Annで英語力向上計画

G.C.M Records by アンメルツP

ボカロP「アンメルツP」の活動記録サイト
鏡音リン・レンなどのVOCALOIDを使用したオリジナル曲やカバー曲を作っています。
ボカロ曲による同人CDや、作曲・DTM初心者のための同人誌も発行しています。

Annで英語力向上計画


ついさっきニコ動でメルトアレンジが1,000再生達成。
聴いていただいた方、ありがとうございました。

Sweet Annに英語で歌わせるバージョンですが、1番のメインメロディーだけできました。
2番以降のメロディーも同じ要領で地道に作っていけば完成するのでしょうが、
難関はコーラスのメロディー作りになると思われます。
歌詞はメインをそのままコピペしてくればいいんだけど、耳コピが苦手なので…

ところで、日本語と英語の単語の区切りの違いって面白いですね。

VOCALOID Editorでは複数の音節にまたがる英単語を入力すると自動的に
1つの音符に1音節を割り当ててくれるのです。
たとえば”yesterday”と入れると”yes”→”ter”→”day”に分けてくれます。

ここで注目したいのが、この曲のサビの入りの「メールト」と歌う部分。曲のキモです。
ここを日本語では「メ ル ト」と3音節かけて発音するのに対し、
英語ではどうやら“melt”で1音節扱いらしい。
というわけであの部分は日本人にしかうまく歌えないのではないかと。

単純に発音記号単位で分割もできるけど、聴くに耐えないものが出来上がるので
試行錯誤の末、無理やり“may”→”rue”→”toe”と3音節かけて歌ってもらうことにしました。
つまりはエセ英語です。

他にも本来の発音よりエセ英語のほうが日本人的に響きが良くなる言葉が
いくつかありますね。
“today”を”to”と”day”に分割したりとか。

これは本当に英語の勉強になりますねー。
これで永遠のTOEIC550点台から抜け出すことができるのだろうか…。

ところで最寄りのゲーセンに今さら「NOVAうさぎのゲームde留学!?」が入荷したのは
何かのフラグなんでしょうか。
確かに1年ちょい前に無茶苦茶はまったが、なぜ今さら…
しかもe-amusement PASSが使えないローカルモードだし(笑)




Top