ココロ舞台を見に行ってきた

G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

ココロ舞台を見に行ってきた


ココロ舞台見に行ってきましたー!

片道3時間くらいの大移動でしたが
SNSの皆さんと6人くらいでわいわい楽しく時間を過ごせました。
前日からの睡眠時間があまり多くなかったので
帰りはうとうとしてましたが…w

詳細ストーリーについてはより詳しいことを書いている方が
他にたくさんいらっしゃると思いますので、ここではごく個人的な感想など。


開始前のアナウンスが素晴らしいw

「公演中のblogへの書き込み、2chでの実況、
ニコニコ生放送での中継はご遠慮願います」

本編も分かる人には分かる小ネタが満載で、よくターゲット考えて
作られているなーと思いました。いいエンターテイメントです。

直前のBGM:トラボティックワールド→空想絵本の流れもよかった。

時系列としてはココロ本編のはるか前にあたる話ということで
完全な派生作品、独自の解釈による脚本になっていました。

ファンタジーっぽい要素は少なく、
どちらかといえば現実的な要素が多く取り入れられてましたね。
これはこれでひとつの世界として完成されていた感じで
いい意味で事前の予想を裏切られました。

かわいいリンを期待した方には残念だったかもしれませんが
案外、ロボットが実際にココロを持つと
こんな感じになったりするのかもしれませんね…。
終盤の場面の、スポンサーの偉い人に(表面上)笑顔で対応する
リンを見て、ちょっとハッとさせられました。
色々と考えさせられる作品でもあったと思います。

あと私は基本的に舞台というものを見に行かない人間なのですが
やっぱりプロの役者さんは凄い、ということを実感。
メインの登場人物数人で90分の演劇をこなす膨大なセリフの量。
もちろんTVドラマとは違ってノーカット。すごいなーと。

そんなわけで色々創作の刺激となった一日でした。
今後もこういう企画が増えるといいですね…!
個人、企業の皆さんがそれぞれ持っているVOCALOIDの世界観を
もっと感じてみたいですね。




Top