VN北海道レポート

G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

VN北海道レポート


※長文です。また新曲のネタバレ要素を含むかもしれません。

お待たせいたしました、VOC@LOID NIGHT北海道レポートです。

0時くらいに会場到着、そのまますぐに開場したので入場しました。
一般参加者は70名くらい。会場が比較的狭かったので密集してました。
一般参加でもかなりPの皆様がいらっしゃいました。
たまたま隣に居合わせたアロエP、6solさんらとご挨拶。

司会はデPと畳Pのふたりで軽快なトークとともに進行。
今回かかる曲は30曲以上で、しかもほぼ新曲!豪華ですね。

まず新曲公開前半の部。
小林オニキス氏の新曲はサイハテと同じ4つ打ち。爽やかなイメージの曲です。
きりたんPの新曲はシリアスなロック。氏に今までない曲調でびっくりしました。
卑屈Pの新曲もかなり良かった。ハピコア調で和風メロ…自分のツボですね。
他には機材欲しいP、乱数P、HAL氏の新曲など。

6曲目くらいで手違いで私の新曲メッセージが流れてネタバレしてしまったw
でもこれで次にかかるということがわかったので一安心。
後半まで引っ張られたらずっと心臓に負担がかかっていたと思うのでwww

そして次の曲、ついに…!

「曲名は『Perfect Love』、製作者はISD@アンメルツPです」

とりあえず名札を掲げつつ手をあげてアピールしてみると
司会お二人のご厚意により?ステージに上げて頂けることになりました。

「これは主催者から楽曲提供依頼を受けてから作った
VOC@LOID NIGHTのための曲なので、皆様精一杯盛り上がっていきましょうーー!!!」
と絶叫して、曲に合わせて腕を振り上げながら会場の盛り上げ役に徹しました。
普段の自分じゃないハジケ方をしていたような気がするw

あれで盛り上がったかはよくわかりませんww
でもAnnのボーカルが流れたら会場がざわざわしてダイレクトな反応を感じましたよ!

曲は近日中にアップしますのでお楽しみにー。

トークタイム。ステージ上には司会の2人のほか、
暴走P、アレルP、だいすけP、弱音Pが登場してまったりとトークを展開。
それとクリプトンの中の人も登場して要望やら質問などをやっていました。
リンレンACT2デモソングを作ったのはだいすけP氏らしいです。

その後弱音Pの生ダンスタイムがw最高に盛り上がりましたww

新曲ラッシュ後半戦。

トラボルタ氏の新曲「空想絵本」きたーーーー!!!
ミクとリンの曲で曲調は4つ打ち。
童話調でほのぼのしつつも力強いメッセージが込められた歌詞。
まさに氏の王道という感じで、会場からはため息にも似た歓声が起こりました。

彩音さんの新曲はミニマルテクノ。「サラリーマンのうた」と同じ人とはとても思えない。

骨盤PはちえPの「放課後ちょこかっぷ」のアレンジで参戦。
普段のロックな氏の路線とはまた違う可愛いアレンジに氏の引き出しの広さを感じました。
ゆにめもPさんの「あわせ鏡」も流れましたよ!
リンレンの声は可愛いのに曲調はかなり実験的です。圧倒されました。

遺作Pさんの曲は「ヴォーカロイダー」路線の古き良きアニソン風の熱い曲。
がくぽ・KAITO・MEIKO・遺作Pで合唱してます。映像も非常に凝ったつくりです。

さらに終盤に流れたtysさんの曲に感動しました。
これはぜひ皆さんに聴いていただきたいです。

そして最後を締めるのはわんだらPの新曲。
氏には珍しい比較的ストレートで熱い曲調と歌詞の曲でした。

プレゼント抽選会。
クリプトン提供、社内にももう残っていないというMEIKOの販促ポスターが
なんとMEIKOコスをした人に当選という奇跡が起こる。デP神ですか。

最後はみんなで「メルト」を合唱して終了。

終了後、会場にいらっしゃった遺作P、骨盤P、tysさん、
ステージに上がりご迷惑かけたかもしれない司会のお二人(デPには握手もして頂けました)、
それから主催者様らにご挨拶。

会場から出たら空はすでに明るくなっていました。
そのまま8時台の飛行機で無事に帰ってきました。

このような素敵なイベントを企画していただいた主催者様、司会のお二人、
そして参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした




Top