1-03 ボーナスステージ

作品紹介&参加者コメント

Disc1 Track03 『ボーナスステージ』

作詞/作曲/編曲:ガルナ(オワタP)
イラスト制作:ひの
動画制作(ニコニコ動画):hinata

「kagamination」という単語を広く一般に知らしめた楽曲。
学生から大人になるに従ってのモラトリアムや悲哀を歌っている、という解釈が一般的なようだが、2011年当時と今の状況を改めて振り返りながら聴くとまた違った意味にも感じられるかもしれない。

『kagamination ZERO』の1曲目を飾った収録曲であり、また『kagamination』収録曲の中では最初に主催に完成音源が提出され、最初に動画サイトに投稿された。
『kagamination』本体の頒布と着うた配信などの商業展開が並行して行われたという、2011年当時としては珍しい作品でもある。

イラストでは白黒に鮮やかな赤紫色というインパクトの大きい衣装をまとった鏡音が描かれており、動画の公開にあたって大きな反響を呼んだ。
動画制作はhinata氏が手掛けている。

参加者コメント

作詞/作曲/編曲:ガルナ(オワタP) twitter home niconico

作品制作当時のエピソード

当時は大型のお祭りコンピということなので、タイトルだけは楽しい曲にしようと思いました。
hinataさんに初めてのAfter Effectでの動画制作を依頼したり、ひのさんにレイヤーさんにコスプレしてもらえるような衣装でのイラストをお願いしたり、とても楽しかった記憶があります。

近況と、次の5年に向けて

ありがたいことに、この曲はたくさんの方に愛されました。
商業CDや商業DVDに収録されて、商業小説でも題材にされました。
今でもイベントではたまにこの曲の衣装のコスプレをお見かけしています。
5年後も「kagamination」という単語が誰かの記憶に残っていればいいなと思います。
小説版「パラジクロロベンゼン」

小説版「パラジクロロベンゼン」

2015年に発売された、オワタP本人が執筆した商業小説。
「ボーナスステージ」という楽曲が生まれた心情を題材にしたストーリーも収録されています。
特典CDにはセルフクラシックアレンジ版も収録してたりします。
THE BEST of オワタP 無難。

THE BEST of オワタP 無難。

2016年に発売された、オワタP本人の初の商業ソロアルバム。
リマスタリングされた「ボーナスステージ」が収録されるなど、さらに進化して帰ってきました。

イラスト制作:ひの pixiv

作品制作当時のエピソード

Pさんや動画師さんとの共同制作ということで大変貴重なご機会をいただきいろいろと勉強になりました!
大好きな鏡音でこのような素敵な記念作品に関わることができて本当にうれしく思っています。
曲調に合わせて普段とは違うタッチに挑戦してのイラスト制作だったのですが、今でもデザイン等気に入ってます。

近況と、次の5年に向けて

ここ数年はVOCALOID作品を描くことが少なくなりましたが、また節目節目を機会に鏡音愛を込めてお絵描きしたいきもちです。
5年後のボカロは一体どうなっているのか想像もできませんが…リンとレンのさらなる進化と成長に期待しつつ!