「J-POPカヴァー祭り」にセカオワの曲で参加しました

G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

「J-POPカヴァー祭り」にセカオワの曲で参加しました


夏コミ期間中ですが、新作アップしました。

原曲:SEKAI NO OWARI「炎と森のカーニバル」
2014年発表、作詞・作曲:Fukase

最近ハマっている曲をエレクトリカルでパレードな感じにアレンジしました。

セカオワをまともに聴き始めたのは今年の春に入ってからです。
その中でもこの曲は、明るいを飛び越えて躁なメロディーや
ファンタジーな世界観あふれる歌詞が特に好きな一曲です。
これが10万枚単位で売れるというのはすごく面白い時代になったと思います。

この曲はボカロとの親和性が高いだろうなと思い、やってみました。
鏡音とファンタジーの相性の良さは異常ですw

レンでファンタジーといえばアギさんというイメージが
あったのでお願いしたのですが、原曲MVを意識しつつの
素晴らしいイラストになったと思います。
下に原曲MVを貼りましたので比較してみるのも面白いと思います。

ケロケロボイスとBPM125は、今はセカオワと同じレコード会社の
トイズファクトリーに所属しているkzさんへのオマージュの意味もあります。
人間っぽい調声もやってて楽しいですが、逆にこういう人間的な要素を
とことん排除した加工も大好物のひとつであります。
GENは思いっきり下げました。レンかわいいです。

トイズファクトリーはミスチルやバンプで昔から好きでしたが、
ここにきてkzさん、でんぱ組、BABYMETAL、そしてセカオワと
個性を持ちつつ実験的なことをやってるメンバーを揃えてて
すごくアグレッシブな姿勢を感じます。

原曲はYouTubeで公式にフルPVが公開されています。

親に見つからずにちょっとネットやスマホで探せば
ニコ動で無料で聴ける曲やYouTubeでの公式音源があって、
曲もがっつり別世界に連れて行くような物語音楽がたくさんあって。
十数年前の自分にこの環境を提供してあげたいですね。

じんさんのライブ行ってセカオワのカバー作ってるって書くと
なんだかティーンっぽい響きがありますが、
当方90年代J-POPも大好きなアラサーでございます。
おんがくたのしいです。

他の方の「J-POPカヴァー祭り」参加作品はこちらにまとまっています。
その数なんと100曲以上!あなたの好きな曲をぜひ探してみてください。

それでは明日夏コミでお会いしましょう。
頒布物の詳細などは一つ前の日記の後半部分で。




Top