DTM・ボカロ曲(オリジナル曲&カバー曲)

G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

LATEST NEWS

鏡音リン・レンの調声で参加「Resonance」投稿されました

以前企画しました鏡音バラードソング集『ふたりのねがい』の収録曲が投稿されました。
私アンメルツPは、鏡音リン・レンAppendの調声で参加しています。
作詞はkorumiさん、作曲はBecky.さんです。
イラストは「RINLENMANIA9」企画でもお世話になったりりさんです。

特殊な拍子やブレイクビーツが印象的なバラードで
コンピCDの中でもなかなか癖のある曲ですが、野球でいうところの
2番バッターのような存在かなと思っています。

今回は比較的ピッチ等のいじりも少ないストレートな歌唱となっております。
優しい歌詞の想いをそのまま伝えられるボーカルを目指しました。

現在『ふたりのねがい』の通販は主にBOOTHで実施しております。
ニコ動未発表作も多いので気になった方はこちらでどうぞ。
https://gcmstyle.booth.pm/items/57208



GReeeeNの「愛唄」を鏡音リン・レンでアレンジカバーしました

久しぶりに開催された「J-POPカヴァー祭り」に参加しました!

GReeeeNの「愛唄」は、5/16にシングル発売10周年を迎えます。
というわけで、同じ今年10周年を迎える鏡音にカバーしてもらいました!
鏡音リンAct1 / Act2 / Append / V4Xの4人による「RiiiiN」でお送りします。
ゲストボーカルとして鏡音レン4人の「LeeeeN」もいます!

カバーの経緯、アレンジ解説

「愛唄」はもともと好きでいつか鏡音カバーさせようと思っていたのですが、
2015年にwhiteeeenの「愛唄 ~since 2007~」が発表されてからは
さらにその思いが強くなっていきました。

原曲は1対1のど真ん中のラブソングなんですが、
鏡音が愛を唄うっていうのは対象はどこなんだろう?ということで、
相方はもちろん、使い手(マスター)、リスナーなど
幅広いところが対象になるのではと思いました。

なので「1対1の向き合い感」を薄めるため、
学園祭ライブやブラスバンドみたいな絵が浮かぶアレンジにして、
向こう側から4人が並んで発信しているというイメージにしました。

アレンジに関しては勢い重視で短時間で仕上げて、
そのぶんコーラス含めて10人の調声に丸2日かけています。
青春感がうまく出せたのではと思います。

なお今回から、より自然な合唱にするために新しく
「Humanizer」というJobPluginを導入しました。
作者の方ありがとうございます。

とりあえず「ゆりかごのキミへ」と今回のカバー曲とで
初音鏡音10周年のノルマ?はクリアできたと思っているのですが、
「ゆりかごのキミへ」と、闇リンコンピに提供した「CV02依存症」は
今年動画化が控えているので、引き続き頑張ります。

マジカルミライコンテストに応募!「ゆりかごのキミヘ」

『マジカルミライ 2017』楽曲コンテスト開催!

2017年2月3日~4月3日(月)の応募期間で、
「初音ミク『マジカルミライ 2017』楽曲コンテストが開催されていました。
グランプリ受賞楽曲は、9月に開催される「マジカルミライ 2017」
ライブステージの1曲として演奏されるという企画です。

初音ミク「マジカルミライ 2017」楽曲コンテスト
http://magicalmirai.com/2017/contest/

 

そのコンテストに、
私アンメルツPも応募用の楽曲を作って参加しました!

piapro(ピアプロ)|オンガク「【初音ミクV4X】ゆりかごのキミヘ」
http://piapro.jp/t/Q1Yq

楽曲について

この楽曲のコンセプトは、
「『2017年の初音ミク』から『2007年の初音ミク』へ」
です。
今回の応募作品はおそらく未来に時間軸を置く作品が多いだろうと思い、
あえて逆説的なアプローチをしてみました。

普段は鏡音リン・レンや巡音ルカを歌わせることが多くて
初音ミクさんの曲を作るのは久々なんですが、
やはりミクは初期からボカロを扱う者にとってとても大事な存在です。

長くボカロPとして活動してきた私にとって、このコンセプトは
初音ミク10周年の折に絶対やってみたいものでした。
2017年の今だからできるキャラソンになっていると思います。

