」の動画投稿を行いました。

この曲は、sezuさんの小説『リンちゃんなう!SSs』 に収録されている
お話「転校してきた鏡音さんの歌声を独り占めしたい。」の
二次創作として作った楽曲です。

【ストーリー】

小説本編のその後の話を、想像して作ったものです。

みんなと仲直りした鏡音さんは、その後も歌の練習を重ねて、
ついに、人前で歌えるまで能力を制御できるようになりました。

そして、リリィ先輩率いるバンド「セイレーン」のライブで
シークレットゲストとして登場することになった鏡音さん。
友達やバンドメンバーと一緒に作り上げた、渾身の歌を歌います。

「――私のことを綴った歌です。大切に、聴いてください」

 

【曲調】

「リンちゃんなう!」と同じBPM200で作るというのと、
セイレーンのライブでの記述「激しく歪んだ楽器のサウンド」「重低音」から
高速のロックサウンドにすることは事前に決めていました。

最初はラップつきの高速ボカロック路線を目指していたのですが
作っていくうちに、DragonForceっぽいパワーメタルになりました。
とにかくベタに、ストレートに、ドラマチックにメッセージを伝える。
そういう曲作りが自分は好きなんだなあと改めて実感しました。

「高校生でこんな超速ツーバスや速弾きギターできる奴いねえよ!」
というツッコミは受け付けません。

歌詞はサビの「燃やし尽くして」をはじめ、
ところどころ小説のセリフや記述から引用させて頂きました。
機会があればネタバレ解説も書くかも。

ちなみに、イントロとAメロのコード進行の仕方は
「リンちゃんなう!」のサビ(?)と完全に同じなので、
イントロ部分で「リンちゃんなう!」のサビがそのまま歌えます。

 

【どうしてこうなった】

ボカロ曲から小説を作るのであれば、逆にボカロ小説から
曲を生み出しても面白いのではという単純な発想です。

この話は『リンちゃんなう!SSs』の中で一番好きなストーリーで、
しかも、リン、GUMI、Lily、がくぽ、BIG-ALと、
小説でキーになっている登場ボカロを持っていたので
これは自分がやるしかないと。

このツイートのフラグを回収した形ですね。

元々ニコニコには「VOCALOID小説派生曲」というタグができるほど、
既存の小説やライトノベルからインスピレーションを
受けて作られた楽曲がたくさん存在します。(現在150曲ほど)
有名なものでは、sasakure.UKさんの「タイガーランペイジ」(元ネタ:山月記)などがあります。

だから、別にボカロ小説が元の派生曲があっても
やってることは何も変わらないのかなと思いました。
そもそも元をたどれば、楽曲「リンちゃんなう!」は
sezuさんのツイート(=文章)から生まれたわけですしね。

今までこういうアプローチの作品があまりなかったのは
おそらく他のボカロPがボカロ小説をあまり読んでいない
ためだと推測しています…w
まあ、普通は自らの世界観でオリジナル曲作りますからねえ。

「商業小説という正解が出ることで、二次創作が萎縮するのでは?」の
反証例を出したかったという思いもあります。
(まあ、これはカゲプロがとっくに反証例になってる気もしますが…
 ここを深く考え出すとコラム一本書けそうな内容ですね)

『リンちゃんなう!SSs』の場合は、
各章が独立したショートストーリーになっているので
そういう意味では作りやすかったです。

ちなみにこの小説、ボカロ小説と呼ばれるものの中で
「ボーカロイドという存在をテーマの中核に置いている、
 ある意味正しく『ボカロ小説』をしている小説」だと思っています。
なので「ネタ曲を小説化する意味あるの?」なんて
疑問に思っている人にこそ読んで欲しい小説ですね。

 

 ※一応、sezuさんをはじめとする関係者の確認は頂きましたが
 あくまでこの曲・動画は二次創作のひとつであり、
 小説の「正しい解釈」を表すものではないという
 ことは書いておきます。

 

