2-13 …忘れそう。

作品紹介&参加者コメント

Disc1 Track13 『…忘れそう。』

作詞/編曲:HzEdge(クリスタルP)
作曲:キッド
イラスト:アギ

郷愁と切なさを誘うメロディ、優しくも力強いピアノ・ストリングスや泣きのギターが深く心に刻まれるバラードナンバー。
長い年月の果てで記憶や思い出を忘れそうになるVOCALOIDが主題。
この5年間は短いように見えても、その間にVOCALOIDもそれを扱う人間も確かに変わり続けた。年を経て聴き返すとさらに深みを持って伝わってくる楽曲であろう。

商業アルバム『かがみね★ふぇすた 2013 starring 鏡音リン・レン』に新録バージョンが収録されている。

イラストはヘッドフォンやアームカバーを捨て、少しずつアイデンティティを失いつつあるレンの正面と後ろ姿を捉えたもの。表情や背中がなんとも切ない。

全体の位置づけとしては、この曲からkagamination全体の締めにあたる曲を並べている。

参加者コメント

作詞/編曲:HzEdge(クリスタルP) twitter home niconico

作品制作当時のエピソード

この作品は普段のアレンジに加えて歌詞もオレが担当しているのですが、”ボカロ達は機械(ソフト)なんだから「忘れる」はずがない”という固定概念を逆手に取ってみようというのがそもそもの発想の発端でした。
(よくある手法かもしれませんが…)
だからアレンジよりも何よりも一番先に出来たのはタイトルでした、ね(笑
音としてはキッドの曲ががっつりバラードで来ましたので、一番得意なピアノと弦を主体とした、10年後に聴いても恥ずかしくないものに仕上げられていると思います。

近況と、次の5年に向けて

普段新作を作っている時は、自分自身で出来る一番新しいことを最大限盛り込もうというのがモットーなのですが、
上でも言ったように10年後も聴けるという、ある意味普遍性を重視した”最新”とは真逆の物も折に触れて作っていければいいな、と考えてます。
Play with Airplane

Play with Airplane

クリスタルPによる2年ぶりのKAITOメインオリジナルアルバム!
"エアライン×ワールドワイドな楽曲"がコンセプトのこのアルバムは10周年記念曲『テンカラット』や昨年の『贄の風采』を含むバラエティに富んだアルバムです。

作曲:キッド twitter home niconico

作品制作当時のエピソード

初めてのコンピレーション作品へ参加させていただくということで、自身が得意とするバラードで!というのは最初から決めておりました。
1音1音大切に聞いていただけるようにじっくりと考えました。

近況と、次の5年に向けて

スタンスはいつも「自分らしさ」を常に考えながら、それでいて聞いてくださる方々が、聞きたいと思えるような曲を作っていけたらいいなと思います。
夏に、サヨナラ

夏に、サヨナラ

子供のころ、夏休みが終わるのをいつもさみしく感じていました。その時の気持ちを思い出しながら、歌に込めてみました。

イラスト制作:アギ twitter niconico pixiv

作品制作当時のエピソード

最初にkagaminationのお話を頂いたとき、まさかこんな豪華なメンバーが集う大型企画だと思わず、のちのち発表になって震えた覚えがあります。
クリスタルP、キッドPのファンだったため、素晴らしい楽曲のイラストが描ける嬉しさと
それよりなによりとっても緊張しました(笑)

近況と、次の5年に向けて

最近は私生活の忙しさもあり、なかなかボカロで作品を作ることが少なくなってしまいましたが
鏡音愛は冷めること無く、あっという間だったこれまでの5年と同じように
あっというまに10周年になるんだろうなぁと思います。