ふたりのねがい収録曲「泣き虫夢見人」を投稿しました

G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

ふたりのねがい収録曲「泣き虫夢見人」を投稿しました


 【鏡音リン・レン】 泣き虫夢見人 【オリジナル曲】 by アンメルツP 

ふたりのねがい』に収録する私の曲「泣き虫夢見人」を投稿しました!
作詞:まなみんさんイラスト:うたおりさんです。
音源は、Dios/シグナルPのマスタリングによるCD音源です。

失敗、挫折、嫉妬、自責…
日々そんな念を抱き、今を必死に生きる方へ、そっとこの曲を送ります。
明るい雰囲気のポップバラードです。
じっくりと噛み締めて聴いて頂けると嬉しいです。

歌詞については、まなみんさんが自身のブログで語られているのでそちらをご覧ください。
この歌詞を頂いた時は、自分の作った詞じゃないのに、まるで自分の中から
湧き出た言葉かのような感覚になりました。

しかしながらいざ曲をつけようとすると、なかなか難産でした。
この言葉に見合うような力を持つ曲、メロディーとは何なのだろうか…

色々考えたあげくに辿り着いたのが、
「自分自身が曲を作るのなら、明るいメロディーで聴いた方の感情を動かしたい」
という自分自身の創作の方向性でした。
いろんな音楽はたくさん聴いてきたけど、やっぱり自分のルーツとしての
歌謡曲やJ-POPの持つ、ポップなメロディーから離れられない。

今回の曲においては、おそらくRetro G-styleに一番影響受けていると思います。
あとはFUNKY MONKEY BABYSやGReeeeN、最近のセカオワなど。
早い話が「J-POP的な応援歌」のど真ん中的な曲調なわけです。

でも、このまなみんさんの歌詞は、前向きに見えて、実は何も応援はしていない。
「J-POP的な応援歌」から見ると、むしろカウンター的ですらあります。
だからこそ、あえてこの曲調を当てたら、
案外ありそうでなかった自分らしい曲になるのでは?と考えました。

結果的に出来上がったこの曲は、自分にとってとても大切な一曲になりました。
この曲を作ったおかげで、次のアルバムの方向性もぼんやりと浮かんでいて
「やさしいうた」をテーマにアルバム一枚作れるんじゃないかなあと思っています。

 


うたおりさんのイラストは、暖かくてやわらかい雰囲気や、
ふたりの距離感が絶妙で、曲のイメージにぴったりだと思います。

私は具体的な構図については深入りはしなかったのですが
「この詞ならふたりが背中合わせかなぁと思っていたのが、まさに絵になった」
とまなみんさんがおっしゃっていたので、
全体として意志が統一できたものを作れたのかな、と思っています。


 

昨日新曲投稿直後に、VOCALOID聴き専ラジオへ出演させて頂き
『ふたりのねがい』やレンの声の話題など、鏡音に関するトークをしました。
放送音源は公開されていますので、よろしければお聴きください。

「とらのあな」「メロンブックス」「アリスブックス」など、
同人ショップ各店で『ふたりのねがい』の通販予約がスタートしています。
詳しくは『ふたりのねがい』特設ページをご覧ください。

今週土曜夜あたりにニコ生をやって、改めて各曲の解説などする予定です。
詳細はTwitterや特設ページなどでまたお知らせします。




Top