【次回予告】

次の曲は、前にブログに書いたカゲプロ楽曲のカバーになりそうです。

連続で二次創作となりますが、ボカロの面白さを伝えるには
必ずしもオリジナル曲である必要はないと考えています。
普段の何倍も調声に手間をかけた作品になりましたので
こちらもぜひ公開したら聴いて頂けると嬉しいです。



明日発売『V Love 25 -Imagination-』に参加しています

明日5/21(水)にDUEより発売される、VOCALOIDコンピCD『V Love 25』の
シリーズ最新作『V Love 25 -Imagination-』に参加させて頂きました。

サンプル盤(上写真)受け取っています。
レーベルがキラキラしていて可愛いです。

7曲目「おなごとは恐ろしき生き物なり」(Becky Pop Sound Research. feat.神威がくぽ)のVOCALOID調声担当です。
「純情ハービヴォー」で参加した『Fortune』以来、シリーズ2度目の参加ですね。

相変わらず他の収録曲がそうそうたるラインナップの中で恐縮ですが、
実は今年「がくぽオリジナル曲」タグで5桁以上の再生ってこの曲しかないんですよね。
いろいろ運が良かったと思います。

がくぽの声やイメージを活かした曲を作るのはなかなか難しいと思うのですが、
メジャー的な需要があるわりに競争率がいまそれほど高くないと思うので
皆さんも作ってみると思わぬ成果が待っているかもしれません。

自分自身なかなか合う曲が作れなくて、失業状態が続いていた我が家のがくぽですが
Becky.さんをはじめ関係者のおかげで、こうして表舞台に立つことができました。
ありがとうございます。

クロスフェード動画も投稿されています。

『ボカロ批評 vol.01』の記事にもありましたが、
メジャーのボカロコンピCDに関しては、去年から売上が下降気味の傾向にあります。

理由としては、ソロアルバムの隆盛や、有名どころに商業仕事が増えたゆえの
自由にコンピに収録できるニコ動投稿作品の供給不足、といった事情が推測されます。
そんな中、生き残りには一工夫が必要になりつつあります。

今回のCDも、コンピ収録曲を動画として収録したDVDとの2枚組となっています。
DUEならではのやり方かと思います。
値段は通常のボカロメジャーコンピCDと同じ2,000円ちょいと、お得な設定となっていますので、曲をDVDでじっくり楽しみたいと思う方はぜひどうぞ。

お買い求めはこちらから。

調声参加「おなごとは恐ろしき生き物なり」

Becky.さんの新曲に、がくっぽいどとLilyの調声で参加しました!
作詞と動画はおなじみのkorumiさん、イラストはるみあさんです。

そもそもアンメルツ家に実在するかを疑われたり、Annのヒモ説が度々出るなど
不憫な扱いを受け続けてきたがくぽですが、今回は仕事がっつりやりました。
歌う内容はやっぱり不憫だけどな!
楽しい曲に仕上がっていますので、ぜひ聴いてみてください。

【技術的な話】

基本的にはいままでの曲の他のボカロと同じような調声を行っていますが
けっこうボカロエディタ上でしゃくり上げても自然に歌ってくれるのが特徴ですね。
2サビの「福沢諭吉」に至っては1文字ずつほぼ全部しゃくり上げていますが
あまり違和感ないと思います。

聴きどころは、2サビの後の心の叫びですねw
リバーブはBeckyさんがミックス時に後入れのですがいい演出になったと思いますw

Lilyにも、前からやりたかった「ちょっとチャラいギャルっぽい調声」が
できたので満足しています。

あと、今回は今までにないくらいビブラートの種類を要所要所で変えています。
ビブラート設定「Extreme」は声の揺れが激しいので一般的には使い所が難しいのですが
こういうコミカルでキャラを強調する歌には感情を出すために向いています。

なお、がくぽとLilyは両方ともV2エンジンのものをV3エディタ上で調声しています。

【宣伝】

この曲に加え、調声で参加した「純情ハービヴォー」や「妄想ナルシスト」を含む
Becky.さんのセカンドアルバムが、3/2開催のボーパラ関西で頒布されます!
頒布スペースは「E-13」の「こるみあ!@恋には奥手☆」です。