10年間色々あって、苦しいことも乗り越えてきた今のミクが、
2007年の生まれたばかりでいきなり注目を浴びることになった
ミクにアドバイスするなら…という歌です。

思い起こせば10年間常に色々あった記憶しかないのですが
その度に強くなっていく初音ミク・VOCALOIDの可能性には
常に驚かされ続けています。

また、ボカロPとして活動してきたこの長い期間で、
創作仲間の方が結婚したり家庭を持つ、といった出来事もありました。
中にはボカロがきっかけで一緒になったという方もいらっしゃいます。
この歌は、そういった創作仲間の子供たちに捧げる歌でもあります。

曲調は王道ど真ん中のポップロックでいってみました。
2007年のヒット曲を色々意識した部分もあります。

調声に関しては、力強さを意識してハキハキと歌わせてみました。
無闇にピッチベンドいじらないほうがミクらしい綺麗な歌い方をするので
ピッチベンドの変化はアクセント程度にしました。

最終的には500曲以上集まった大激戦となりました。
私の集大成的なものになったと思うので、ある程度の自信は持っていますが
やりきった感はあるので、これで落ちても後悔は無いです。
(もうちょっと時間があればミックス面をさらに詰めたかったけど)

落選だった場合は、8/31のミク10周年合わせでの動画公開を目指します。

オトガミ収録曲「Change!」動画投稿しました

投稿しました!
スマートフォン用音楽ゲーム『オトガミ-OTOGAMI-』の収録曲です。

「Change!」はゲームのテーマに合わせて、「君が紡ぐ音楽は、きっと世界を動かせる」という前向きな想いを込めたアップテンポな楽曲となっております。
基本的に課金曲ということもありこれまで視聴環境が無かったのですが、遅ればせながら公開しましたのでお楽しみください。

楽曲に関しては以前のブログ記事とkorumiさんのブログに詳細は書いておりますが、とにかく二人とも過去の自らの作品との被りを恐れずに本能のまま作ったため、それぞれの自分らしさが一番出た曲となっています。

スマートフォンゲーム「OTOGAMI -オトガミ-」に楽曲提供しました #オトガミ | G.C.M Records by アンメルツP
http://www.gcmstyle.com/2016/12/30/1905/

スマホゲーム「OTOGAMI」に作詞とボーカルで参加!|korumiの気ままぶろぐ@あめぶろ
http://ameblo.jp/korumi0901/entry-12232259415.html

動画イラストは、るみあさんにお願いしました。
今回はkorumeltsとしての楽曲ということで、
オトガミと一緒の二人(をイメージしたキャラ)を書いて頂きました。
曲にふさわしい前向きでキラキラしている感じに仕上がっています。

 

スマートフォンゲーム「OTOGAMI -オトガミ-」に楽曲提供しました #オトガミ

12月23日にiPhone、Android用として
(株)スタイル・フリー様よりリリースされました
スマートフォン用音楽ゲーム「OTOGAMI -オトガミ-」に、
歌い手korumiさんと私アンメルツPのユニット「korumelts」として
「Change!」という楽曲を提供させて頂きました!



ゲームについて

スタイル・フリーさんがゲーム作品としては初めて手がけることになった
音楽ゲーム作品となっております。

音楽ゲームパートを遊んで、オトガミというケモノ系のキャラクターを育成したり
対戦(実装予定)させたりという趣旨のゲームです。
音楽モチーフのキャラというだけでツボなんですが、
幻獣屋けーすみさんデザインのこのオトガミがとにかくかわいい。

↓私はナミネちゃん推しです。

私以外の楽曲提供者としては、主題歌担当の40mP、
BGM提供のKTGさん(チーターガールP)を始めとして
全体的にとても豪華な顔ぶれとなっております。
書き下ろし曲も多く、とてもクオリティの高い曲が揃っています。
私の場違い感が満載ですが、微力ながら盛り上げられればと思います。

楽曲について

「ユメノカケラ」「幼馴染」「頼りになるぜ☆アルパーカー!」など、
私の代表曲の多くでコラボさせて頂いているkorumiさんとのユニット
「korumelts」としての作品となりました。

