2-11 -memoria leoria-

作品紹介&参加者コメント

Disc2 Track11 『-memoria leoria-』

作詞/作曲/編曲:バルP
イラスト:上埜月

二次元と三次元の境界線を超えようとする、パソコンの中の鏡音の歌。
その世界観を表現するため、コンピューターノイズから始まり、より機械的に加工されたリンレンの声など、楽曲は電子的な雰囲気で終始進んでいく。

歌詞カードでは「(※我々には未だ解読できない)」としている中盤の歌唱パートなど、実験的な試みが多数行われた楽曲である。

イラストは、ボカロエディタを思わせる緑色の電子の海に囲まれたリンレンの二人を映し出している。

参加者コメント

作詞/作曲/編曲:バルP twitter niconico twitter

主催アンメルツPによるコメント

バルPのそれまでの作品には、「きらめきドリーマー」のような明るいポップや「グレア」みたいなロックなど、
生音系を多く使ったものが多いイメージがあったので、この楽曲を頂いた時は驚きました。
まさに「鏡音の可能性」をサウンドで体現した一曲だと思います。

最近の活動としては、2015年の夏にニコニコ動画に3年ぶりに楽曲動画「Save the Queen」を投稿したほか、
仕事としても音楽に携わっているようです。
KarenTではニコ動未投稿の楽曲もいくつか聴くことができます。

イラスト制作:上埜月 twitter pixiv

主催アンメルツPによるコメント

当時からとても格好良くてクールなリン・レンを描かれる方で、その絵が好きでkagaminationに声をかけさせて頂きました。
ロック楽曲にも、今回の楽曲のようなデジタル系の楽曲にも似合う絵柄をお持ちの方だと思います。

画集のコメントには「私もリンとレンに会いたい!そんな思いを込めて描かせて頂きました。」とあります。
この曲は次元を超えようとする鏡音がテーマですが、絵師さんは本当に頭の中にあるイメージを具現化することで、
少しでもリンレンとの距離を縮めてくれるような存在であると日々感じております。

最近の活動としては、yukki#氏の鏡音レン楽曲「絶頂フルコース」、r0y氏の結月ゆかり曲「Asmodeus」などでイラストを手掛けていらっしゃいます。