2-14 不朽胎の孤独

作品紹介&参加者コメント

Disc2 Track14 『不朽胎の孤独』

作詞/作曲/編曲:FMAK(曼荼羅P)
イラスト制作:ぱらいそ

本コンピ収録曲の中では異彩を放つ、ひときわダークな世界観を持つ一曲。
鐘やストリングス、ノイズ混じりのシンセが印象的なオケは、得体の知れなさと同時に何故だかとてもピュアな雰囲気も感じる。

歌詞は、生まれる前に潰えてしまった可能性の歌、とも解釈でき、逆説的に今を生きることの大事さを表現しているようにも聴こえる。

イラストも曲から発想を広げた惨劇を映し出したダークな一作。
引きの構図や光のリアルさも臨場感がある。

ニコニコ動画には未公開。

参加者コメント

作詞/作曲/編曲:FMAK(曼荼羅P) twitter niconico

作品制作当時のエピソード

2011年は、ちょうど最初に勤めた仕事を辞めた時期であり、人生の岐路に立っていた時期でありました。
なので、私の1枚目のアルバム「人でなしの恋」も含めてこの時期はひたすら辛かった記憶があります。
「不朽胎の孤独」の歌詞にも私の当時の鬱屈した心境が明確に現れていて大変懐かしく思う一方、
kagaminationの「10年後も、みんなと一緒にいるために」というポジティブなコンセプトを
一切無視した楽曲になっていて大変お恥ずかしいのですが、ある意味アルバムのアクセントになったのではないか?
結果良かったんじゃないか!!!?と思っております!

近況と、次の5年に向けて

正直、ボーカロイドで楽曲制作を始めたときには、2016年まで続けているとは思いもしませんでした。
そして2021年に、kagamination10周年を一緒に祝いましょう!

イラスト制作:ぱらいそ niconico pixiv

作品制作当時のエピソード

下書きか線画かを曼荼羅Pに見せた時、何故リンが笑っているのかを聞かれて説明はしたのですが、正直そこは自分でも迷った所でした。(なので、今回笑ってない絵を描いてみました)

あと、もしかしてリンが抱えているのがウサギのぬいぐるみだと思われてたりします?ウサギフードを着た赤ちゃんです。

近況と、次の5年に向けて

次の5年の前に来年の鏡音10周年を…と思うのですが、5年とか10年とかいう話ができるのがすでにすごいことですね。鏡音を使い続けている方々のお陰です。感謝です。
画像メッセージ
(画像をクリックすると拡大表示します)