商業作品ということで「とにかく自分達らしいものを!」と、
過去の自分の曲や歌詞との被りを恐れず完全に本能のまま作った曲です。
そのため、二人らしさが前面に押し出されている曲となっております。
ぜひお楽しみください。
korumiさんのブログにも色々と制作話が書いています。

音ゲーとして楽しくなるような仕込みを随所でしていますが、
ラス殺しがEXPERTでちゃんと反映されてて良かったです。
EXPERTは難しすぎてそこにたどり着くまでがボロボロですが…

楽曲を遊ぶには

この曲は、ゲーム上では「AKIHABARAステージ」の「アイドル劇場」という
とてもおいしいポジションにいます。

このステージの解放には、ゲーム内課金(50オトダマ=500円くらい)が
必要ですので、
あらかじめご了承ください。

500円ほどで私の曲を含む4曲が新たに遊べるようになります。
iTunesなどの配信と比べてもそれほど変わりはしない価格感かと思います。

今のところ外部に試聴手段がないのですが、
近日中に動画で上げようかなという話もいま調整しているので
公開したらご覧いただけるとうれしいです。

「設定>ゲーム設定」で判定タイミングの微調整ができるので、
もし機種によって判定がずれていたらこちらを設定することをおすすめします。
自分の機種では+10くらいがしっくりきました。

新曲「プレミアサポーター」公開しました

 

12月24日はリンレンV4Xの誕生日ということで、1周年記念に公開しました。
最新アルバム『with you』からの一曲です。

この曲は、誕生日のサプライズライブのためにうちの鏡音が作ったという設定の楽曲となっており、
アンメルツP家の鏡音のキャラクターソングともいえる一曲です。

曲調はアップテンポなダンスポップです。
私の曲や企画をいつも支えてくださる方に感謝を込めて。

ちなみに、元々は2年前の仮想音ゲー予告PVの主題歌として書いたもので、
今回はこれがV4X&フルサイズになったものです。

イラストは、その2年前の仮想ゲーム企画で主催をなさっていた
かなみさんにお願いしました。
とても楽しそうなライブを演出してくださいました!
かなみさんの描く鏡音はほんとに「VOCALOID鏡音リン・レン」という感じがして素敵です。

 

秋、水着、ラテンポップ!新曲「ヨコシマサンセット」

【鏡音リン しましまビキニ】ヨコシマサンセット【二次創作イメソン】

『Project DIVA』シリーズ登場のモジュール「しましまビキニ」から二次創作した楽曲です。
SEGA様および楽曲本家様(サマーアイドル)の公式設定ではありません。

曲調は一度やってみたかった哀愁系のラテンポップです。
楽曲本家様の歌詞に出てくる言葉も意識しつつ、
まったく曲調の異なるものに仕上げました。

ボーカルはリンV4XでいつものBRIを上げて張った声です。
情熱や哀愁を感じるものに仕上がっていればと思います。

今回のイラストは、秋戸さんにお願いしました。
2枚描き下ろして頂いたのですが、メインのイラストは切なさを、
後半に登場するイラストは可愛さやフレッシュさを感じるものになっていると思います。
お忙しい中タイトルロゴも作って頂きとても助かりました。

この曲は、10/2に名古屋で開催されるモジュパラ(ボーパラ併催)の
スペース「D-21,22」で初頒布となる
もじゅみねイメージソングコンピ『staRLights 2nd』に収録されています。
他にも素敵な二次創作曲が沢山あるのでぜひ。

私自身は同じくボーパラ併催のカゲプロオンリーイベント「カゲパラ2」に参加しています。
週末にお会いできる方はよろしくお願いします。

samfreeさんに捧ぐ曲「Endless Nightmare」

【巡音ルカ・GUMI他】 Endless Nightmare 【R.I.P. to samfree】

魂は消えても、音楽は消えない。

昨日新曲を投稿しました。
samfreeさんをオマージュしたユーロビート楽曲です。
巡音ルカV4XとGUMI Englishがメインで、鏡音リン・レンV4Xがコーラスです。
曲自体はアルバム製作期間だった今年の2月に作りましたが、
亡くなってちょうど1年の9月24日ということで、動画を公開させて頂きました。

日本語歌唱だとメッセージが少しきつい曲ということもあり、全編英語歌唱としています。
英語の実力上文法的なあれが多々あるとは存じますが、
それでも思いの一部は世界の人に伝えられたらと思います。