私の個人サークル「G.C.M Records」(E-14)の隣なのでわかりやすいと思います。

当日は「純情ハービヴォー」の本人達による同人誌なども頒布されるようなので
ぜひチェックしてみてくださいね。

優待販売のお知らせ

http://www.ssw.co.jp/products/vocal/gackpoid/index.html

がくっぽいどのイラストが発表されましたね。
デフォルメ系かなと思いきやまさかのリアル系www
そして得意音域の恐ろしい低音さ…

以前「オリジナルはあまり思いつきにくいかも…」て書いたところが
これは色々アイデアが出てきそうですww
もちろん買いますよー。

あれ?インターネット社からメールが来てる。
どれどれ…

┌───────────────────────────────────
│02.【優待販売情報】『がくっぽいど』 優待販売について
└───────────────────────────────────

 下記製品のご登録ユーザー様には、優待価格にてご提供させていただきます。

 <優待販売対象製品>
 ・Singer Song Writer シリーズ
 ・MIXTURE(無償版は対象外となります)
 ・Sound it! シリーズ
 ・OPUS

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

まさか大昔に買ったSinger Song Writer Lite4.0でユーザー登録したのが
こんなところで役に立つとはwww
結局Liteはピアノロールがついてないのと、
早々にSONAR Home Studio4に移行したのもあって、
全然使わなかったけど…何があるかわからないものですね。

ちなみに優待価格はまだ未定だそうです。

がくっぽいどキター

Gacktの声で歌うソフト VOCALOID「がくっぽいど」6月発売

いやー、本当に来ちゃいましたね。
しかもネタでもお遊びでもなく、製作にはかなりの期間が費やされた模様。
クリプトンが埋められなかった方向性を間逆のアプローチで突いてきました。
インターネット株式会社は本気です。
でも正式名称がくっぽいどなのか…その名前だけはどうにかならなかったのかww

デモソング聴きましたが、意外に素直に歌っているという印象。
これは普通に購入決定ですね。価格はミクよりちょっと高くなりそう?

しかし本人もすごいが、一番凄いのはこれの発売を許可した事務所だと思う(笑)
これは物凄い勢いで本人のイメージを壊すネタ動画が氾濫し…

と思ったらすでに中の人がえらいことを色々やってしまっている件。

Gackt CM集 その1
Gackt Dressing Up

ネタ性でも十分KAITOに対抗できるとは!恐るべし…。

とりあえず出たらカバー曲を1曲作ってみるのは
マスターとしての義務でしょうが、何を歌わせようかな…。
「メルト」とか「カンタレラ」とか「悪ノ召使」あたりは
絶対複数人がやってネタかぶりになりそうですね。

しかしカバーさせたい曲は沢山あるけど、
これオリジナル曲発想するのがちょっと難しそうですね…
Gacktの固定イメージがあるだけになかなか打ち破るのは大変そうな気も。
パッケージは「Gacktじゃないキャラ絵」になるらしいのですが。

マジネタ…?

今更ですがネットのエイプリルフールネタは今年も
面白いものがそろってましたね。

ニコ動はコメントが逆に流れたりとかありました。
あとエイプリルフールにふさわしいネタニュースもいくつか上がってました。

「Gacktが協力したVOCALOID『がくっぽいど』を
株式会社インターネットが開発している」

とか。あれはちょっと吹いてしまいました。

ところが。

このニュースが、なぜか

4月2日になっても「JASRACと契約」などのニュースに混じって
ニコニコのトップページに残っていたんです。

これって…もしかしてマジネタですかね…?

確かに妙にネタにならない具体的な個人名・会社名出しているし
さらにITMediaの記事にもなってしまった。
単なるエイプリルフールネタだとしたらわざわざここに来て
記事を広めることはしないはず。

しかし商品名の響きからしていまだに半信半疑状態だ…。
「Gacktやインターネットならやりかねない」っていうのと
「やっぱあり得ない、普通に釣りだよな…」っていう思いが
ずっと交錯しっぱなしです(笑)

とりあえず続報を待つ。

Top