メイン歌唱はルカV4XとGUMI Englishです。
ルカの英語はV2ではちょっとのっぺり気味だったのが
かなり改善されて滑舌が良くなりました。発音記号色々いじっています。
逆にGUMIは発音が良すぎて逆にところどころ日本的な違和感があったので
それをちょっと修正とかもしたり。

イラストは「繊細な感情や、悲しくも芯の強いイメージを表現できる方」ということで、
「美しい名前」のレンカバーでもお世話になった59さんにお願いしました。

【イラスト提供】Endless Nightmare by 59 on pixiv

こちらの思いを深く汲み取って頂き、
モチーフのひとつひとつにも想いを込められて丁寧に描いて頂きました。

 

samfreeさんの想い出を振り返る | G.C.M Records by アンメルツP
http://www.gcmstyle.com/2015/10/02/1683/

samfreeさんに対する思いは沢山あって以前このブログにも書いたのですが、
投稿の2日後に作ったこれがあって
原曲を海外に広めるのに微力ながら貢献できていたかもという思いもありまして。
英語歌唱なのはその理由もあります。

【巡音ルカ&SweetAnn】 ルカルカ★ナイトフィーバー 英語歌詞カバー

全ての自作曲にはそれぞれに思い入れがあるのですが、
今回の曲はなによりsamfreeさんの曲が好きな方に届いてほしいと思います。 

90年代風の新曲「SMALL 1995 ROOMS」を投稿しました

 

最新フルアルバム『with you』から一曲投稿しました。

友達と好きな曲やアーティストを語り合ったり、
嫌いなヤツに聴いている音楽をバカにされたり、
そんな学生時代の思い出を振り返ったような楽曲です。

普通に作っても90年代っぽいと言われるので、
いっそ今回は思いっきり90年代TK風に寄せてみましたがいかがでしょうか。
それっぽい音とか空気感を目指して作っています。
例によってM1ソフトシンセ多数使用。

歌詞はラブソング風ですが、
ここに出てくる「君」はすべて「音楽」のことを想定して作っています。
でも普通のラブソングでも成立するはず。
サビにはちょっとダジャレ的なものを挟みつつ、
どっちかというとレンのラップパートが本音出てます。

調声についてはリンは比較的あっさりです。
V4Xの高音の伸びやかな感じと甘ったるさが本当に好き。
レンはラップ調声頑張りました。

今回のイラストは90年代風オムニバスCDのジャケットなど、
度々90年代ものをお願いしているアギさんです。
「夜の教室にラジカセ持ち込んで好きな音楽や悩みを語り合う鏡音」というオーダーでしたが、戻ってきたのはこんなシリアスでハイセンスな素晴らしいイラストでした。
コラボの醍醐味ですね。

ちなみに1995年というのは阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件などで
日本が大きく揺れた年なのですが、CDが一番売れた年でもあります。
もう既に21年前のことであります… 

てめえらの血は何型だ ~「HEARTBEAT JAM♪歌ってみた」ミックスしました

昨日投稿された歌ってみた動画で、
4人全員の声のミックスを担当しました。

人声ミックスもたまに関わる機会があるのですが、
4人という人数は初めてかもしれません。
とりあえず4人の声重ねた時は「うおお!!すごいアニメっぽい!!」と感動しましたw
大人数のうえに各人セリフもあり、試行錯誤色々して難しいミックスでしたが
曲がノリ良いので楽しく作業できました。

私は「血液型診断は科学的に根拠が乏しい」と理論ぶって否定するくせに
周りには何故か昔からB型ばかりが集まってくる系のB型なのですが
たぶん皆さんの中にも同じことを感じている方はいらっしゃるのではと思いますw

あとPVにアンメルツPが本人出演?してます。
華やかな女の子のキャラが並ぶ中で
>>突然のアンメルツP<<
って感じでほんとすみません。
絵は「純情ハービヴォー」でおなじみのるみあさんです。
イラストうまく特徴とらえてます。

月曜夜にはオリジナル曲を1曲投稿します。
鏡音です。90年代好きはニヤニヤできる作品になっていると思います。
よろしくお願いしますー 

Top